猫の血尿(原因、対策、予防について)



猫の血尿の原因には、結石症(膀胱結石、尿道結石)、膀胱炎、腎臓疾患(糸球体腎炎、間質性腎炎、腎盂腎炎)、溶血などが挙げられます。

犬に多い、前立腺疾患や腫瘍は、猫にはあまり見られない傾向にあります。

猫の結石

結石は、尿の中に含まれている、尿素、塩素、アンモニウム、ナトリウム、カリウム、リン酸、カルシウム、マグネシウムなどの成分が結晶化したものです。

オスはメスに比べると尿道が長く、カーブしている部分があり、先端も細くなっているため、尿道に結石が詰まりやすく、重症化しやすいと言われています。

ストラバイト(ストルバイト)結石

ストラバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)は、尿がアルカリ性に傾く事で発生しやすくなる結石です。

尿中のリン酸、アンモニウム、マグネシウムの濃度が高くなる事や、水分の摂取量が減少する事も原因とされています。

ストラバイト結石は、とても粘度が高いため、大きくなった結石が尿道に詰まると、密着したまま尿道を塞いでしまうため、排尿が全くできなくなってしまう尿道閉塞を発症したり、尿の逆流を招いて腎臓の障害を引き起こしたり、尿毒症を招く場合もあり、命にも関わる危険性を持つようになります。

1~6才の肥満気味の猫がかかりやすい傾向にあります。

シュウ酸カルシウム結石

シュウ酸カルシウム結石は、尿が酸性に傾く事で発生しやすくなる結石です。

尿中のシュウ酸、カルシウム、ナトリウムの濃度が高くなる事や、水分の摂取量が減少する事も原因とされています。

また、ビタミンB6の欠乏によって尿中カルシウム濃度が上昇する事も原因の一つとされています。

ストラバイト結石は療法食で溶解しますが、シュウ酸カルシウム結石は、一度できると溶解しないため、手術で取り除く必要性が生じるようになります。

ストラバイト結石が膀胱に発生しやすいのに対して、シュウ酸カルシウム結石は、膀胱の他にも、腎臓、尿管、尿道にも発生しやすい違いがあります。

7才を超えた高齢の猫がかかりやすい傾向にあります。

ビタミンDとシュウ酸カルシウム結石

猫は人間と同じように、日光浴を行う事で、皮膚から紫外線を吸収して、体内でビタミンDを合成する事ができますが、猫の皮膚の中にあるビタミンDの合成に必要な「7-デヒドロコレステロール」という物質は、ごく少量しか存在しないと言われており、ビタミンDの多くは食事によって摂取する必要があります。

また、加齢とともに腎臓機能が低下してくると、体内でビタミンDを合成する働きも低下してくるため、カルシウムの吸収力が低下してくるようになります。

ビタミンDの不足によってカルシウムの吸収力が低下すると、血液中のカルシウム濃度も低下するため、それを補おうとして、歯や骨に含まれるカルシウムの分解が促進されるようになり、歯や骨がもろくなる原因になります。

そして、歯や骨のカルシウムの分解が進むと、血液中のカルシウムが組織や血管に沈着しやすくなり、尿中からも多く排出されるようになり、シュウ酸カルシウム結石が発生しやすくなります。

逆に、ビタミンDが多く含まれている食事を過剰に取り過ぎている場合には、カルシウムの吸収が過度に行われ、高カルシウム血症を引き起こしたり、カルシウムが組織や血管に沈着しやすくなると言われています。

そのような事から、ビタミンDは多すぎても少なすぎても問題があると言われています。

日光浴によって合成されるビタミンDは、猫においては微量であるため、体の保温や皮膚や被毛の殺菌などのメリットがある事から、積極的にさせた方が良いと言われています。

猫の膀胱炎

猫の膀胱炎には、細菌性膀胱炎と突発性膀胱炎の2種類に大別されています。

細菌性膀胱炎

細菌性膀胱炎は、尿道口から進入した細菌が、尿管を伝って逆行し、膀胱に炎症を引き起こした膀胱炎です。

メスはオスに比べて尿道が短いため、発症しやすい傾向にあると言われています。

突発性膀胱炎

突発性膀胱炎は、結石や尿路感染症が確認できず、原因が特定できていない膀胱炎です。

細菌感染が確認されたものは細菌性膀胱炎と呼ばれますが、原因ができていない膀胱炎は一括して突発性膀胱炎と呼ばれています。

原因がはっきりしていなものの、ウイルスや細菌などの病原体、自己免疫疾患、尿路における上皮の損傷、神経伝達物質の影響(肥満細胞によるヒスタミンの放出)、ストレスなどが関与して起こると考えられています。

