スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鉄道の線路上で負傷した犬と共に寄り添う犬の動画が話題に

ウクライナ西部のウージュホロド市外で撮影された2匹の犬の動画が、とても感動的だと世界中で話題になっている。

その動画はFacebookに投稿されたもので、地元に住むデニス・マラフェエフさん(男性)が撮影したものだ。

動画では、2匹の犬が雪の積もった線路上にうずくまっているが、そこに列車が接近してきてしまい、ぶつかりそうになるのだが、間一髪、地面と電車の間の隙間に伏せたままでいたために、助かる事ができている。

この2匹の犬は、オスとメスの野良犬で、足に怪我を負ったメスの犬を守るように、オスの犬も2日間もの間、一緒にその場所に留まり続け、互いの体を寄せ合いながら温め合っていたそうだ。

そして、列車の接近に気がついた時には、負傷して動けないメスの犬の傍にオスの犬が寄り添い、列車が通った際に頭を上げて接触しないようにと、オスがメスの頭を抑えるようにして守っていたそうだ。

この2匹の犬を見かけた地元のデニス・マラフェエフさんは、2匹の犬を助けようと近づくも、オスの犬が激しく吠えて威嚇してしまうため、なかなか助け出す事ができなかったそうだ。

それでも、あきらめず、時間をかけて犬と信頼関係を築くようにする事で、無事、2匹の犬を救出する事に成功したそうだ。

その後、2匹の犬は、オスはパンダ、メスはルーシーと名づけられ、動物保護施設へと連れて行かれ、怪我の手当てなども行われたそうだ。

全ての人間が、自分の身の危険をかえりみず、同じような事ができるとは限らないが、このパンダは、本能的にルーシーを守ろうと努め、共に命をつないだ。

この動画は、Facebookを中心に世界中でシェアされ、世界中の多くの人々に感動を与え、再生回数が100万回を突破し、数多くの賞賛の声が寄せられている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。