スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の肛門の病気、肛門周囲腺炎と肛門周囲腺腫について



犬が肛門を痒がったり、痛がるなどして、違和感を感じてしきりに気にする場合や、普段とは排便の様子が違うと感じた場合には、肛門周囲腺炎肛門周囲腺腫など、肛門の周囲に何らかの異常が生じている可能性があります。

犬の肛門周囲腺炎

犬の肛門周囲腺炎は、犬の肛門の周囲にある肛門周囲腺と呼ばれる分泌腺に炎症が起こる病気です。

肛門周囲腺は、肛門の左右にある肛門嚢(肛門腺)の開口部(出口)の周囲に点在している分泌腺で、尻尾の付け根付近や太腿、包皮などにも存在しています。

このような肛門嚢の開口部の周囲にある分泌腺は、猫には存在していない特殊な分泌腺です。

炎症がひどくなると、腫瘍化して病変部が大きく腫れ上がったり、シコリやコブが発生する場合があり、病変部の肥大化がひどくなると、破れたり、出血を起こす場合があります。

犬の肛門周囲腺炎の原因

犬の肛門周囲腺炎は、排便の汚れや細菌感染などから引き起こされるものですが、肛門周囲の血行不良、免疫力の低下、ストレスなども関係していると言われています。

胃腸が弱く、下痢や軟便を繰り返していたり、股下の被毛が長く通気性が悪い場合には、肛門の周囲に汚れが溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすくなるために、このような分泌腺の炎症が起こりやすくなります。

高齢になると、肛門括約筋などの肛門の周囲の筋肉がやせ衰えてくるために、腹圧がかかった際に腸を支えきれず、肛門の外側へと抜けてしまう事で、肛門脱や直腸脱、結腸脱などが起こりやすくなりますが、その影響で、肛門周囲腺炎や肛門嚢炎(肛門腺炎)を併発してしまう場合もあります。

遺伝や体質などの影響で、肛門周囲腺の分泌腺の働きが活発で、分泌物の出る量が多いために、肛門周囲腺炎にかかりやすくなる場合もあります。

犬の肛門周囲腺炎の症状

犬の肛門周囲腺炎は、炎症が生じた箇所に痒みや痛みなどの違和感が生じる事が多く、犬が肛門の周囲を繰り返し舐める仕草を見せるようになったり、お尻を床にこすり付けるようになる場合もあります。

患部の腫れや炎症がひどくなってくると、出血を伴ったり、膿を含んだ浸出液が出てくるようになる事もあります。

病変部の腫れがひどくなると、肛門を圧迫してしまい、スムーズな排便ができなくなるため、粗相をするようになったり、トイレを失敗してしまう場合があります。

また、悪化して痛みがひどくなってくると、排便しようとした際に、痛みで鳴くようになったり、排便を我慢したり、途中でやめてしまうようにもなります。

肛門周囲腺炎が治らないまま悪化してくると、細菌感染がどんどん広がってきて、肛門嚢炎(肛門腺炎)を併発したり、瘻管と呼ばれる穴が開いてしまう肛門周囲瘻を発症したり、肛門周囲腺にシコリやコブのような塊(腫瘍)ができる肛門周囲腺腫を発症する場合もあります。

犬の肛門周囲腺炎の治療

犬の肛門周囲腺炎は、早い段階で治療を受ければ、抗生物質の投与による内科治療で、スムーズに完治させる事ができます。

しかし、細菌感染が周囲の組織にも広がっていたり、化膿やただれなどの病状がひどい場合には、手術が必要になる場合があります。

犬の肛門周囲腺炎の予防

犬の肛門周囲腺炎は、主に排便の汚れや細菌感染によって引き起こされるものですので、普段から肛門の周囲や、股下や尻尾の周囲なども清潔に保っておく必要があります。

また、肛門嚢液(肛門腺液)が溜まっていると、周囲の分泌腺にも炎症が起こりやすくなりますので、定期的に肛門嚢絞り(肛門腺絞り)を行っておく事も大切です。

股下や肛門の周囲の被毛が長い犬種は、通気性が悪く汚れも溜まりやすくなりますので、股下や肛門の周囲の被毛は、予め短くカットしておく事も、肛門周囲腺炎の予防につながります。



