高齢犬に多く見られる心臓病(心不全)、僧帽弁閉鎖不全症と心筋症について



犬の心臓病には、先天的な影響によって起こる心室中隔欠損症や大動脈狭窄症、感染症によって起こるフィラリア症など、様々な種類がありますが、中でも犬に多く見られる心臓病は、心筋や弁膜の異常や障害によって起こる僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)や心筋症があり、高齢犬を中心に多く見られる傾向にあります。

このような心臓病は、心臓のポンプ機能が慢性的に低下する事から、慢性心不全と呼ばれる場合もあります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは、右心房、右心室、左心房、左心室の4つに分けられている心臓内の部屋のうち、左心房と左心室を隔てている僧帽弁が、正常に閉じなくなるために、通常の血流とは逆方向へと血液が流れてしまうようになる、心臓の病気です。

僧帽弁閉鎖不全症は、大型犬に比べると、心臓の小さな小型犬が発症する事が多い傾向にあります。

犬が僧帽弁閉鎖不全症を発症すると、心臓内で血液の逆流が起こるようになるために、全身に行き渡る血液量が少なくなり、体が必要とする酸素や栄養分が十分に行き届かなくなっていきます。

そのため、それを補おうとして、血液を送り出す左心室のポンプ機能が通常よりも激しく酷使されるようになるため、加齢とともに左心室の負担が大きくなり、心臓のポンプ機能が少しずつ低下していきます。

そして、心臓の壁が厚くなる心肥大を起こしたり、心室の容量が広がる心拡大を招く事があります。

心臓の弁の機能低下がひどい場合や、弁の損傷が2箇所以上にも及んでいる場合には、弁膜症(心臓弁膜症)と呼ばれる場合があります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症のステージ

犬の僧帽弁閉鎖不全症は、ステージAからステージDの4ステージに大別されています。

ステージA

僧帽弁閉鎖不全症のステージAは、病変や症状は発生していませんが、将来的に心臓疾患が起こる可能性があるという状態です。

まだ病気にはなっていない段階で、治療の必要はありませんが、定期健診を受ける事が好ましいとされています。

ステージB1

僧帽弁閉鎖不全症のステージB1は、心音に雑音があるものの、病変や症状がない状態です。

このステージでも、まだ治療は必要ありません。

ステージB2

僧帽弁閉鎖不全症のステージB2は、血液の逆流が発生しており、左心拡大が確認できる状態です。

血管拡張薬の投与や食事のナトリウム(塩分)制限などの治療が必要になります。

ステージC

心臓のポンプ機能の低下(心不全)の症状が見られる状態です。

利尿剤、ACE阻害剤、カルシウム感受性増強剤などの薬物治療が必要になります。

ステージD

心臓のポンプ機能が慢性的に低下した状態で、慢性心不全と呼ばれる末期的な状態です。

このステージは、極めて危険な状態ですが、一般的な動物病院では対応する事ができないため、他の循環器の専門病院が紹介される場合があります。

これらのステージは、治療によってステージCからステージBなどへと改善する事はなく、あくまでもステージの進行を遅らせる治療が行われる事になります。

犬の心筋症

犬の心筋症とは、心臓を構成する筋肉である心筋が、厚くなったり、薄くなるなどして、心臓のポンプ機能が低下してしまう、心臓の病気です。

心筋症は、主に拡張型心筋症、肥大型心筋症、拘束型心筋症の3つに大別されています。

拡張型心筋症

拡張型心筋症とは、心筋が薄くなって伸びきった状態になるために、心臓の収縮力が低下して、心臓のポンプ機能全体が低下してしまう病気です。

遺伝的な影響によって引き起こされると考えられていますが、詳しい原因は解明されておりません。

偏食傾向で栄養分の偏りが指摘される猫が発症する事が多く、猫は体内でタウリンを合成する能力が低い上に、心臓中でタウリンを多く必要とする事から、栄養性の原因なども関与しているものと考えられています。

肥大型心筋症

肥大型心筋症とは、心筋が厚くなり、心臓の内腔が狭くなるために、心臓が強い鼓動を打てなくなる事で、全身へと血液を送り出す心臓のポンプ機能全体が低下してしまう病気です。

犬が肥大型心筋症になると、心臓内の血流が悪くなるために、左心房内で血栓が形成されやすくなり、形成された血栓が心臓から流れ出ると、体の様々な血管を詰まらせてしまう原因になり、時には重度の麻痺や突然死を招く事もあります。

