スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の肛門嚢炎(肛門腺炎)の原因、症状、治療、予防について



犬の肛門の周囲が赤く腫れていたり、ぽっこりと膨らんだシコリやコブができていたり、膿を含んだ血や体液が出ている場合には、肛門嚢炎が起こっている可能性があります。

犬の肛門嚢炎(肛門腺炎)

犬の肛門嚢炎は、犬の肛門の左右(4時と8時の位置)にある肛門嚢(肛門腺)と呼ばれる分泌腺に炎症が起こり、肛門嚢の周囲の皮膚(粘膜)が赤く腫れたり、ただれたようになる病気です。

ひどくなると、肛門嚢が破裂して、犬の肛門の左右のいずれか、またはその両方に、深くえぐれたような傷口ができる場合もあります。

犬の肛門嚢は、強い臭いのする分泌液が溜まる袋状の分泌腺で、スカンクやイタチが強い臭いのする分泌液を溜める臭腺が退化したものと考えられています。

犬はスカンクやイタチのように、意図的に肛門嚢に溜まった肛門嚢液(肛門腺液)を排出する事はできませんが、排便時の肛門括約筋の収縮によって、その袋状の肛門嚢が圧迫されるため、便とともに分泌液が排出されるようになっています。

しかし、チワワ、トイプードル、ミニチュア・ダックス、シーズー、ヨークシャー・テリア、パピヨンといった小型犬は、肛門括約筋の力が弱いため、排便時にも肛門嚢に溜まった肛門嚢液を排出する事ができない場合があり、分泌液が溜まったままの状態になる事があります。

大型犬であっても、加齢とともに肛門括約筋の力が弱くると、肛門嚢液が排出されにくくなってくる場合があります。

犬の肛門嚢炎(肛門腺炎)の原因

犬の肛門嚢炎は、肛門嚢の内部に肛門嚢液が溜まったままになっていると、肛門嚢の内部で雑菌が繁殖しやすくなったり、周囲の組織への湿潤が起こり、その内部に炎症が生じるようになります。

そして、肛門嚢の内部に、細菌や膿、血液や浸出液などを多く含んだ膿性分泌物が溜まったままの状態になっていたり、肛門嚢の炎症が慢性化すると、膿瘍を作ったり、周辺組織の腫瘍化が起こる場合があります。

肛門嚢の腫れがひどくなり、肛門嚢の出口が狭くなったり、完全に閉じてしまうと、肛門嚢の内部に分泌物が溜まったまま出口を失い、肛門嚢が破裂してしまう場合があります。

そのため、定期的に肛門嚢絞り(肛門絞り)を行っていない場合には、肛門嚢炎を発症してしまう場合があります。

肛門嚢の炎症がそれほどひどくない場合であっても、犬が軽微な痒みや違和感を感じて、床や地面、壁などに何度も擦り付けてしまい、雑菌が繁殖してしまう場合があります。

腸内環境の悪化によって、下痢や便秘が続き、肛門嚢の細菌感染が起こりやすくなったり、肛門嚢に分泌液の過剰な貯留が起こり、肛門嚢炎の原因になる場合もあります。

犬の肛門嚢炎(肛門腺炎)の症状

犬が肛門嚢炎になると、お尻に違和感を感じて、お尻をしきりに気にするようになったり、床や地面にお尻をこすり付ける事が多くなります。

肛門の周囲の皮膚が赤く腫れていたり、ただれたようになっているのを確認できる場合もあります。

細菌感染によって発熱が起こり、元気が無くなったり、粗相をするようになる事もあります。

肛門嚢の腫れや膨らみが大きくなると、肛門が圧迫されるようになるために、排便の際に便が出にくくなったり、排便に時間がかかるようになる場合もあります。

肛門嚢の炎症がひどくなると、肛門の左右にある肛門嚢が腫れて大きく膨らんだようになり、触られると痛がるようになります。

肛門嚢の炎症がさらにひどくなると、肛門嚢が破裂してしまい、肛門の左右のいずれか、またはその両方に、大きな穴が開いたような深い傷口が現れ、膿を含んだ出血が見られたり、浸出液が出るなどして、じゅくじゅくした状態になります。

犬の肛門嚢炎(肛門腺炎)の治療

犬の肛門嚢炎の治療は、肛門嚢に溜まった膿性分泌物を排出して、洗浄剤を使用して病変部周辺を洗浄したり、消毒薬による殺菌が行われます。

また、抗生物質や抗炎症薬の投与によって、化膿を抑える処置も行われます。

肛門嚢の内部の分泌液の貯留がひどい場合や、排出が困難な場合には、外科治療が行われ、肛門嚢の破裂や自壊が起きている場合には、肛門嚢そのものを摘出する処置が取られます。

犬の肛門嚢炎(肛門腺炎)の予防

犬の肛門嚢に、肛門嚢液が溜まったままにならないように、月に1度は肛門嚢絞りを行うようにして、普段から肛門の周囲の汚れにも注意しておく必要があります。

犬によっては、排便とともに肛門嚢液を自然に排出できる場合があり、定期的に肛門嚢絞りを行っても、肛門嚢液がほとんど出てこない場合もあります。

また、肛門嚢液が通常よりも多く溜まりやすい体質の場合もありますので、その犬に応じた頻度で行ってあげる必要があります。

犬の肛門嚢炎は、早期に治療を受ける事ができれば、手術を受ける事もなく、薬物治療だけで快方へと向かう事が多いため、異常の有無をチェックしておく事も大切です。

肛門の周囲に汚れが付いたり、雑菌が繁殖しないように、予め陰部や肛門の周囲の被毛は、短くカットしておく事も、肛門嚢炎の予防につながります。

また、加齢とともに肛門嚢液が溜まりやすくなってくる場合もありますので、特に異常が生じていなくても、定期的なお手入れは必ず行ってあげる必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。