スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫のニキビダニ症(毛包虫症、アカラス、デモデックス)の感染、原因、症状、治療、予防



猫が体をしきりに痒がり、特定の場所だけを舐めたり、引っ掻いたりする仕草を繰り返している場合には、その背景にニキビダニの過剰繁殖が原因となっている場合があります。

猫の皮膚病がなかなか治らない場合や、原因がはっきりしない場合においても、その背景にニキビダニの過剰繁殖が原因となっている場合があります。

猫のニキビダニ症

猫のニキビダニ症は、ニキビダニと呼ばれるダニの仲間によって引き起こされる、寄生虫性皮膚炎です。

ニキビダニは、体長が0.2~0.3mm、体幅が0.05mm程の非常に小さなうじ虫状の体をしており、手に取って見るなど、肉眼では確認する事ができません。

健康な猫の体にも少数は存在しており、余分な皮脂を食べながら、毛穴の中の毛包と呼ばれる部分で生息しています。

そのため、ニキビダニは毛包虫と呼ばれる場合があり、毛包虫症という病名でも呼ばれています。

また、アカラス、デモデックスという病名で呼ばれる場合もあります。

猫のニキビダニの感染

猫のニキビダニの感染は、猫同士の接触によって簡単に起こり、ブラシやタオルなどを介しても感染が起こります。

その多くは、母子感染によってうつるケースがほとんどですが、体に少量のニキビダニが付いているだけでは、皮膚に異常が生じる事もなく、皮膚の炎症や脱毛などの病変が現れないまま、健康上に問題もなく過ごしている猫も多く見られます。

人や犬に感染するニキビダニとは種類が異なるため、人や犬のニキビダニが一時的に体に付いた場合でも、そのまま毛穴の毛包部に定着する事は無く、種を超えて感染が広がる事は無いと言われています。

猫のニキビダニ症の原因

猫のニキビダニ症は、猫の免疫力が低下してきたり、皮脂の過剰分泌が起こる事によって、ニキビダニが繁殖しやすくなります。

皮膚の老化、新陳代謝の異常、栄養バランスの偏り、ストレスなどが原因となる場合もあります。

猫風邪と呼ばれるウイルス感染症によって、体力や免疫力が低下していたり、猫エイズウイルスや猫白血病ウイルスなどの免疫力の低下を招くウイルス感染症によって、皮膚の抵抗力が弱まり、ニキビダニの過剰増殖を招く原因となる場合もあります。

また、糖尿病や肝臓病、腎臓病などの基礎疾患の影響や、甲状腺疾患や副腎疾患などの内分泌疾患の影響で、免疫力が低下しているために、ニキビダニが異常に繁殖しやすくなる場合もあります。

ニキビダニが過剰繁殖を起こすと、毛穴に死骸や排泄物が溜まりやすくなり、毛穴の詰まりや炎症(毛包炎)が起こりやすくなり、周囲の皮膚組織にも炎症が起こりやすくなっていきます。

ソマリ、ペルシャ、チンチラ、シャムといった皮脂の分泌量の多い体質の猫は、ニキビダニが過剰繁殖を起こしやすい傾向にあります。

また、免疫力や皮膚の抵抗力の弱い、子猫や老猫が発症する事が多い傾向にあります。

猫のニキビダニ症の症状

猫のニキビダニ症の病変は、皮脂の分泌が盛んな部位に発生しやすい傾向にあります。

毛穴の中でニキビダニが過剰に繁殖すると、毛穴の中にニキビダニの死骸や糞も多く溜まるようになり、毛穴が詰まりやすくなったり、角栓が生じやすくなります。

そして、毛穴から黒い老廃物の塊が出てくるようになったり、ニキビのような毛穴の腫れや炎症が生じるようになります。

ニキビダニの過剰繁殖によって、毛穴に汚れが溜まりやすくなると、細菌感染を合併する事も多くなり、ニキビ(アクネ)やスタッドテイル(尾腺炎)を発症するようになる場合もあります。

このような、毛穴でニキビダニが過剰繁殖を起こしたり、細菌感染が起こると、痒みや違和感が生じるようになるため、猫はしきりに舐めたり、引っ掻いたりする事を繰り返すようになります。

そして、次第に皮膚が傷ついてくると、どんどん皮膚が荒れていくようになり、脱毛が起こったり、出血を伴ったり、化膿が起こるなどして、皮膚病が悪化していき、見た目にも痛々しい様子になっていきます。

そして、細菌感染による膿皮症や、真菌感染による脂漏症を併発してしまう場合があります。

猫のニキビダニ症の治療

猫のニキビダニ症の治療は、ニキビダニの駆除に効果のある薬浴を行ったり、薬用シャンプーで洗浄するなどして、過剰に増えすぎたニキビダニの駆除が行われます。

そして、ニキビダニの駆虫薬の投与による、薬物治療も行われます。

細菌による二次感染が起きている場合や、そのような感染症を予防するために、抗生物質の投与が行われる場合もあります。

真菌感染が起きている場合には、抗真菌薬の投与が行われます。

他にも、猫の免疫力の低下を招いているウイルス感染症、基礎疾患、内分泌疾患などの病気が背景にある場合には、その治療も同時に行われます。

他の皮膚病が併発している場合には、その治療も平行して行われます。

適切な治療を受けても、猫の体からニキビダニを完全に駆除する事が難しい場合も多く、治療後も再発を繰り返してしまう場合があります。

猫のニキビダニ症の予防

猫のニキビダニ症を未然に予防する方法は、特にはありませんが、普段から猫の体を清潔に保つように注意しておくようにして、猫の体でニキビダニが異常に繁殖しすぎないように努めておく事が大切です。

体がベトつきやすい脂漏体質の猫は、定期的にシャンプーをしたり、ぬるま湯のシャワーで体をすすぐだけでも、余分な皮脂を洗い流せる効果があります。

シャワーが苦手な猫には、湿ったタオルで体を拭いたり、ブラッシングを行うだけでも、皮脂や汚れを取り除き、皮膚の血行を促進できる効果があります。

また、猫にストレスを抱えさせないように、適度な遊びの時間を取るようにしたり、ゆっくりと落ち着いて休める環境を与えてあげる事も大切です。

猫が何らかの慢性疾患やウイルス感染症などの病気を抱えている場合には、免疫力を低下させないように、体の保温や栄養バランスにも、十分注意する必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。