犬の白内障の対策(犬の白内障の原因、症状、治療、予防などの基礎知識)



犬がかかる目の病気のうち、高齢になると特に発症する事の多い眼病の一つに、白内障があります。

白内障は、犬が盲目になる眼病の中では、最も多い病気とされています。

白内障とは

白内障は、目の中央にある透明の水晶体が、白く濁ってしまう病気です。

水晶体が白く濁ってしまうと、目に映る視界が曇りガラスを通して見えるように、ぼやけて見えたり、かすんで見えるようになり、目の中に光も入らなくなるために、全体的に薄暗く見えるようになります。

時には、光の乱反射によって、視界の一部がまぶしく見えたり、強い光が差し込んでいるように見える場合もあります。

そのような事から、極度に視力が低下していきます。

水晶体の白濁が中央部ではなかったり、ほんの一部だけの場合には、それほどひどい視力低下は見られませんが、一度白濁した水晶体のタンパク質は再合成される事がなく、また、水晶体の濁りは徐々に広がっていくため、次第に見えづらくなっていきます。

水晶体の白濁

目の水晶体の白濁は、水晶体を構成しているクリスタリンと呼ばれるタンパク質が変性したために、透明性を失ってしまう事によって起こる事が知られています。

水晶体に存在しているクリスタリンは、タンパク質の合成によって形成された後は、生涯に渡って水晶体内に留まる事が分かっており、他の細胞と異なり、再合成される事がないため、細胞の損傷などによって一度透明度を失ってしまうと、再び透明に戻る事はありません。

このような水晶体の白濁が起こる原因は、先天的な遺伝や代謝異常(先天性白内障、代謝性白内障)、糖尿病や高血圧、動脈硬化による網膜血管の閉塞(糖尿病性白内障)、目に異物が入り込んだり、足で擦るなどして生じた外傷(外傷性白内障)、紫外線や赤外線などの有害光線、栄養不足(ビタミンやミネラルの欠乏)、ぶどう膜炎や網膜剥離、逆まつ毛などの眼病からの合併症、緑内障による視神経の圧迫や損傷、涙腺異常などによる極度のドライアイ(水晶体の酸化)、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患(免疫疾患)の合併症(アトピー性白内障)、細菌やウイルスによる感染症(細菌性眼内炎)など、様々な事が影響する事によって引き起こされます。

人間の場合は、高齢者に多く見られる事から、高齢者の発症は加齢性白内障(老齢性白内障)と総じて呼ばれる事がありますが、犬の場合も同様に、高齢の犬になるほど、多く見られるようになります。

特に小型犬は、大型犬に比べると寿命が長い傾向にあるため、小型犬の発症割合が高いと言われています。

犬の年齢が若いうちに白内障を発症する場合もあり、そのような白内障は、若年性白内障と呼ばれています。

白内障の進行

白内障は、水晶体の白濁が一部の小さな箇所だけに起こっている場合など、それほど病状が進行していないうちは、犬が普段通りに不自由なく生活をしており、飼い主が見た目だけで異常を確認する事が難しいため、犬の動作や動きに違和感を感じた場合には、病状がかなり進行している事が多い傾向にあります。

時には発症後の進行が遅く、軽度のまま生涯を終える場合もあります。

白内障の進行は、犬によって様々ですが、加齢による体質の変化によって生じた白内障は、進行が遅い場合が多く、外傷や有害光線、眼病などから生じた急性白内障は、進行が早い場合が多いと言われています。

白内障の症状

犬が白内障になっても、普通に生活できている場合もありますが、視界が狭くになるにつれて、物にぶつかる事が多くなったり、よろけたりする事が多くなります。

また、室内の壁をつたって歩くようになる場合もあります。

視界が狭いために、警戒心が強くなったり、攻撃性が高まる場合もあり、頭を撫でようとしただけでも、怒って噛み付こうとするようになる場合もあります。

そして、あまり動こうとはしなくなる場合もあります。

夜中になると、不安になって夜鳴きをするようになる事もあります。

水晶体の広い範囲で白濁が起こってくると、飼い主が遠目から見ただけでも、犬の目の濁りが確認できるようになります。

白内障の目の濁りは、片目だけに現れる場合もあれば、両目ともに現れる場合もあります。

犬の視界が悪くなってくると、犬の目の前にティッシュを丸めたものなどの軽い物を落としても、落とした音がしないために、犬が全く気が付かなくなる事があります。

そして、飼い主の呼びかけに反応した際にも、目を合わせなくなったり、表情が乏しくなる事があります。

そのような場合には、犬の目がほとんど見えなくなっている可能性が疑えます。

白内障の治療

一度濁ってしまった水晶体は、自然に再び透明へと戻る事はありません。

現在は、白内障の特効薬はありませんが、点眼薬や内服薬などを使用して進行を遅くする事は可能ですので、そのような内科治療を行う方法があります。

また、手術によって白濁した水晶体を摘出した後、人工の眼内レンズを埋め込む事で、正常に視力の回復を図る、外科治療を行う方法もあります。

設備の整った動物病院であれば、手術の成功率は96%以上と言われており、10回に9回は術後の視力回復に至っている事になります。

それでも、手術には全身麻酔が必要になる事や、完全な失明の可能性もあり、眼圧の変化(緑内障)、細菌感染による眼内炎、網膜剥離といった術後の合併症が生じる場合もありますので、比較的症状が軽度の場合には、内科治療を行う事が多い傾向にあります。