詳しい発症の原因は、解明されておりません。

拘束型心筋症

拘束型心筋症とは、心臓の内部の筋肉や組織が変形したり、壊死を起こしてしまい、心室の拡張障害や拡張期容量の減少が起こるために、心臓のポンプ機能が低下してしまう病気です。

心臓の外側の心筋の厚さや収縮能力には変化がなく、ほぼ正常な状態を保っている特徴があります。

高齢の犬や猫に見られる病気ですが、心臓病の中では稀な病気で、発症の原因は解明されておりません。

犬の心臓病(心不全)の症状

犬の心臓病は、心臓のポンプ機能が低下する事から、元気がなくなったり、疲れやすくなったり、食欲が低下するなどの症状が見られるようになります。

このような症状は、ある時から急に見られるようになる場合もありますが、加齢とともにゆるやかに現れる場合もあるため、犬の高齢化にともなう体力や代謝の低下との区別がつきにくい場合があります。

また、犬の運動性が低下してきた際には、犬の足腰の関節痛などから、動くのを嫌がっているようにも錯覚してしまう場合があります。

徐々に心臓の機能が低下して病状が悪化してくると、咳がよく出るようになったり、苦しそうに息をするようになり、呼吸が普段から早くなる事もあります。

心臓病の犬が出す咳は、胃の中の内容物を吐き出すかのような大きな咳を出す事が多く、またその咳が長時間続く事もある事から、心臓病特有の深い咳と呼ばれています。

そして、散歩をしたり、遊ぶのを嫌がるようになり、運動機能も衰えてくるようになります。

犬は寝てばかりいるようになったり、体を横たえている事が多くなり、飼い主の呼びかけに対しても鈍くなってくる場合があります。

心臓の機能が著しく低下してくると、貧血がひどくなり、立ち上がってもよろけて倒れる事が多くなったり、歯茎や舌の色が紫色になるチアノーゼを起こしたり、意識を失って失神したり、呼吸困難やショック状態に陥る事もあり、ひどい場合には急死する場合もあります。

短期間の失神や痙攣といったショック症状は、正常に治まると犬は何事もなかったかのように振舞う事から、時にはそのような失神や痙攣が、てんかん発作のように見える場合があります。

犬の心臓病(心不全)の治療

犬の心臓病の治療は、主に投薬治療と食事療法によって、病状の進行を遅らせる処置が行われます。

投薬治療は、生涯に渡って投与を続ける必要性があります。

食事療法は、特に塩分の取り過ぎには注意が必要になり、栄養分の偏りにも配慮して、人間の食事は絶対に与えないようにして、獣医師の指示に従った心臓病用のフード(療法食)を与える必要があります。

心臓病用のフードは、塩分が少なく、犬が好んで食べようとしない事も多いですが、犬はフードの味ではなくニオイからも食欲が刺激されますので、フードを温めてから与えるようにしたり、鶏のササミ肉のゆで汁を少量加える事で、食べてくれるようになる場合があります。

また、犬の味覚をほんの少し刺激するために、茹でたサツマイモやジャガイモ、キャベツやニンジンを少量加える事で、自然な甘みが出てきて、美味しく食べてくれるようになる場合もあります。

手作り食を与える場合には、犬が食べても問題の無い食材だけを使用するようにして、獣医師にもしっかりと相談した上で与える必要があります。

治療中は、犬を安静にさせる事を第一にして、運動の制限、暑さへの配慮、肥満防止などにも、十分注意が必要になります。

犬の心臓病は、一度発症してしまうと、完治させる事がとても難しいと言われています。

そのため、犬の心臓病は、早期発見、早期治療を行う事が最も重要になります。

犬の咳、貧血、運動性の低下、呼吸数の増加、食欲の低下、腹部の腫れ、体重減少などが見られる場合には、動物病院で詳しい検査を受ける必要があります。

特に、高齢犬の咳は、心臓病のサインとも言われていますので、高齢の犬が何度か咳をした場合には、気管支炎などの呼吸器の病気の他にも、心臓病を疑う事も必要と言われています。

そのような症状を放っておくと、重度の心不全を引き起こす恐れがあり、大変危険な状態を招く事にもなります。

犬の心臓病は、全ての犬が発症する可能性を持っていますので、年に1度は定期健診を受けるようにして、早期発見による治療ができれば、その分、進行を遅らせる事ができ、愛犬の寿命を延ばす事にもつながります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。