猫の下部尿路疾患の60%以上を占めるとも言われており、比較的多く見られる傾向にありますが、尿路閉塞が起きていなければ、1週間程度で改善する病気です。

しかし、治った後に再発する事も多い傾向にあります。

猫の腎臓疾患

腎臓疾患は、腎臓内で炎症が起こっている箇所によって、糸球体腎炎、間質性腎炎、腎盂腎炎に区分されています。

糸球体腎炎

糸球体腎炎は、毛細血管の集まりで、血液のろ過を行っている糸球体に炎症が生じる病気です。

細菌感染、ウイルス感染、アレルギー、自己免疫疾患などが原因で起こると言われています。

間質性腎炎

間質性腎炎は、腎臓の尿細管やその周囲の組織(間質)に炎症が生じる病気です。

細菌感染、ウイルス感染、薬物や人間の食べ物による食中毒、自己免疫疾患などが原因で起こると言われています。

腎盂腎炎(腎盂炎)

腎盂腎炎は、腎盂や腎実質に炎症や壊死、変性などが生じる病気です。

細菌感染やウイルス感染などが原因で起こると言われていますが、尿路結石や前立腺肥大症などで尿路閉塞が起こると、尿の流れが停滞するため、腎盂腎炎が生じやすくなると言われています。

猫の溶血性疾患

溶血は、体内で血液中の赤血球が大量に破壊されてしまう現象の事です。

溶血が起こると、体内に取り込んだ酸素や栄養分が運搬されなくなるため、全身の臓器に様々な不調を引き起こすようになります。

原因は、タマネギなどのネギ類の誤食による食中毒、赤血球に寄生するヘモバルトネラ・フェリスの感染によるヘモバルトネラ症(猫伝染性貧血)、猫白血病ウイルスの感染による猫白血病ウイルス感染症などが挙げられます。

溶血によって起こる血尿はヘモグロビン尿と呼ばれる場合もあり、尿中に赤血球は確認できませんが、漏出したヘモグロビンの色素によって尿が赤色(または赤褐色)に染まる特徴があります。

溶血が起こると、貧血を起こしてふらつく事が多くなったり、口の中が白っぽくなったり、何度も吐き気が起こるといった症状も見せるようになります。

猫の泌尿器疾患の症状、対処方法

猫が結石や膀胱炎など、泌尿器に何らかの疾患を抱えている場合には、おしっこをする回数が増えたり、おしっこする時に痛がって鳴いたり、じっと長い間座ったままでいたりなど、トイレの仕方に変化が見られるようになります。

また、トイレを失敗して粗相をする事も多くなります。

猫が室内のあちこちでおしっこを漏らしてしまう事は、悪意を持ってイタズラしようという意図からではなく、我慢できずに仕方が無く行っている事が多いと言われていますので、そのような点も考慮して、早いうちに動物病院で詳しい検査を受ける事が大切になります。

猫のおしっこは、2日以上出なければ尿毒症になり、命を落とす危険性が高まりますので、決して甘く見てはいけません。

また、時には血尿の原因が腫瘍である場合もあります。

尿に血が混じっていなくても、キラキラした結晶が混じっているのを確認した場合には、すぐに猫を動物病院へ連れて行く必要があります。

猫の腎臓は、一度悪くなってしまうと、回復する事が難しく、それによって免疫力の低下や感染症のリスクなども高まってしまうと言われています。

猫は高齢になると、腎臓をはじめ泌尿器の疾患にかかる割合が高くなりますので、常日頃から新鮮で清潔な飲み水を用意してあげたり、毎日トイレを清潔に保ち、トイレを我慢する事なく、いつも速やかに、気持ち良く排泄できる環境を整えておく事も重要です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト

猫の尿毒症の症状、原因、治療について



猫の尿毒症は、腎臓機能の低下によって、本来であれば体外へと排出されるはずの窒素代謝物(尿素窒素:BUN、尿酸:UA、クレアチニン:CREなどの老廃物)が、血液やリンパ液、組織液などの体液中に多く残ったままになる体液異常を起こしていたり、それによって引き起こされる症候群の事です。

腎臓には、老廃物を排出する働きの他にも、水や電解質のバランスを保ったり、ホルモンの分泌量をコントロールする働きなどもありますが、尿毒症は、腎不全がかなり進行した末期症状に見られる状態で、それらの機能のほとんどが失われている大変危険な症状と言えます。