犬が高齢の場合には、その後の余命や体力も考慮しながら、治療方法を検討する必要があります。

犬が白内障になり、手術を受ける事が難しい場合でも、犬は視力を失ってしまった際にも、人間以上に視覚以外の聴覚や嗅覚を頼りに生活する事ができますので、家具などの配置は変えないようにして、タンスや机の角にはクッションをおくなどして、ぶつかっても困らないようにしてあげる事が大切です。

白内障の予防

白内障は、水晶体の大半が白濁してしまった後からは、手術による方法でしか視力回復が見込めませんので、早い段階で異常を発見して、進行を遅らせたり、予防に努める事が大切になります。

そのような早期発見、早期治療を行うためには、日頃から愛犬の目の様子を定期的に観察しておく事が大切です。

白内障は、紫外線や赤外線を浴びる機会が多い犬ほど、発症率が高くなると言われています。

そのため、春先から夏場にかけて、日差しが強くなる季節には、日中の散歩は控えるようにして、早朝や夕方以降に散歩するように努める事も大切になります。

また、冬場は雪の反射光が、目には強い刺激となってしまうため、雪が積もっている時も、日中の散歩は避ける必要があります。

犬が目の周りの目ヤニや汚れなどを気にして、目の周囲を擦るなどして水晶体を傷つけてしまう原因になる事もありますので、目の周囲はいつも清潔に保つように心がけて、涙やけなどの雑菌の繁殖を防ぐ事も大切です。

シーズー、パグ、チワワ、ボストン・テリア、ペキニーズ、フレンチ・ブルドッグといった目が顔の外に飛び出している犬種や、トイプードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリアといった目の周囲の被毛が長い犬種は、目の病気にかかりやすいため、十分注意が必要です。

アトピー性皮膚炎などの強い痒みを伴う皮膚炎を抱えている場合には、目の周囲を強く擦ってしまう事で、目の水晶体を傷つけてしまう事もありますので、食事の見直しや身の周りの掃除などのアレルギー対策に注意したり、細菌や真菌(カビ)などの感染症の予防にも注意が必要です。

食べ過ぎによる肥満や、内臓脂肪が過度に溜まっているために、糖尿病、高血圧、高脂血症(高コレステロール血症)、動脈硬化といった、白内障の誘発因子が生じる場合もありますので、食事の与えすぎや栄養分の偏りにも、日頃から注意しておく必要があります。

高齢犬や慢性疾患を抱えている犬は、定期健診を受けるようにして、白内障をはじめ、病気の早期発見、早期治療に努める事も重要です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト

猫と一緒にヨガを行う「キャットヨガ」がアメリカで人気沸騰中

今、アメリカで「キャットヨガ」の人気が急速に広がってきている。

その「キャットヨガ」の人気の発端は、アメリカのジョージア州のアトランタ郊外にある猫の保護施設が始めたヨガ教室だ。

この施設内では、100匹以上の猫が生活しているが、ケージには入れられておらず、広い室内で自由に遊んだり、走ったり、眠ったりしてのびのびと過ごしているが、ヨガ教室の日になると、その飼育スペースがヨガスタジオへと早変わりする。

ヨガ教室に通う人達は、ヨガのレッスンを受けながらも、自由気ままな猫達とたわむれる事ができるため、体も心も癒され、他のヨガ教室よりも楽しくリラックスしながらレッスンを受ける事ができるという。

そのヨガ教室では、ヨガの準備にマットを敷くと、すかさず猫がそのマットの上に乗ってきて遊んだり、その上で猫が寝そべってくつろぐ事があり、ヨガの最中も、ポーズ中の足に猫がすり寄ってきたり、床に垂れたポニーテールに猫がじゃれつくなどして邪魔する事があり、それが愛猫家にはたまらない魅力なのだという。

きっかけは、保護施設の管理人であるリサ・ジョーンズさんがインターネットで「キャットヨガ」の動画を見た事で、同施設で長年ボランティアをしていたヨガインストラクターのリサ・ベイスさんが、ボランティアでヨガ教室を開講したのが始まりという。

参加者は、受講料を保護施設に支払う事で、保護施設はそれを運営費用に充てる事ができ、また猫と里親になる人との接点が多くできる点でも、保護施設にとってはメリットが大きいようだ。

