イケメンすぎる!クールでキザな表情のシベリアンハスキーが、世界中で話題に

20才の学生であるジャスミン(Jasmine)さんが、飼っているオスのシベリアンハスキー、アヌコ(Anuko)の写真をSNSで紹介したところ、表情が渋すぎる、かっこよすぎると、瞬く間に世界中で話題になった。

ジャスミンさんは長らく精神面の病気で苦しんでいたため、18才の頃には自殺をする事も考えていたが、同じ症状を持つ患者に犬を飼う事を勧められ、生後4ヶ月のシベリアンハスキー、アヌコと出会う事となった。

そのアヌコの写真をInstagram紹介すると、その独特な表情から一躍人気を集め、現在ではフォローワー数が32万人を超え、現在もなお増え続けている。

さらには、世界中から数百ものプレゼントが届き、モデル犬の仕事まで殺到したそうだ。

また、アヌコのおかげで約220万円の資金を調達する事ができ、ジャスミンさんは、その資金を精神科医を目指す学生達の学費として使用すると話しているそうだ。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

まるでお姫様のような美しい猫がインターネットで話題に

ふわふわの毛並みに、青い目をした、世界一美しいとも形容されるラグドール種の猫。

その猫が、ティアラや花飾り、チュチュなどを堂々と身に着け、まるでお姫様のように見える写真がInstagramで紹介され、インターネットで広く話題になっている。

この猫はオーロラという名前ですが、Instagramで紹介されてからはフォローワーが現在で11万人を超え、オーロラ姫と呼ばれるなどして、広く人気を集めるようになった。

さらには、スウェーデンのペット用品の会社のCMにも起用されるなど、様々なメディアにも登場しながら、ますます知名度を高めているそうだ。

飼い主のエミリーさんとニクラスさんは、「オーロラの仕事は、食べて、寝て、甘やかされること」と話し、オーロラは、さも当然のように振舞っているそうだ。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

男性に襲われている女性を守った野良犬、5回もナイフで刺されるも、奇跡的に回復

アメリカのジョージア州のボールドウィンの街で、1匹の野良犬が話題になっている。

その犬はオスのピットブルで、街中をさまよい歩いていた所、男性から暴力を振るわれている女性を発見し、その犯人である男性に飛び掛り、女性を救おうとした。

しかし、その男性はナイフを所持していたため、その犬は5回も刺され、瀕死の重傷を負ってしまった。

しばらくして現場に駆け付けた警察官は、血まみれでうずくまっている犬を発見した後、すぐに動物病院へ搬送した。

動物病院に運ばれた犬は、今にも命を落としてしまいそうな状態で、すぐさま緊急手術が行われた。

そして、獣医師達の懸命な治療によって、無事に手術が成功した。

この、一命を取り留めた勇気ある犬は、テネシー州のノックスビルの街にある、動物愛護団体に預けられる事になった。

その後は、その動物愛護団体に寄せられた寄付金で、手術費用を支払う事ができ、その後の経過も順調で、ついには見事に回復した。

そして、この犬には新たに「ヒーロー」という名前が与えられ、新しい飼い主が探される事になった。

その後、動物愛護団体の元にヒーローを飼いたいという女性から連絡が入り、ヒーローはその女性の家族として引き取られていったという。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

オッドアイの双子猫が、世界一美しい奇跡の猫と呼ばれ、海外で話題に

オッドアイと言えば、左右の目の色素がそれぞれ違うもので、遺伝的にはとても珍しい現象として知られている。

その珍しいオッドアイを持つ猫が、ロシアのサンクトペテルブルクで双子の姉妹猫として生まれ、とても神秘的で美しく、ミステリアスな印象から、奇跡の猫と呼ばれ、インターネット上で話題になっている。

その双子猫は、生後9ヶ月になるIrissちゃんとAbyssちゃんで、左目にはブルーの目を持ち、右目にはゴールドの目を持ち、双子揃って美しいオッドアイを持つ。

Instagramに投稿された写真には、「かわいすぎる」「世界一美しい」などといったコメントが、世界中から数多く寄せられている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

アイペット損保のユーザー参加型企画「日めくりワン!にゃん!カレンダー」の投稿数が1万件を突破

アイペット損害保険株式会社が、2016年7月21日より公開している、ユーザー参加型企画「日めくりワン!にゃん!カレンダー」の投稿数が1万件を突破した。

「日めくりワン!にゃん!カレンダー」は、飼い主がお気に入りのワンちゃんや猫ちゃんの写真を、日付とコメントとともに投稿する事のできる、ユーザー参加型のキャンペーン。

何気ない1日の様子や、特別な記念日の1コマなどを、ワンちゃんや猫ちゃんのつぶやきコメントとともに、ホームページに投稿する事ができ、その投稿された写真とコメントは、オリジナルの日めくりカレンダーとなって、ホームページから閲覧できるようになる。

本キャンペーンでは、7月21日(木)~9月25日(日)の期間中に投稿された写真の中から、厳正な審査の上で、日めくりカレンダーや、アイペット公式月めくりカレンダーの正式なモデルが採用され、実際のカレンダーの作成とともにプレゼントされる。

あなたのペットも、モデルデビュー?!