犬の肛門周囲腺腫

犬の肛門周囲腺腫は、犬に発生する腫瘍の中では、乳腺腫瘍と肥満細胞腫に次いで多く見られる腫瘍で、良性と悪性の場合があります。

良性の場合は、シコリやコブなどの腫瘍を切除する事によって完治しやすいですが、悪性の場合は、腫瘍を切除しても、他の場所に転移している場合には、完治が難しい場合があります。

また、良性から悪性へと変化する場合もあるため、いずれの場合も早期発見、早期治療が重要になります。

良性腫瘍が悪性へと変化しない場合でも、放っておくと排便の汚れや細菌感染によって化膿したり、腫れがひどくなり、大きく肥大化したシコリやコブが肛門を塞いでしまうと、正常な排泄ができなくなる場合があります。

犬の肛門周囲腺腫の原因

犬の肛門周囲腺腫は、8才以上の去勢していないオスの犬が多く発症する事から、性ホルモンの影響によって引き起こされると言われています。

未去勢のオスの犬は、肛門周囲腺が生涯に渡って発育し続ける事が知られており、傷や炎症などの病変が生じていなくても、盛り上がったような状態になる場合があります。

肛門周囲腺炎の化膿やただれがひどくなり、病変部が腫瘍化して、肛門周囲腺腫を発症する場合もあります。

犬の肛門周囲腺腫の症状

犬が肛門周囲腺腫は、肛門の周囲にシコリやコブなどの腫瘍が発生する特徴があります。

また、そのようなシコリやコブは、尻尾の付け根や包皮にも発生する場合があります。

犬が痛みや熱感などの違和感を感じて何度も舐めたり、犬がしゃがんだ際に床に擦れて破れると、肛門の周囲から出血が見られたり、膿を含んだ浸出液が出てくる場合があります。

肛門の周囲から、強い悪臭が生じるようになる場合もあります。

そして、肛門の周囲の痛みがひどくなってくると、便を出しづらくなるため、排便するのを嫌がって我慢するようになったり、排便中に鳴いて痛がるようになる事もあります。

そして、排便に血が混じるようになったり、今までの排便時間に比べると、かなり時間がかかるようになる事も多く見られます。

犬の肛門周囲腺腫の治療

肛門周囲腺腫は、全身麻酔による外科手術による腫瘍の摘出が必要になります。

また、未去勢の場合には、再発する可能性が高いため、去勢手術も同時に行う場合があります。

腫瘍が良性の場合には、病変部にあるシコリやコブなどの腫瘍を切除する事で完治に至る事が多いですが、悪性の場合には、ガン細胞を少しも取り残さないように、シコリやコブの他にも、その周囲の組織を含んだ広い範囲を切除する必要があります。

しかし、肛門の周囲の皮膚は、適度に伸縮する必要があるため、皮膚にあまり余裕がなく、周囲の筋肉にも肛門括約筋などがある事から、広範囲に切除する事が難しいと言われています。

そのため、できる限り腫瘍が小さい初期のうちに手術を受ける必要があります。

手術が難しい場合には、ホルモン剤を使用して腫瘍を小さくする内科治療、放射線を腫瘍に照射して死滅させる放射線治療、液体窒素で腫瘍を凍らせて死滅させる凍結療法(液体窒素凍結法)などが行われる場合もあります。

犬の肛門周囲腺腫の予防

犬の肛門周囲腺腫を予防するには、若いうちに去勢しておく事が、最も効果的と言われています。

しかし、去勢する事によって発症率をかなり低く抑えられる事にはなりますが、100%確実に予防できるものではありません。

稀に、メスの犬にも発症する場合があります。

そのため、普段から肛門の周囲を清潔に保つように心がけながら、何らかの異常が生じている可能性がある場合には、悪化してひどくなってしまう前に、早期に詳しい検査を受ける事が大切になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。