猫の尿毒症の症状

猫が尿毒症になると、疲れやすくなったり、元気がなくなるようになり、食欲も著しく低下くるようになります。

そして、体液や電解質の異常、血液の異常、骨代謝の異常、免疫系の異常、皮膚や粘膜の異常、代謝系の異常、神経系や血管系の異常、内分泌系の異常といった様々な病変を引き起こすようになります。

体液・電解質の異常

尿毒症によって体液中のナトリウム(Na)やクロール(Cl)の増加が起こると、体内の水分量の増加を招く事になります。

そのため、高血圧、むくみ、心不全を引き起こすようになります。

また、カリウム(K)の増加が起こると、不整脈を引き起こし、カルシウム(Ca)やリン(P)の増加が起こると、動脈硬化を促進したり、骨の代謝異常である腎性骨異栄養症を引き起こすようになります。

血液の異常

腎不全によって腎臓の機能が低下してくると、腎臓で作られている造血ホルモンであるエリスロポエチン(EPO)の生産量が低下してくるようになります。

エリスロポエチン(EPO)が欠乏してくると、骨髄で赤血球を生産する働きが低下してくるため、貧血が起こるようになります。

貧血の状態が長く続くと、心臓に負担がかかるようになるため、心不全の原因になったり、他の内臓にも負担がかかり、内臓出血も起こりやすくなります。

骨代謝の異常

尿毒症によるリンの排泄障害は、高リン血症を引き起こすようになります。

高リン血症になると、血液中のリン(P)とカルシウム(Ca)が結合して、動脈内で石灰化して溜まるようになるため、心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなります。

そして、血液やリンパの循環が阻害される原因にもなり、臓器や組織に障害が起こりやすくなります。

また、腎臓の機能低下によって、ビタミンDの活性障害が起こり、腸からカルシウム(Ca)を吸収したり、腎臓でカルシウム(Ca)を再吸収する働きも低下して、低カルシウム血症が起こるようになります。

その結果、腎性骨異栄養症を発症して、骨の変形や骨折が起こりやすくなり、骨格や関節の痛みが生じやすくなります。

血中カルシウム濃度がかなり低くなってくると、筋肉や腸管のけいれん、心筋の収縮力の低下、不整脈、心不全などが起こりやすくなります。

免疫系の異常

腎不全の末期症状である尿毒症は、深刻な体液異常により、ほぼ免疫不全の状態に陥っているため、弱毒性の細菌やウイルスにも感染しやすくなります。

そして、感染後の難治性も伴うようになります。

また、ワクチン接種などによる免疫獲得率もひどく低下するようになります。

皮膚・粘膜の異常

尿毒症になれると、体内に窒素代謝物などの毒素が多く残存した状態になり、それらを尿中から体外へと排出する事ができなくなるため、唾液や汗腺分泌物などの体液中にも高濃度に存在するようになります。

そのため、毛穴から出る分泌物にも毒素が多く混じって排出されるようになるため、皮膚の痒みが起こりやすくなります。

また、口腔内からもアンモニア臭がするようになったり、唾液中の毒素が口腔内に拡散されて、口内炎、舌炎、歯肉炎などの口腔粘膜の炎症も起こりやすくなります。

口内炎などの口腔内の炎症がひどくなると、口の中の痛みがひどくなるため、たとえお腹が空いていても、ご飯を食べようとしなくなります。

代謝系の異常

尿毒症になると、体液異常によって、耐糖能異常やインスリン分解機能の低下が起こるため、高インスリン血症が起こるようになります。

また、アミノ酸代謝異常、代謝性アシドーシス(酸血症)、窒素代謝物の蓄積などから、体内のタンパク質の分解が過度に促されるようになり、栄養不足やカロリー不足に陥りやすく、皮膚や筋肉の萎縮なども起こりやすくなります。

神経系・血管系・内分泌系の異常

尿毒症によって体内に尿毒性物質が高濃度に蓄積されてくると、脳機能を含む中枢神経障害や、血管系障害なども引き起こすようになります。

また、甲状腺ホルモンの過剰分泌、性ホルモンの分泌低下などの分泌障害なども見られるようになります。

猫の尿毒症の原因

猫の尿毒症は、細菌や真菌、ウイルスなどの病原体の感染による急性糸球体腎炎や、慢性腎不全の末期症状や急性腎不全など、重い腎臓病を発症する事によって、腎臓で汚れた血液をろ過して、体内の老廃物や代謝産物、余分な塩分などを尿中から排出する働きが低下するため、それらの毒素(尿毒症性毒素)が体外へと排出されないまま、血中に多く溜まる事によって起こります。