この「キャットヨガ」のクラスは、今ではニューヨーク、サンフランシスコ、アイオワ州デモイン、アラバマ州モービルにも広がり、インターネットで開講予定が発表されると、瞬く間に予約で満席になるという人気ぶりだ。

保護施設の管理人であるリサ・ジョーンズさんは、里親になってくれる人が少しでも増えてくれるきっかけになればと期待を寄せている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫の脂漏症(脂漏性皮膚炎、マラセチア皮膚炎、ニキビダニ症)の原因、症状、治療方法



猫が体をしきりに痒がっていたり、過剰なフケや垢、皮脂によるベトつき、体臭異常などが見られる場合には、脂漏症にかかっている可能性があります。

脂漏症とは

脂漏症は、皮脂腺から分泌する皮脂の量が過剰に多くなるために、皮膚の基底層で作られた新しい細胞が、角質層まで速く押し上げられるようになり、角片として剥がれ落ちやすくなる状態です。

そのような皮膚の角化(新陳代謝)が速く起こるようになるために、皮脂を含んだフケや垢が多く出るようになり、皮膚のバリア機能が低下して細菌やアレルギー物質の影響を受けやすくなったり、皮脂を栄養源にしているマラセチア(真菌類)やニキビダニ(寄生虫)が繁殖しやすくなり、皮膚の腫れや脱毛などの病変が生じやすくなっていきます。

そのような事から、マラセチア皮膚炎、ニキビダニ症と呼ぶ場合もあります。

時には、角質層が異常に乾燥して、乾いたフケが異常に多く出るようになったり、粉を吹いたようになる場合もあります。

脂漏症の原因

皮脂腺から皮脂の分泌量が異常に多くなる原因は、避妊、虚勢、ホルモン分泌疾患(内分泌疾患)、糖尿病、肝臓病、腎臓病など、様々な病気によって体内のホルモンバランスが乱れる事で、新陳代謝の異常が起こる場合があります。

そのような新陳代謝の異常によって、皮膚が異常に乾燥した状態になる場合もあります。

また、黄色ブドウ球菌(細菌)やマラセチア酵母様真菌(カビ)などの皮膚の病原菌(常在菌)が過剰に繁殖しており、その毒素や刺激から皮膚を保護しようとして、皮脂の分泌量が多くなってくる場合もあります。

そして、毛穴に生息しているニキビダニの刺激によって、皮脂腺が刺激を受けて皮脂の分泌量が多くなる場合もあります。

他にも、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどのアレルギー性皮膚炎を患っているために、皮膚が外部の刺激に過敏になっており、皮脂の分泌が促されるようになっていたり、時には細菌や真菌(カビ)などの病原菌や、その毒素に対してアレルギーを示している場合もあります。

時には、栄養分の偏り、栄養分の吸収障害、肥満などが原因となる場合もあります。

脂漏症の症状

猫の脂漏症は、皮脂が多く、体が脂っぽくなる油性脂漏症と、フケが多くなり、乾燥したようになる乾性脂漏症に区分されています。

油性脂漏症の場合には、皮脂で体がベトつくようになり、皮脂の酸化やその分解産物によって、体臭が強くなる事が多い傾向にあります。

皮脂の分泌量が多くなると、毛穴に生息するニキビダニや皮膚の常在菌であるマラセチア菌が、その皮脂を栄養源にして活発に繁殖しやすくなるため、皮膚や毛穴に炎症が起こり、皮膚が赤く腫れたようになったり、脱毛が起こる場合もあります。

乾性脂漏症の場合には、フケが異常に多くなったり、まるで粉を拭いたような状態になる事が多い傾向にあります。

油性脂漏症に比べると、ひどい脱毛を起こす事は少ないですが、被毛が薄くなったり、皮膚の赤みや黒ずみが見られるようになる事もあります。

いずれの場合も、痒みが生じる事が多く、猫が何度も引っ掻いたり、噛み付く事を繰り返しているうちに、患部が徐々に傷ついていき、細菌による二次感染が起こりやすくなっていきます。

また、皮膚のバリア機能が低下するために、皮膚の雑菌やハウスダストに対してもアレルギーを起こしやすくなり、痒みや発赤がひどくなる事もあります。

脂漏症の治療方法

脂漏症は、皮脂の過剰分泌や角化異常が、様々な問題を引き起こすようになるため、薬用シャンプーなどで患部の洗浄が行われます。

そして、皮膚の状態に応じて保湿や保油などのスキンケアを行ったり、消毒薬による殺菌処置が行われる場合もあります。

細菌や真菌が確認できた場合には、抗生物質や抗真菌薬などの薬物投与が行われます。

ニキビダニなどの寄生虫が過剰に繁殖している場合には、駆虫薬や駆虫効果のあるシャンプーを使用して、寄生虫の駆除が行われます。

ホルモン分泌異常が関与している場合には、ホルモン剤が投与される事もあります。

そして、脂肪分の少ないキャットフードやアレルギーを起こしにくい療法食に変更する事や、ビタミン剤やミネラル剤を補充するように指導を受ける場合もあります。

食物アレルギーの可能性を排除するには、いろんな種類のおやつは与えないようにして、特定のキャットフードだけを与えて、その後の経過を観察していくことが大切です。

ペルシャ、ソマリ、シャム、チンチラなど、皮脂の分泌量が多い体質の猫種は、このような皮膚トラブルが生じやすいため、定期的に猫の体をタオルで拭き取ったり、ブラッシングするなどして、余分な皮脂や垢などの汚れを取り除くようにお手入れをしてあげる必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

ブラッシングをするとアザラシに変身する犬の動画が人気

海に住んでいる哺乳類は、海獣類と、ひとくくりにされる事も多いが、その種類は120種以上にも及ぶ。

その海獣類のアザラシは、食肉目に分類されており、哺乳類全般の分類上においては、犬とも親類と言える。

そんなアザラシの格好に、みごとに変身する犬の動画がInstagramに投稿され、再生回数は67万回を超える人気ぶりだ。

これは、ブラッシングされると、耳を細めた容姿をする犬の動画で、あたかもアザラシのように見えるというものだ。

動画を見た視聴者からは、300件を超えるコメント投稿が集まっており、その愛らしい変身ぶりに対して、様々な意見が寄せられている。


光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫の細菌性皮膚炎、黄色ブドウ球菌感染症について



猫がかかる皮膚病のうち、皮膚の常在菌によって引き起こされる感染症、膿皮症(のうひしょう)があります。

膿皮症

膿皮症は、黄色ブドウ球菌をはじめとする皮膚の常在菌が過剰に繁殖したために、皮膚に黄色い膿を含んだ湿疹やカサブタなどの化膿性の病巣が現れ、その悪化とともに皮膚の発赤や脱毛が見られるようになる、細菌感染症です。

皮膚の細菌感染が浅い順に、表面性膿皮症、表在性膿皮症(浅在性膿皮症)、深在性膿皮症に区分されています。

表面性膿皮症

表面性膿皮症は、皮膚の最も外側にある表皮にのみ細菌感染が起こっている状態です。

皮膚の炎症は軽く、腫れや発赤は見られませんが、膿を含んだ湿疹やカサブタが確認できるようになります。

病変部の痒みや違和感などから、猫が舐めたり、掻くなどして湿疹が破れると、中から膿が出てくる場合があり、その膿が乾燥してカサカサしたカサブタのようになったり、フケや垢のように、その病変部の周囲に汚れが付く場合もあります。

表在性膿皮症(浅在性膿皮症)

表在性膿皮症(浅在性膿皮症)は、毛穴の奥の毛包部や、表皮の下にある真皮にも細菌感染が広がっている状態です。

皮膚の腫れや発赤が起こるようになり、毛包部の炎症とともに脱毛も確認できるようになります。

猫は強い痒みを感じるようになり、しきりに舐めたり、引っ掻くなどして痒がる仕草を頻繁に見せるようになります。

深在性膿皮症

深在性膿皮症は、表皮の下にある真皮や皮下組織など、皮膚の深部にも細菌感染が進行している状態です。

皮膚の腫れや発赤は一層ひどくなっており、より強い痒みが生じるようになる事から、猫は患部を強く噛んだり、掻き毟るようになります。

角質層が破れてジュクジュクした傷(ホットスポット)が現れる場合もあり、膿や浸出液が出てきたり、出血やかさぶたなども確認できるようになります。

患部から痛みが生じるようになったり、熱を持つようになる事もあり、飼い主に体を触られるのを嫌がるようになる事もあります。

膿皮症の原因

猫の膿皮症は、免疫力の低下によって引き起こされる事が多く、その原因は、加齢、ストレス、内臓疾患、ウイルス感染症、栄養分の偏り、食べ過ぎ(肥満)など、様々です。

また、不衛生な生活環境や、猫の体の汚れの影響で、皮膚や被毛の常在菌が繁殖しやすくなる場合もあります。

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、接触性アレルギーなどのアレルギー疾患によって皮膚が傷ついていたり、ニキビダニやヒゼンダニなどの寄生虫感染症によって、皮膚や毛穴に炎症が生じているために、細菌への抵抗力が弱まり、細菌感染が起こりやすくなる場合もあります。

他にも、皮脂などの汗腺分泌物が多く分泌しやすい体質のために、皮膚の常在菌が増殖しやすくなっている場合もあります。

膿皮症の治療

猫の膿皮症は、症状が軽い場合には、自然に治まっていく場合もありますが、皮膚の発赤や脱毛が生じている場合には、薬用シャンプーや薬浴を行って患部を洗浄したり、消毒薬で殺菌消毒が行われます。