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬は人間の言葉だけでなく、その言葉に込められた感情も理解している

学術誌として有名なサイエンス誌から、犬の脳をMRIスキャンして調査した所、犬も人間と同様に、高度なコミュニケーション能力を持っている事が判明したという研究結果が発表された。

この研究を行ったのは、ハンガリーの首都、ブダペストにあるエトベシュ・ロラーンド大学の研究チームで、研究を行うにあたり、13匹の様々な犬種の犬が、MRIスキャンの最中も動かないようにしつけた上で行われた。

それは、犬を眠らせずに、普段通りの脳の状態を検査する必要があったためだ。

その実験では、トレーナーの言葉とイントネーションの変化を組み合わせたフレーズを、犬に聞かせるもので、褒める、中立的といった変化をつけて行われた。

その結果、犬は言葉とイントネーションを区別しながら、脳で高度に処理している事が判明し、言葉は右脳、イントネーションは左脳で処理しており、人間と全く同じ方法で行われていた事が分かった。

犬は人間の最古の友と言われていますが、これはたまたまの偶然ではなく、同じように高度なコミュニケーション能力を持ち合わせていたからこそ実現した事だと推測されている。

そのような犬の高いコミュニケーション能力を理解した上で、人間同様に優しい気持ちで声をかけ、スキンスップを行ってあげたい。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

アルプス山脈で遭難しかけた男性を、にゃんと、猫が救出する

犬に比べると、自由奔放で勝手気ままなイメージを持つ猫。

その猫が、まるで犬のように、負傷して道に迷い、遭難してしまったハンガリー人の男性を山のふもとまで先導して、無事に村まで送り届けたというニュースが、世界中で話題になっている。

その男性は、2013年、スイスのギンメルヴァルト村の近くで登山をしていたが、途中、足を捻挫してしまった上、道にも迷ってしまい、途方にくれていた。

そんな中、突然どこからともなく現れた、かわいらしい猫が、ついて来いと言わんばかりに、その男性の前を歩いて先導し始めた。

その足を負傷した男性は、その猫を頼りにして、遅れながらもついて行くと、無事にふもとの村へと辿り着く事ができた。

この猫は、ギンメルヴァルト村のホステルを経営しているカップルが飼っている猫だったのだ。

アルプス山脈は標高が高く、夏でも雪が溶けずに残るなど、気温が低い高山気候。

身動きが取れないまま遭難してしまった場合には、低体温症で凍死する恐れがあったとして、男性の命を救ったこの猫は、地元をはじめ、世界中でも話題を集めている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

入院中の飼い主を、病院前で待ち続ける秋田犬に賞賛の声

忠犬ハチ公としても知られている秋田犬は、とても賢く飼い主に従順な性格をしている日本犬として、海外からも高い人気を集めている犬種だ。

先月8月28日、その秋田犬がスペインでニュースとして話題に取り上げられた。

マヤという名前の秋田犬を飼っているサンドラ・イニエスタさん(22)は、スペインのバルセロナへ車での帰宅途中に、突然の激しい腹痛に襲われ、急遽、秋田犬のマヤとともにバレンシア州アリカンテのエルダの病院で診察を受ける事になった。

すると、サンドラさんは盲腸炎と診断を受け、すぐさま緊急手術が行われた。

その後、サンドラさんは順調に回復をしたが、1週間経過した今も入院中で、その間、秋田犬のマヤは病院の入り口でじっとサンドラさんを待ち続け、病院の玄関から離れようとしなかった。

その様子がFacebookなどのSNSでも話題になり、スペインでは秋田犬の人気が急激に高まってきている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫が見る目線でバーチャル観光体験ができる「広島キャットストリートビュー竹原編」公開

広島県は、猫の目線で観光体験ができるストリートビューサービス「広島キャットストリートビュー竹原編」を、平成28年9月1日(木)より、特設サイトで公開した。

この取り組みは、広島県の観光プロモーションの一環として行うものですが、猫の視点から観光を疑似体験できる特徴がある。

昨年の第一弾では、猫と坂の街として有名な尾道市を対象に公開したところ、公開後1週間で132万PVを超えて人気を集めた。

平成28年9月1日(木)~9月30日の間に、ストリートビュー内に写る猫27匹を全て発見すると、オリジナルTシャツが抽選で当たる「竹原ネコさがしキャンペーン」も実施されている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト