犬の甲状腺機能亢進症の原因、症状、治療について



犬の甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は、喉元にある甲状腺と呼ばれる内分泌器官が、過剰に働くようになる内分泌疾患です。

それにより、細胞レベルで働きかける甲状腺ホルモンが多く分泌されるようになるため、体中にある様々な組織や臓器に多大な影響を及ぼすようになります。

犬の甲状腺ホルモンの働き

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、体内のエネルギー利用を促進する働きのあるホルモンで、新陳代謝の促進や調節、骨、筋肉、内臓、皮膚、被毛の形成など、身体活動にも大きく関与しています。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌するようになると、副腎皮質で分泌されるアドレナリンが過剰に分泌した時のような症状が見られるようになり、動機、不整脈といった心拍数の異常、心肥大をはじめとする心臓疾患、エネルギー消費量の増加に伴う体重減少、嘔吐や下痢などの消化器の異常、息切れや呼吸困難などの呼吸器疾患、めまいや傾き(平衡感覚障害)、震え、発熱、多飲多尿など、様々な症状が見られるようになります。

また、落ち着きがなくなったり、理由も無く攻撃的になるなど、犬の行動にも変化が見られるようになる場合があります。

犬の甲状腺機能亢進症の原因

犬の甲状腺機能亢進症は、甲状腺に発生した腫瘍が原因となる事が多く、高齢犬に多く見られる傾向にあります。

甲状腺に発生する腫瘍には、良性の場合と悪性の場合があります。

悪性(ガン)の場合には、進行がゆるやかなケースも中には見られますが、多くの場合は、とても攻撃的で、周囲の組織を急速に蝕み、肺をはじめ他の臓器にも転移しやすいと言われています。

また、自己免疫疾患、ストレスなどの影響から、甲状腺の働きが過剰に促されるようになり、甲状腺機能亢進症を発症する場合もあると言われています。

他にも、甲状腺機能低下症の治療の際に使用した薬剤の過剰投与によって起こるケースがあり、そのような場合には、甲状腺機能低下症の治療薬の投与量を減らす事で、自然に改善していくと言われています。

犬の甲状腺機能亢進症の症状

犬が甲状腺機能亢進症を発症すると、異常に活動的になり、食欲が増加する事が多いため、病気になったようには見えず、むしろ元気になったように錯覚する事が多いと言われています。

しかし、ご飯をたくさん食べても体重が減少してきたり、毛艶が悪くなったり、フケや抜け毛が多く出るなどして、皮膚病にかかりやすくなったり、嘔吐や下痢をよくするようになるなど、お腹を壊したり、体調が悪いように見える事が多くなります。

甲状腺機能亢進症の病態が悪化してひどくなってくると、旺盛だった食欲は低下していき、それに伴い活動性も低下してくるようになります。

発熱が続いたり、動機、不整脈といった心拍数の異常や、嘔吐や下痢を繰り返し、脱水症状が起こるなどして病態がひどく悪化すると、こん睡状態に陥ったり、時には命を落としてしまう場合もあります。

犬の甲状腺機能亢進症の治療

犬の甲状腺機能亢進症の診断は、血液中の甲状腺ホルモンの測定や、超音波検査によって行われます。

犬の甲状腺機能亢進症の主な治療方法は、薬剤の投与を行う内科治療と、手術によって甲状腺を切除する外科治療に分けられます。

内科治療では、抗甲状腺薬剤の投与を行う事で、血液中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、正常なホルモン濃度へと誘導する治療方法です。

外科治療では、腫大した甲状腺を切除する事で、甲状腺ホルモンの分泌量を抑える治療方法です。

甲状腺は、喉元に左右2つずつあり、病態に応じて一部または全部の摘出が行われます。

甲状腺の周囲には、動脈、神経、食道、気管などの様々な組織があり、悪性腫瘍(ガン)の侵略度が大きい場合には、非常に難しい手術となります。

術後は、甲状腺ホルモンの分泌が全く無くなったり、著しく減少するケースがあり、そのような場合には、甲状腺ホルモンを生涯に渡って投与し続ける事が必要になります。

他には、放射性ヨード(アイソトープ)を内服し、甲状腺の中から放射線を出して甲状腺の細胞を潰していく、新しい治療方法などもあります。

ただし、放射性ヨードの治療の場合には、後遺症として甲状腺機能低下症を発症するリスクがあると言われています。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト

犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群、クッシング病)の原因、症状、検査、治療



犬がある時から、水をたくさん飲んでは排尿を行う事が多くなっていたり、異常な食欲が続くようになった場合には、副腎皮質機能亢進症などのホルモン分泌異常によって、体内の代謝障害が生じている可能性があります。

犬の副腎皮質機能亢進症

犬の副腎皮質機能亢進症は、副腎皮質で作られる副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)が過剰に多く分泌されるようになる病気です。

アメリカの脳神経外科医、ハーヴェイ・ウィリアムス・クッシング氏が発見した事から、クッシング症候群、クッシング病などと呼ばれる場合もあります。

犬の副腎皮質機能亢進症の原因

犬の副腎皮質機能亢進症の原因は、主に副腎の腫瘍、脳下垂体の腫瘍、ステロイド剤の副作用の3つに大別されています。

副腎の腫瘍が原因となっているものを副腎性副腎皮質機能亢進症と言い、脳下垂体(下垂体)の腫瘍が原因となっているものを下垂体依存性副腎皮質機能亢進症と言い、ステロイド剤の副作用が原因となっているものを医原性副腎皮質機能亢進症と言います。

副腎や脳下垂体に腫瘍ができると、副腎で副腎皮質ホルモンを生産したり、それを分泌する働きが過剰に促されるようになるため、体内の副腎皮質ホルモンの濃度が異常に高い状態になります。

アレルギーの治療薬などに用いられているステロイド剤の長期投与や過剰投与などからも、副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の血中濃度が異常に高い状態になる場合があります。

犬の副腎皮質機能亢進症の症状

犬が副腎皮質機能亢進症にかかると、体内の副腎皮質ホルモンの濃度が異常に高くなるために、副腎皮質ホルモンの作用である抗炎症作用や免疫抑制作用が強く働くようになります。

そのため、免疫力がひどく低下してしまい、皮膚炎や膀胱炎などの感染症にかかりやすくなります。

また、副腎皮質ホルモンは、タンパク質を分解してエネルギーを作り出す働きを促進する作用があるため、皮膚や筋肉の分解が促進されるようになり、同時に、タンパク質の代謝を行っている肝臓が酷使されるようになっていきます。

そのような事から、犬の皮膚や筋肉の萎縮が見られるようになったり、被毛の艶がなくなったり、毛並みが悪くなっていきます。

広範囲に左右対称の脱毛が起こる場合もあります。

このような広範囲の左右対称の脱毛は、ポメラニアンにおいては、副腎皮質ホルモン濃度などの検査値には何も異常が出ない特異的なケースがあり、原因がはっきりしない事から、脱毛症X(アロペシア・エックス)と診断を受ける事があります。

また、副腎皮質機能亢進症になると肝臓肥大や腹水によって、腹部の膨満が起こる場合があります。

そして、高血糖(糖尿病)や高血圧を引き起こしたり、動脈硬化を促進するようになり、心臓や腎臓など、他の臓器にも負担がかかるようになります。

犬は血圧や血糖値の異常によって喉が渇きやすくなるため、水を大量に飲むようになり、おしっこの量も増える、多飲多尿の症状を見せるようになります。

体内のエネルギー代謝が高まるために、食欲が異常に増す事もありますが、皮膚や筋肉の分解が促進されているため、たくさん食べていても痩せていくようになります。

そして、体力を消耗して元気が無くなり、寝てばかりになるケースも多く見られます。

犬の副腎皮質機能亢進症の検査

犬の副腎皮質機能亢進症は、血液検査を行い、副腎皮質ホルモンの血中濃度の結果によって、確定診断が行われます。

何度も採血が必要になる事もあり、入院が必要になる場合もあります。

犬の副腎皮質機能亢進症の治療

犬の副腎皮質機能亢進症の治療は、副腎皮質ホルモンの生産を抑制する薬剤を使用した、薬物治療が中心になります。

細菌や真菌による皮膚の感染症が生じている場合には、抗生物質や抗真菌薬も用いられます。

副腎や脳下垂体の腫瘍を取り除くために、外科手術や放射線治療が行われる場合もあります。

また、糖尿病、肝臓病、腎臓病、心臓病などの他の基礎疾患がある場合には、その治療も同時に行われます。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬の副腎皮質機能低下症(アジソン病、副腎疲労症候群、副腎皮質ステロイドホルモンの減少)



犬の元気や活力がなくなり、ふらついたり、よろけたりする事が多くなっていたり、食欲の低下や体重の減少なども見られる場合には、犬が副腎皮質機能低下症(アジソン病)を発症している可能性があります。

犬の副腎皮質機能低下症とは

副腎皮質機能低下症は、腎臓に隣接している副腎皮質という組織で、合成、分泌されている副腎皮質ホルモンの血中濃度が低下する事によって引き起こされる、ホルモン分泌疾患(内分泌疾患)です。

逆に、副腎皮質が過剰に働くようになり、副腎皮質ホルモンの血中濃度が高すぎる状態になってしまう病気は、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)と呼ばれています。

犬の副腎皮質機能低下症の原因

副腎皮質ホルモンは、アレルギー反応などの炎症を抑制したり、タンパク質や脂質の分解、代謝の促進(エネルギーの生成)、ストレスへの耐性を高める働きなどがある事が知られています。

副腎皮質は、強いストレスが加わると、心拍数や呼吸数の上昇に伴い、体が必要とするタンパク質(アミノ酸)に加え、脳が必要とするタンパク質も確保しようとして、副腎皮質ホルモンを分泌量を増やす事で、タンパク質の分解と代謝を活発に行うようになります。

そのため、長期的に強いストレスが続いている場合には、副腎疲労を起こしてしまい、副腎皮質の機能が低下したり、副腎皮質ホルモンの分泌量が減少する場合があります。

また、食べ過ぎによるタンパク質や脂質の過剰摂取も、副腎皮質でホルモンの合成や分泌を行う働きが活発に促されるようになるため、副腎皮質が酷使され、副腎皮質ホルモンの分泌量が減少する場合があります。

そのようにして、副腎皮質ホルモンの分泌量が減少してくると、体内の抗炎症作用が低下してくるため、アレルギーなどの炎症反応が生じやすくなったり、症状がひどくなって悪化しやすくなります。

副腎皮質の障害は、そのようなストレスの他にも、自己免疫疾患によって引き起こされる場合もあります。

自己免疫疾患は、本来は、体内に進入した細菌やウイルスなどの有害な異物(非自己)を排除しようとして働く免疫機能が、自己の細胞や組織を誤って異物と認識して、攻撃を行ってしまう免疫系の病気です。

そのような自己免疫疾患によって副腎皮質に損傷が起こると、副腎皮質の機能が低下してしまい、副腎皮質ホルモンを正常に分泌できなくなってしまう場合があります。

副腎皮質ホルモンと同様の働きを持つ、ステロイド剤などの合成薬は、腫瘍や皮膚病などの様々な病気の治療薬として用いられていますが、その投薬を中止したり、減薬を行う事によって、体内の副腎皮質ホルモン濃度が低下して、副腎皮質機能低下症を発症する場合もあります。

ステロイド剤などの合成薬を短期間だけ使用していた場合には、休薬後、少しずつ副腎皮質の機能が回復してくる場合もありますが、長期に渡ってそのような合成薬を使用していた場合には、副腎皮質の萎縮や機能低下により、休薬後は、さらにアレルギーなどの炎症反応がひどくなる傾向にあります。

犬の副腎皮質機能低下症の症状

副腎皮質ホルモンの分泌量が減少してくると、タンパク質の分解や代謝によってエネルギーを作り出す働きが低下してくるため、元気が無くなってきたり、疲れやすくなるため、散歩に行きたがらなくなったり、活発に遊ぼうともしなくなり、寝てばかりいる事が多くなります。

そして、血糖値が低くなったり、筋力が低下するために、歩く度にふらつくようになったり、痙攣を起こしたり、倒れてしまう事が多くなります。

食欲不振、下痢や嘔吐、体重の減少、多飲多尿(飲水量と排尿量の増加)、免疫力や思考力の低下なども見られる場合があります。

重症化すると、心不全を起こしたり、ショック状態に陥る場合もあり、命を落とす危険性が伴う場合もあります。

犬の副腎皮質機能低下症の治療

副腎皮質機能低下症の治療は、主に副腎皮質ホルモンの合成薬を投与する事による、ホルモン補充療法が行われます。

犬が食事や飲水ができない場合には、入院が必要になります。

急性のストレスなどから発症した場合には、症状の回復後、減薬や休薬を行う事で、副腎皮質ホルモンの血中濃度が正常値に戻れば、その後の投薬は不要になりますが、副腎皮質ホルモンを分泌する働きが低下したまま、副腎皮質ホルモンの血中濃度が正常値に戻らない場合には、生涯に渡ってホルモン補充療法が必要になります。

そのため、犬の副腎皮質機能低下症は、重篤な状態に陥る前の早期の治療が重要と言われています。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬の甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの働き、甲状腺機能低下症の原因・症状・治療方法)



人は加齢とともに、体力の衰え、免疫力の低下、血圧や血糖値の上昇、ホルモンバランスの乱れ、解毒機能の低下など、様々な体の不調和が起こりやすくなっていきますが、犬も同様に、高齢になってくると、様々な病気を発症しやすくなっていきます。

そのような高齢犬に多く見られる病気の一つに、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)があります。

甲状腺機能低下症とは

甲状腺機能低下症は、犬の喉元にある甲状腺で作られている甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなるために、犬の活力が失われて、ひどく疲れやすくなってしまうホルモン分泌疾患(内分泌疾患)です。

外見からは、犬の被毛の毛艶が悪くなったり、皮膚が乾燥したり、脱毛が見られるようになるケースが多く見られます。

甲状腺ホルモンの働き

甲状腺で合成、分泌されている甲状腺ホルモンは、体の代謝を活発にする働きがありますので、食事の栄養分から運動エネルギーを生み出したり、細胞や組織の形成や修復を行うなど、全身の様々な箇所に影響を及ぼしており、生命維持には欠かせない存在です。

犬が活発に元気よく過ごすためには欠かせないホルモンで、この甲状腺ホルモンが減少してくると、元気消失を起こす事から、元気の出るホルモン(元気ホルモン)とも呼ばれています。

甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症は、自己免疫疾患の影響で、甲状腺の組織を自らの免疫細胞が攻撃してしまう事によって、甲状腺に障害が起こったために引き起こされたり、原因不明の突発的な甲状腺の萎縮によって引き起こされる場合もあります。

甲状腺に腫瘍が生じた場合には、逆に甲状腺の機能が異常に活発に働くようになる、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)を発症する場合がありますが、その腫瘍に対して放射線照射療法を行う事で、甲状腺の機能が失われてしまい、甲状腺機能低下症に至る場合もあります。

また、血液中の甲状腺ホルモンは、脳の下垂体(脳下垂体)で濃度を調整しており、血中濃度が高まってくると分泌量を減らすようにして、血中濃度が低下してくると分泌量を増やすようにして、甲状腺ホルモンの濃度を調整を行っています。

しかし、視床下部で、その下垂体を刺激する甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌に異常が生じたり、下垂体で甲状腺刺激ホルモンの分泌に異常が生じると、甲状腺で分泌する甲状腺ホルモンの濃度調整をコントロールする事ができなくなり、甲状腺ホルモンの血中濃度に異常が生じるようになっていきます。

そのため、甲状腺機能低下症の原因には、甲状腺そのものの問題であるケースや、下垂体(視床下部)の問題であるケースもあります。

甲状腺機能低下症の症状

犬が甲状腺機能低下症になると、体の代謝能力が低下していきますので、元気がなくなり、疲れやすくなります。

そのため、寝ている事が多くなり、散歩にも行きたがらなくなったり、活発に遊ぼうともしなくなる場合があります。

心拍数や呼吸数も低下する事から、動きや動作も鈍くなっていきます。

脳への血流や血糖値にも問題が生じて、てんかん発作や常同行動(異常行動)を起こすようになる事もあります。

そして、体温を調節する働きにも異常が生じるため、夏は暑がり、冬は寒がるようになる事もあります。

表情の変化が無くなり、暗く落ち込んだような表情や、悲しそうな表情になっていく事もあります。

症状の進展は、ゆっくりと時間をかけて進行していくために、加齢のせいと思えてしまう事も多く、その犬の病変に気がつきにくい場合が多いと言われています。

犬の体の様子は、被毛がパサパサとして毛艶がなくなってきたり、被毛が薄くなったり、広い範囲で脱毛が見られるようになる場合があり、皮膚は乾燥してカサカサするようになったり、フケが多くなったり、皮膚の黒ずみなどの色素沈着が見られるようになる場合もあります。

そして、皮膚の抵抗力(バリア機能)が低下するために、細菌などの感染症にもかかりやすくなったり、アレルギーの影響も受けやすくなり、体を痒がる様子を見せるようになる事もあります。

甲状腺機能低下症の治療方法

甲状腺機能低下症の治療は、体内で不足している甲状腺ホルモンを、甲状腺ホルモン製剤などの薬剤によって補充する、薬物治療が中心になります。

甲状腺ホルモン製剤の投薬量が多すぎると、血液中の甲状腺ホルモン濃度が高くなりすぎるため、体温、心拍数、呼吸数、脈拍、血圧などが上昇しすぎて、甲状腺中毒や甲状腺機能亢進症を発症してしまう恐れや、体への負担も大きくなるため、投薬量は血液検査を行うなどして慎重に調整が行われます。

ホルモン補充療法によって、血液中の甲状腺ホルモンが正常値に戻ってくると、活発さが戻ってきたり、皮膚や被毛の改善も見られるようになっていきますが、このような薬物治療は、生涯に渡って継続する事が必要になってきます。

甲状腺機能低下症の明確な予防法はありませんが、重症化して、様々な合併症を引き起こす前に、日頃から愛犬の表情、行動や仕草、体の様子などは注意深く観察しておき、早期発見、早期治療に努める事が大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。