そして、抗生物質や痒み止め薬などの薬物治療が行われます。

皮膚の傷やカサブタなどの損傷がひどい場合には、刺激の少ない消毒薬だけが使用される場合もあります。

なかなか治らない場合や、長期間に渡って症状が続いている場合には、皮膚の病理検査や細菌の培養検査といった、詳しい検査が行われる場合もあります。

他にも、アレルギー疾患や、ノミやダニなどの寄生虫感染、内臓疾患などが確認できた場合には、その治療も同時に行われます。

治療中は、エリザベスカラーや術後服を着用させるなどして、患部を傷めないように注意しながら、皮膚や被毛の洗浄や殺菌などを定期的に行い、猫の体を清潔に保つ必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫の潰瘍性皮膚炎の原因、症状、治療方法



猫がかかる皮膚病の中でも、なかなか治らずに慢性化する事が多く、見た目にもひどい脱毛や湿疹が見られる事の多い皮膚疾患に、潰瘍性皮膚炎があります。

潰瘍性皮膚炎とは

潰瘍性皮膚炎とは、表皮の下にある真皮や皮下組織などに留まっている、死滅した細胞、細胞の炎症や発熱、腫瘍、毒素や老廃物などを、体外へ排出しようとして、表皮に湿疹や吹き出物、びらんや潰瘍を形成して、内部の組織の損傷や壊死を防ごうとする、自然な生体反応によって起こる難治性の皮膚炎です。

表皮の下層組織の問題や体質から引き起こされる病変が改善されない限りは、何度も再発を繰り返す事が多く、とてもやっかいな病気とされています。

真皮や皮下組織など、表皮の下層組織に生じた異常は、軽度の皮膚炎では体外へ排出する事が困難なため、重度の皮膚炎を起こす事によって、体外へ排出する必要がある事から、最初のうちは湿疹(蕁麻疹)が現れる程度でも、やがて皮膚がえぐれたようになったり、じゅくじゅくした状態へと進展する場合があります。

潰瘍性皮膚炎の原因

猫の潰瘍性皮膚炎の原因の中でも、特に代表的なものに糖尿病があります。

糖尿病は、血管の老化が速く進み、血栓が形成されやすくなる事によって動脈硬化が生じやすくなり、皮膚などの末端の毛細血管が詰まって血流が停止してしまうと、皮膚組織に潰瘍や壊死が起こるようになる病気です。

また、潰瘍性皮膚炎は、自己免疫疾患(自己免疫性皮膚疾患)が原因となっているケースも多く見られます。

これは、白血球(免疫細胞)の異常によって、自己の健康な組織を攻撃してしまう事で、皮膚や粘膜に湿疹や炎症が何度も引き起こされるもので、天疱瘡(落葉性天疱瘡、紅斑性天疱瘡、尋常性天疱瘡)、好酸球性皮膚炎(好酸球性肉芽腫症候群)、形質細胞性皮膚炎(形質細胞性足底皮膚炎、プラズマ細胞性足底皮膚炎)、ベーチェット病などがあります。

虚勢や避妊の手術、ワクチン接種、薬物治療などが原因で、このような自己免疫疾患が引き起こされる場合もあります。

他にも、他の皮膚病の痒みや違和感などから、猫が自分の体をひどく掻き毟ってしまい、傷口の化膿や壊死がひどくなったために、潰瘍性皮膚炎へと至る場合もあります。

潰瘍性皮膚炎の症状

猫の潰瘍性皮膚炎は、表皮の下層組織に炎症や壊死が起こっているために、皮膚表面には赤いブツブツ(湿疹)が見られたり、なかなか治らない傷や炎症が見られるようになります。

病変部の皮膚には、湿疹や腫れ、赤みや脱毛、かさぶたなどの異常が見られるために、見た目には痛々しい様子に見えますが、猫はそれほど気にしない場合もあります。

しかし、患部にびらんや潰瘍などが形成され、それが徐々にひどくなってくると、痒みや痛みなどの違和感が生じるようになっていきます。

そのような違和感から、猫が患部を何度も舐めるようになると、ザラザラした舌によって、ますます患部が傷ついていきます。

そして、次第に皮膚の常在菌や口腔細菌が入り込みやすくなり、出血をともなったり、膿や浸出液が出るようになる場合もあります。

角質層が破れてしまい、皮膚がじゅくじゅくした状態になると、表皮の下にある真皮や皮下組織にも細菌が入り込みやすくなるため、ひどくなると患部が大きく腫れ上がったり、熱を持つようになる事もあります。

潰瘍性皮膚炎の治療方法

猫の潰瘍性皮膚炎の治療は、飲み薬や塗り薬、注射薬などの薬物治療が行われる事が多く、その投薬によって改善が見られても、薬の使用を中止すると再発してしまう事が多いため、生涯に渡って薬物治療が必要となる場合が多い傾向にあります。