また、体内で常に作られている酸性物質も体外へ排出できなくなるため、血液の酸性度が高くなるアシドーシス(酸血症)と呼ばれる状態になります。

副腎皮質ステロイド剤などの薬剤によって腎臓に負担がかかった事や、高タンパク食の多食による腎臓への負担の蓄積が影響したり、低血圧や脱水、心不全などの循環器系の問題から、腎臓への血流が低下して、尿毒症の原因となる場合もあります。

猫の尿毒症の治療

一度機能を失ってしまった腎臓は、元に戻る事はないため、猫の尿毒症の治療は、さらに深刻な状態へと進展しないように対処する事や、進行を少しでも遅らせる処置が行われる事となります。

ひどい嘔吐がなければ、活性炭を含む内服薬の投与が行われ、腸管内の毒素を吸着させて、便とともに排出を促す処置が取られます。

また、体内の窒素化合物などの毒素を、自然に排出する働きを高めるためや、体内で不足している水分や電解質の補給を行うために、輸液(点滴)治療が行われたり、血液量の増加を図るために、輸血が行われる場合もあります。

尿を十分に排出する事ができない場合には、利尿剤を投与して、排尿を促す場合もあります。

人工的に血液をろ過して、毒素を除去する人工透析治療(腹膜透析、血液透析)が行われる場合もあります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫の腎不全(慢性腎不全、尿毒症)の原因、症状、治療、予防



猫の腎不全とは

猫の腎不全は、加齢とともに腎臓機能が少しずつ低下してしまう病気で、高齢の猫に多く見られる傾向にあります。

猫の腎臓機能が低下してくると、腎臓内で汚れた血液をろ過する働きが低下してくるため、体に必要な栄養分が尿から排出されるようになったり、尿から排出されるはずの老廃物や毒素が体内に留まるようになっていきます。

また、体に必要な水分も多く排出されるようになっていきます。

そのため、食べていても体重が減少してきたり、水を飲んでいても脱水を起こすようになるなど、体液の電解質を調整する事ができなくなり、様々な臓器にも障害を引き起こすようになっていき、やがては命を落とす危険性が高くなっていきます。

腎不全は、腎臓の機能が正常時の30%以下に低下した状態とされており、腎臓の機能低下がさらにひどく、回復の見込みが全く無い末期症状は、慢性腎不全(末期腎不全、慢性腎疾患、慢性腎臓病)と呼ばれています。

猫の尿毒症

猫の腎不全の症状が極めてひどくなり、猫の腎不全が末期の状態にまでなると、尿素窒素、尿酸、クレアチニンなど、通常であれば尿から排出されるはずの窒素代謝産物が、血液やリンパ液、臓器中の体液にも高濃度に蓄積されるようになります。

そのような状態は、尿毒症(末期腎不全)と呼ばれています。

猫が尿毒症になると、ほぼ免疫不全の状態となるため、細菌などの感染症にもかかりやすくなり、ワクチン接種による免疫獲得も起こりにくくなります。

血液やリンパ液に含まれる老廃物の濃度が異常に高くなるため、内臓出血や貧血なども起こりやすくなっていきます。

また、体の代謝が低下する事によって、消化吸収能力が低下して栄養不足におちいったり、骨代謝異常によって骨折や関節痛が起こりやすくなります。

体内の尿毒性物質は、神経系にも作用するため、昏睡を引き起こしたり、精神錯乱やショック症状を招くようになる場合もあります。

猫の腎不全の原因

猫は、もともと砂漠などの乾燥地域に住んでいた生き物ですので、体内で水分を効率良く使用する働きが優れており、水を飲む量が少なく、尿を濃縮して排出する事ができるため、人や犬などと比べると、全般的に腎臓に負担がかかりやすい身体構造になっています。

そのため、結石(尿石)が生じやすい点も、尿路の障害や閉塞を引き起こしやすい原因と言われています。

また、猫は完全な肉食でありながらも、食に対しては保守的であるために、キャットフードは嗜好性の高い高タンパクになっている事が多く、分解しきれなかったタンパク質が老廃物となって血液中に多く含有したまま腎臓にやってくると、血液をろ過する働きのある糸球体が酷使されて、障害が起こりやすくなります。

そして、高齢による糖尿病や高血圧、高脂血症(高コレステロール血症)や動脈硬化といった血管を傷つけやすくする老化現象が、毛細血管の集まりである糸球体をさらに傷つけやすくする要因になり、腎不全を誘発するようになっていきます。

