スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫白血病ウイルス感染症の原因、症状、治療、予防について



猫白血病ウイルス感染症は、猫白血病ウイルス(FeLV:Feline Leukemia Virus)の感染によって起こる病気です。

悪性リンパ腫などの血液系腫瘍や免疫不全を引き起こしたり、ウイルス血症を引き起こして、様々な病気を発症しやすくなるため、重症化すると、命を落とす危険性が生じるようになります。

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症とは、猫白血病ウイルス(FeLV)に感染する事によって引き起こされる感染症です。

猫白血病ウイルスは、感染猫の唾液や血液などの体液中に存在しており、経口感染、経鼻感染などから感染が起こります。

母猫から子猫へと感染が起こる場合もあります。

ウイルスの感染力はそれほど強くはなく、一般的な消毒薬や熱湯消毒によって、ウイルスを容易に死滅させる事ができると言われています。

しかし、猫同士のグルーミングやじゃれ合いなど、密接な接触によって感染が起こる事が多いため、多頭飼育の場合には、1匹の猫が感染すると、他の全ての猫にも感染が広がる可能性が高くなります。

猫白血病ウイルス感染症を発症すると、血液の癌であるリンパ腫を発症するため、癌化した白血球が無秩序に増殖するようになり、全身性の免疫不全を引き起こすようになります。

また、血液を生産している骨髄そのものが癌化し、正常な血球を作る事ができなくなり、白血病を発症する場合もあります。

猫白血病ウイルス感染症の原因

猫白血病ウイルスは、感染猫の唾液、涙、血液、尿、母乳などの体液中に存在しています。

そのため、感染猫との喧嘩によって、傷口に感染猫の唾液や血液が入り込んだり、感染猫とのグルーミングやじゃれ合い、食器や器の共用などから、感染猫の唾液が口や鼻につく事などから感染が起こります。

母猫から子猫へは、胎盤や母乳を通じてうつる場合がありますが、流産や死産となる事も多く見られます。

外出する習慣のある猫は、感染猫との接触機会が増えるため、感染率が高くなると言われています。

猫白血病ウイルス感染症の症状

猫が猫白血病ウイルス感染症にかかると、全身の免疫力が低下するようになるため、傷や病気が治りにくくなります。

感染症にもかかりやすくなるため、慢性的な口内炎、皮膚炎、鼻炎などが見られる事が多くなります。

そして、お腹を壊しやすくなる事も多く、下痢を繰り返すようになったり、食欲が無くなったりして、痩せて元気がなくなっていきます。

発熱が続いたり、体中のリンパ節の腫れが確認できる場合もあります。

このような症状は、数週間から数ヶ月の間続きますが、その後は、自己免疫力により、体内のウイルスを完全に死滅する事ができると、自然に回復に至るようになります。

自己免疫力によって、症状が徐々に治まってきた場合にも、体内のウイルスを完全に死滅させる事ができない場合には、無症状のまま、体内でウイルスが潜伏し続け、他の猫の感染源になる場合があります。

そのようなウイルスキャリアとして、ひどい病変が生じないまま、生涯を終えるケースもあります。

自己免疫力が弱く、ウイルスの増殖をくい止める事ができない場合には、リンパ腫や白血病を発症して、全身性の免疫不全を起こすようになります。

他にも、猫白血病ウイルス感染症の影響で糸球体腎炎を起こして、腎不全を発症する場合もあります。

リンパ腫や白血病の症状が進み、体内で癌化した白血球の数が異常に多くなったり、正常な血球がほとんど作れなくなると、歯茎や舌が白っぽくなったり、貧血を起こしたり、ふらつく事が多くなります。

そのような状態は、病状がかなり進行している可能性があり、早期に死亡する危険性があります。

猫白血病ウイルス感染症の治療

猫白血病ウイルス感染症の治療は、ウイルスに対する治療薬が無いため、猫の体に現れた症状を抑える対症療法が中心に行われます。

感染初期のうちに適切な治療を受け、免疫力の維持を図る事ができれば、高い確率で自然治癒に至ると言われています。

白血球の数が急減している場合には、二次感染を防ぐために、抗生物質の投与が行われ、貧血がひどい場合には、輸血が行われます。

インターフェロン製剤を使用して、猫の免疫力を少しでも高める処置が取られる場合もあります。

病変がかなり進行しており、悪性リンパ腫や白血病を発症している場合には、抗がん剤を使用するなどの化学療法が行われます。

治療中は、体力を維持するための栄養補給や、感染症を防ぐための衛生管理にも注意するようにして、日和見感染の予防に努める事が大切になります。

猫白血病ウイルス感染症の予防

猫白血病ウイルス感染症の予防には、猫白血病ウイルスに対して有効なワクチンがあります。

ワクチン接種を受ける事で、予防率が100%にはなりませんが、高い確率で発症を予防する事ができます。

また、感染猫との接触を避けるため、外出させないようにして、完全な室内飼育に徹する事も大切です。

既に猫を飼っている際に、別の新しい猫(ニューフェイス)を迎え入れる場合には、他の猫に感染を広げないように、新しい猫が猫白血病ウイルスに感染していないかどうかを検査してから迎え入れる事も大切です。

そして、十分や栄養を与えたり、猫が安心して休める環境を作り、普段から猫の免疫力を低下させないように努めておく事も大切な事です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。