また、細菌や真菌による皮膚の感染症、ノミやダニによる寄生虫感染症など、他にも皮膚炎の症状を複雑化している原因がある場合には、その治療も同時に行われます。

そのような治療中も、猫が患部をしきりに舐め続けているうちは、患部がますます傷ついたり、口腔細菌が入り込み、なかなか治りにくくなってしまいますので、エリザベスカラーや術後服を着用させて、治療経過を見守っていく必要があります。

そして、猫の体や身の周りの生活環境も、なるべく衛生的に保つようにして、二次感染を予防する事も大切になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

日産自動車が「猫バンバン」プロジェクトを再始動!そのPR動画が素晴らしいと世界でも話題に

屋外の気温が低くなる冬場になってくると、野良猫が自動車のエンジンルームやタイヤの隙間で暖をとろうとして、自動車の隙間に入り込んでしまう事がある。

それに人が気が付かないまま、エンジンを始動させたり、自動車を発進させてしまい、猫が巻き込まれるなどして悲惨な事故が起こる事がある。

そのような痛ましい猫の事故を防ごうと、日産自動車は2015年より「猫バンバン」プロジェクト開始した。

今年も、例年にならって「猫バンバン」プロジェクトが始動し、FacebookやTwitterなどのSNSを通じて、多数の賛同を集めている。

昨年にYouTubeで公開されたPR動画は、公開後5時間足らずで約14万回も再生されていたが、今では120万回の再生を突破してなおも増え続けている。

その動画を見た世界中の視聴者からは、「ステキ!」「素晴らしい!」「評価したい!」「すごくいい!」など、数多くの賛同の声が集まっている。

この動画をきっかけにして、世界中で猫の悲しい事故が減ってくる事を願いたい。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫の外耳炎の原因、症状、治療について



猫の外耳炎は、耳介または外耳道の粘膜に炎症が生じたもので、特に耳に中の外耳道に病変が生じやすい傾向にあります。

そのため、外耳道炎と呼ばれる場合もあります。

猫の外耳炎の原因

猫の外耳炎は、耳の中の外耳道に耳垢や分泌物などの汚れが多く溜まっていたり、通気性が悪く湿気が残りやすくなっているために、細菌や真菌(カビ)が過剰に繁殖してしまい、その結果、粘膜に炎症が起こる事によって発症する事があります。

また、耳の中に寄生するミミヒゼンダニ(耳疥癬虫)、ネコショウセンコウヒゼンダニ(猫小穿孔疥癬虫)などの微細な寄生虫が外耳道に寄生して、粘膜を傷付けたり、そのダニが出す分泌液や糞にアレルギーを起こしたために発症する場合もあります。

猫がアレルギー体質の場合には、耳の中の外耳道に花粉やカビの胞子などのアレルギー物質が入り込んだ際に、それらの異物に対してアレルギー反応を起こしてしまい、外耳炎を発症する事もあります。

このような耳の中の病変は、垂れ耳で通気性の悪いスコティッシュフォールドや、耳の中が複雑な構造になっているアメリカンカールは、特に発症しやすい傾向にありますが、猫が細菌や真菌(カビ)による皮膚感染症(皮膚病)を患っていたり、ヒゼンダニやニキビダニによる寄生虫感染症にかかっている場合には、耳の中にも感染が及ぶ事によって、外耳炎を併発する事も多い傾向にあります。

他にも、猫が自分の耳の痒みや違和感などから何度も引っ掻いてしまい、耳介や外耳道を傷付けてしまったために、このような病変が誘発されてしまうケースもあります。

猫の外耳炎の症状

猫が外耳炎を発症すると、耳の中から痒みや痛みなどの違和感が生じるようになるため、しきりに耳を引っ掻くようになったり、耳を壁や柱によく擦りつけるようになったり、頭を何度も振るなどして、耳の違和感を気にするようになります。

耳の中にネバネバした粘度のある耳垢が多く溜まっていたり、耳の穴から膿を含んだ耳だれが出てくる場合もあり、耳の中から発酵臭や酸味臭などの不快なニオイが強く生じるようになる事もあります。

そして、外耳道の粘膜は赤く腫れて炎症を起こしていたり、大きく腫れて外耳道がせまくなっている事も多く、ひどい場合には外耳道がほとんど塞がってしまう場合もあります。

耳介をひどく掻き毟っていると、耳介に血液や分泌液が溜まって膨らみ、痛みや痒みをともなう耳血腫を発症する事もあります。

外耳炎の症状が悪化してひどくなると、外耳道の奥にある鼓膜に穴が開いてしまったり、中耳炎や内耳炎を併発してしまう場合もあります。

そして、聴覚や平衡感覚をつかさどる神経なども損傷してくると、まっすぐ立ち上がる事ができなくなったり、食欲不振や元気消失なども見られるようになっていきます。

猫の外耳炎の治療

猫の外耳炎の治療は、最初に鼓膜が破れていない事を確認した上で、洗浄液や消毒液などを使用して、耳の中を傷つけないように優しく洗浄したり、外耳道の殺菌消毒などの処置が行われます。