また、細菌やウイルスなどの感染症が、腎臓に負担をかけてしまう場合もあります。

そのような事から、猫の腎不全は、猫にとっては宿命的な病気とも言われています。

猫の腎不全の症状

猫の腎臓は、仮に60~70%切り取った状態になったとしても、残りの腎臓の30~40%の機能で生活していく事ができるため、生体には異常が見られないと言われています。

そのため、猫の腎臓に異常の疑いが確認できるようになった場合には、かなり病状が進行してしまっているケースが多いと言われています。

猫が腎不全にかかると、体内に老廃物が多く溜まるようになり、体液が濃くなる事から、喉がよく渇くようになるため、水を大量に飲むようになります。

そして、尿量も多くなっていきます。

このような腎不全特有の症状は、多飲多尿と呼ばれています。

まだ腎不全の症状が末期にまでは至っていない場合には、食欲もあり適度に遊ぶなど、元気であるために、体の異常に気がつきにくいものですが、体内に尿毒性物質などの毒素が多く溜まってくると、毛穴から出る分泌物にも、尿毒性物質が多く含まれるようになるため、口臭や体臭が強くなったり、毛艶や毛の滑らかさも失われていき、被毛がパサパサしたようになってくる場合があります。

そして、体をよく痒がるようになる場合もあります。

また、体内の毒素が高濃度になるにつれて、下痢や嘔吐をする事が多くなっていきます。

腎臓の機能が低下するにつれて、体に必要な栄養分や水分も多く排出されるようになるため、しっかり食べていても痩せてきたり、貧血を起こす事も多くなり、脱水を引き起こしてしまう場合もあります。

多飲多尿がひどくなるにつれて、尿の色は薄くなり、尿の臭いも少なくなっていきます。

免疫力が低下してくると、口内炎ができやすくなる事から、猫が口の中を痛がってご飯を食べようとしなくなる場合があります。

また、細菌や真菌(カビ)による皮膚の感染症にもかかりやすくなっていきます。

腎不全が末期状態になり、尿毒症を引き起こすと、食欲が低下して、ぐったりする事が多くなり、吐き気や嘔吐が頻繁に起こるようになったり、吐血やふらつき、意識障害や痙攣なども見られるようになっていきます。

猫の腎不全の治療

猫の腎不全は、血液検査を行い、尿素窒素、尿酸、クレアチニンなどの血中濃度を検査する事によって、その程度の診断が行われます。

猫の腎臓機能は、一度失われると治療を受けても回復する可能性がほとんどないため、猫の腎不全の治療は、少しでも延命できるような、内科治療と食事療法が中心となります。

内科治療は、皮下注射(皮下輸液)や静脈内点滴により、脱水や体液の電解質のバランスを補正する処置が行われます。

猫が尿毒症を引き起こしている場合には、胃液の分泌量が多くなり、吐き気や嘔吐の頻発や、ひどい潰瘍を引き起こしている事が多く、その症状によっては、胃粘膜保護剤や制吐剤などが使用される場合があります。

体内の尿毒性物質を吸着する働きのある活性炭が投与される事も多く、また、降圧剤、高リン血症治療剤、造血ホルモン剤などは、症状に応じて用いられます。

食事療法は、尿毒症を悪化させる高タンパクな食事は制限する必要があり、低タンパク、低ナトリウムにも配慮した専用の療法食を与える事や、良質な蛋白を含んだ食材だけを与えるように指導を受ける事となります。

外科治療は、アメリカでは腎臓の移植手術が行われる場合もありますが、ドナー猫の寿命を縮める事にもなる事や、術後の拒絶反応を抑えるために、生涯に渡ってステロイド剤などの免疫抑制剤を服用する必要がある事などから、日本ではあまり一般的ではありませんが、稀に、術後のドナー猫を引き取る事を前提に行われる場合もあります。

猫の腎不全の予防

猫が少しでも長生きできるようにするためには、猫の死因のトップに挙げられている腎不全の予防に努める事が大切になります。

そのためには、猫の腎臓に負担をかけないように、毎日新鮮で美味しい飲み水を用意したり、猫が好んで飲んでくれるような、お気に入りの器やボウルを用意してあげるなどにして、猫が積極的に水を飲みやすい環境を整える事が大切です。

そして、嗜好性の高いおやつは控えるようにして、食べ過ぎによる肥満にも注意して、定期的に体重と食事量を管理していく事も大切です。

また、猫の口臭や体臭、被毛の艶や毛並み、尿の色や臭いなどにも、普段から注意して見ておくようにして、異常が疑われる場合には、早いうちに動物病院で詳しい検査を受ける事が大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。