そして、細菌や真菌が原因の場合には、原因となっている細菌や真菌の繁殖を抑える抗生物質や抗真菌剤の塗布が行われます。

ダニなどの寄生虫が原因の場合には、原因となっているダニの駆除に効果のある駆虫薬の塗布が行われます。

アレルギーなどの体質が影響している場合には、ステロイド剤、抗アレルギー薬、痒み止め薬といった薬剤の塗布が行われたり、キャットフードの変更や身の周りの掃除、耳掃除やスキンケアといったアレルギー物質(アレルゲン)を生活環境から排除するように、指導を受ける場合もあります。

外耳道の閉塞が起こっていたり、腫瘍やポリープといった病変が確認できた場合には、手術が必要になる場合もあります。

猫の外耳炎は、治療を受けて改善した後にも、再び同じような病変が現れて再発を起こす事も多いため、普段から定期的に耳掃除を行ったり、殺菌消毒を行うようにするとともに、耳垢の量や粘膜の色、ニオイの有無など、耳の中の様子を定期的に確認しておく事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫のアレルギー性皮膚炎の原因、症状、治療について



猫が何度も自分の体を引っ掻いたり、噛んだりする事を繰り返して、しきりに痒がる仕草を見せる場合には、何らかのアレルギー物質に対してアレルギー反応が起こり、それが皮膚の湿疹や発赤などの皮膚炎を引き起こしている可能性があります。

アレルギー性皮膚炎とは

アレルギー性皮膚炎は、空気中に浮遊している花粉やカビの胞子などの微粒子や、室内のホコリや繊維クズといったハウスダストなど、生活環境に存在している様々なアレルギー物質(アレルゲン)を吸引して、肺から体内へと取り込んでしまう事によって引き起こされる、アレルギー反応です。

このようなアレルギー反応は、吸引性アレルギーと呼ばれています。

また、キャットフードやおやつに含まれている特定のアレルギー食品を食べた際に、その食材に対する消化酵素の不足、体調不良や胃腸の働きの低下など、体質や消化吸収能力が影響して、未消化のまま吸収された粒子サイズの大きなタンパク質が血液中に存在するようになった際に、アレルギー反応が引き起こされる場合もあります。

このような食べ物によって引き起こされるアレルギー反応は、食事性アレルギー(食物アレルギー)と呼ばれています。

そして、ノミが吸血時に皮下に注入する唾液の成分や、そのノミが出す糞や分泌物に対してアレルギー反応が起こる場合もあります。

このようなアレルギーは、ノミアレルギー(寄生虫性アレルギー)と呼ばれています。

他にも、金属やプラスチック、ゴムや皮革製品など、特定のアレルギー物質に皮膚が直接触れる事によってアレルギー反応が起こる接触性アレルギーや、抗生物質やワクチンなどの薬物投与後に引き起こされる薬物アレルギー(薬剤性アレルギー)など、様々なアレルゲンと、その発症タイプがあります。

複雑な遺伝的素因によって引き起こされるアトピー性皮膚炎も、アレルギーを起こしやすい体質と、皮膚が乾燥しやすい体質によって引き起こされる慢性皮膚炎で、アレルギー性皮膚炎の一種とされています。

猫のアレルギー性皮膚炎の症状

猫がアレルギー性皮膚炎を起こすと、皮膚にポツポツとした湿疹が現れたり、皮膚が真っ赤に腫れたような状態になり、時にはフケが多くなったり、かさぶたが見られるようになる事もあります。

そのような皮膚炎が生じている所からは、強い痒みが生じるようになるため、猫は自分の体を何度も引っ掻いたり、噛んだりして痒がる仕草を繰り返すようになり、時には被毛を噛み千切る事を続けるようになる場合もあります。

そのため、皮膚が徐々に傷付いてくるようになり、出血をともなう傷ができてしまう場合もあります。

皮膚の異常は、目の周り、耳の後ろ(耳介)、唇や顎などの口元、顔全体、指の間、肉球、脇、下腹部、股下、尻尾の周囲など、全身の様々な部位に生じる可能性があります。

また、吸引性アレルギーの場合には、鼻炎や副鼻腔炎、気管支炎などの呼吸器にも異常を起こして、くしゃみや咳が多くなったり、鼻水がよく出るようになる場合があります。

そして、アレルギー性の角膜炎や結膜炎を起こして、目の充血や涙の増加、瞼の腫れなど、目に異常が見られるようになる場合もあります。

食事性アレルギーの場合には、口内炎(口腔アレルギー)や胃腸炎を起こして、食欲が低下したり、下痢や嘔吐が多くなる場合もあります。

接触性アレルギーは、金属製の食器や化学繊維のカーペット、ノミ取り用の首輪など、アレルギー物質に触れている皮膚にだけ、皮膚の発赤や蕁麻疹が見られるようになる事が多く、時には小さなイボのような水泡(水ぶくれ)が生じる場合もあります。

ノミアレルギーの場合には、猫の被毛の奥に、黒や茶色のゴマ粒のようなノミそのものや、小さな砂粒のようなノミの糞を確認できる場合もありますが、1~2匹ほどのわずかな寄生のために、被毛が長い猫などは、なかなかノミがいる痕跡を見つけられない事もよくあります。

ノミアレルギーを発症すると、皮膚が真っ赤になったり、ブツブツ(発疹)がいくつも見られるようになるとともに、強烈な痒みが生じるようになるため、猫は体中をひどく引っ掻くなどして、激しく痒がるようになります。

ノミは春先から夏にかけて活発に活動しやすくなりますが、冬の間も室内は温暖なため、猫のノミアレルギーは年中発症する可能性があります。

薬物アレルギーの場合も、他のアレルギー同様に、皮膚の発赤や湿疹などが現れたり、下痢や嘔吐を繰り返して体調を崩してしまう事が多い傾向にあります。

これらのアレルギー反応が特にひどい場合には、全身性のアナフィラキシーショックを引き起こす場合があり、呼吸困難や血圧低下、痙攣などを起こして重篤な状態に陥ると、命を落としてしまう危険性が生じる場合もあります。

猫のアレルギー性皮膚炎の治療

猫のアレルギー性皮膚炎の治療は、主にステロイド剤や抗ヒスタミン剤などの薬物治療によって症状を抑えながら、アレルギーを起こしやすい食材を除去したアレルギー対策用のフードを与えて経過を見る事が多い傾向にあります。

また、他の原因を調べために、皮膚の病理検査や血液検査などの詳しい検査が行われる場合もあります。

アレルギーの原因が食事にあり、アレルギー対策用のフードに切り替える事によって、症状が徐々に改善していく場合もありますが、アレルギー対策用のフードは、あらゆる食事性アレルギーを考慮した万能食ではありませんので、そのフードに含まれている食材のいずれかにアレルギーを示していれば、症状が改善される事はありません。

また、他にもアレルギーを引き起こしている原因がある場合には、薬物治療を中止するたびに病変が現れたり、病状がますますひどくなって再発が起こるようになります。

しかし、長期的な薬物治療は、内臓への負担が蓄積される事になるため、様々な副作用が引き起こされる可能性が高くなっていきます。

そのため、食事の見直しの他にも、身の周りの生活環境中のアレルギー物質(アレルゲン)を排除するために、室内をこまめに掃除したり、空気清浄機を使用する事も必要になってきます。

そして、猫の体を清潔に保つように、ブラッシングによる抜け毛や汚れのケアや、除菌スプレーによる細菌や真菌(カビ)の除去なども、定期的に行う必要があります。

完全な室内飼育であっても、ノミが玄関や窓から侵入してくる事はありますので、普段からノミの駆除や予防にも注意しておく必要があります。

また、動物病院でアレルギー検査を行い、食事性アレルギーや吸引性アレルギー、またはそれ以外のアレルギー物質(アレルゲン)も詳しく調べる事で、解決の糸口が見出せるようになる場合もあります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

本物の猫にそっくりな仕草や鳴き声を再現した、ロボケア玩具「猫プレミアム」が発売予定

セガトイズは、まるで本物の猫さながらの仕草をしたり鳴き声を出すロボケア玩具「猫プレミアム」を、2016年12月3日に発売する予定だ。

これまでにもセガトイズは、まるで本物のペットを飼っているような感覚になれるロボケア玩具「夢ねこ」、「夢いぬ」、「夢ことり」などの「夢ペットシリーズ」を販売しており、累計150万匹を突破する人気ぶりだった。

これらは既に生産を終了していたが、昨今の猫ブームやネコノミクスを受け、また多くのお客様の声も寄せられ、商品名を新たに再販する事が決まったという。

本製品は、玩具としては再現がとても難しいとされていた、猫の表情や動きを緻密に再現されており、まるで本物の猫を飼っているような感覚を体験できる。

また、頭を撫でると喜んだり、ほっぺを触ると気持ちよさそうにするなど、触れ合うなどしてコミュニケーションをとる事ができ、癒されるようになっている。

過去の販売では、老人ホームにいる高齢者や、猫アレルギーの影響などで、本物の猫を飼う事ができない人にも、代理猫として一緒に過ごしたり、かわいがる事ができ、とても好評を得ていたそうだ。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。