犬の皮膚ガン(上皮ガン、腺ガン、メラノーマ、線維肉腫、肥満細胞腫)の原因、症状、検査、治療



犬の皮膚に現れたイボやシコリ、ただれや潰瘍などの病変が、長い間なかなか治らなかったり、そのような病変が少しずつ悪化したり、大きくなってきた場合には、それがガン(悪性腫瘍)である可能性があります。

時には、転移の心配のない良性腫瘍の場合や、膿の塊(膿腫)や血だまり(血腫)といった皮膚病の場合もありますが、それらを見た目だけで判断をする事は難しいと言われています。

犬の皮膚ガンの種類

犬の皮膚ガンには、上皮ガン、腺ガン、メラノーマ、線維肉腫、肥満細胞腫など、様々な種類があります。

上皮ガン(上皮腫、上皮性腫瘍、扁平上皮ガン)

皮膚の最も外側にある表皮、上皮、腺房細胞、腺細胞の総称を上皮細胞と言いますが、上皮ガンは、そのいずれかの細胞がガン化したものです。

上皮細胞には、扁平上皮細胞、立方上皮細胞、円柱上皮細胞、線毛上皮細胞に大別されており、そのうちの扁平上皮細胞がガン化したものは、扁平上皮ガンと呼ばれています。

イボやシコリがゆっくりと大きくなる場合には、ガン(悪性腫瘍)ではなく、転移の恐れのない良性腫瘍の場合もあります。

腺ガン

腺ガンは、皮脂腺などの分泌腺組織の細胞がガン化したものです。

このような分泌腺は、涙、唾液、胃液、胆汁など、分泌物によっても様々な種類があります。

オスの犬は、肛門周囲にある分泌腺(肛門周囲腺)や、肛門腺(肛門嚢)がガン化する、肛門周囲腺ガンや肛門嚢アポクリン腺ガンなどを発症しやすく、メスの犬は、乳腺組織の細胞がガン化する乳腺腫瘍(乳ガン)を発症しやすい傾向にあります。

イボやシコリがゆっくりと大きくなる場合には、ガン(悪性腫瘍)ではなく、転移の恐れのない良性腫瘍の場合もあります。

メラノーマ(悪性黒色腫)

メラノーマは、表皮内やその下層にあるメラニン細胞がガン化したものです。

メラニン細胞が他の場所に比べて高密度で存在している場所を、ホクロと言いますが、メラノーマも、そのメラニン細胞がガン化したものですので、病変部が周囲の皮膚に比べて黒っぽい色になってくるという特徴があります。

犬の皮膚ガンの中では最も進行スピードが早く、肺転移や再発を起こしやすい、とても難しいガンと言われています。

線維肉腫

線維肉腫は、真皮層にある線維芽細胞がガン化したものです。

線維芽細胞は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出している細胞です。

線維肉腫は、体の様々な部位に発生する可能性があり、皮膚の表面や皮下に現れる場合もあれば、筋組織に進入して大きく成長する場合もあります。

治療後も再発しやすいガンですが、他の組織には転移しにくいという特徴があります。

肥満細胞腫

肥満細胞腫は、犬の皮膚ガンの中では最も多く見られる悪性腫瘍で、体内の様々な場所に存在している肥満細胞のうち、皮膚の肥満細胞がガン化したものです。

肥満細胞は、アレルギー反応と密接に関わっている細胞で、アレルギー反応の原因となるヒスタミンやセロトニンを作り出す役割があります。

そのようなアレルギー反応が生じた際に、細胞の形が膨張して腫れ上がったようになり、肥満体型が連想される事から、そのような名前で呼ばれています。

犬の皮膚ガンの原因

犬の皮膚ガンの原因には、体の外部からの刺激によるものと、体の内部の問題によるものがあると言われています。

体の外部の刺激で言えば、犬の皮膚は、人間に比べると5分の1から3分の1程度の厚さしかないと言われており、サマーカットで被毛を短くしすぎていたり、もともと被毛の短い短毛種は、紫外線や赤外線などの有害光線の影響を受けやすく、皮膚ガンの発症リスクが上昇すると言われています。

また、肉球や指の間などは、真夏のアスファルトや路面上の刺激の影響を受けていたり、口腔内や唇などは、硬すぎる骨や噛むおもちゃの刺激の影響を受けているなど、慢性的な刺激が持続している事がガンの原因になる場合もあると言われています。

生活環境の磁場や電磁波との因果関係がある可能性も示唆されています。

一方、体の内部の問題で言えば、加齢、基礎疾患、ストレス、栄養分の偏り、血行不良、ホルモンバランスの乱れなどの様々な影響から、免疫力の低下が起こり、ガン細胞に対する抵抗勢力が損なわれる事が原因になると言われています。

特定の犬種によっては、遺伝的な影響から、皮膚ガンが起こりやすい場合もあります。

犬の皮膚ガンの症状

犬の皮膚ガンは、皮膚の一部にシコリや腫れがみられるようになり、硬いもの、柔らかいもの、熱を持っているもの、潰瘍になっているものなど、様々なタイプがあります。

ガン細胞が筋組織などの内部に入り込んでいる場合には、イボや腫れなどの異常を見た目からは確認できない場合もあります。

痛みや痒みなどの違和感が生じるものもあれば、そのような自覚症状が全く現れないものもあります。

また、嘔吐や下痢をよく繰り返すようになったり、食欲が低下したり、元気がなくなってくる場合もあります。

喉元、胸元、脇の下、股下などのリンパ節が腫れてくる場合もあります。

皮膚病がなかなか治らずに病状が長期化していたり、治療を受けていても悪化してくる場合には、それが深刻なガンである場合もあります。

犬の皮膚ガンの検査

犬の皮膚に現れたイボやシコリなどの腫れものに、ガン細胞が含まれているかどうかは、細針吸引または細針生検と呼ばれる検査方法で、病変部に細い針を刺し、その内部の細胞を採取した上で、細胞を顕微鏡で直接確認する事により、良性または悪性の判定が行われます。

このような検査方法は、細胞診と呼ばれています。

細胞診でガン細胞が確認できなかった場合においても、悪性腫瘍の疑いが強い場合には、病変部のイボやシコリなどの腫れものを採取(摘出)した後に、その採取した組織を病理検査にかけ、良性または悪性の確定診断が行われる場合もあります。

それは、細胞診だけでは、たまたまガン細胞の無い箇所に針を刺している可能性があり、細胞診だけでは確定診断にはならないためです。

また、犬が高齢の場合など、検査と治療の2回の全身麻酔の負担が大きい事を勘案した場合には、このように、悪性腫瘍の確定診断の前に、最初から病変組織の切除(手術)が行われる場合があります。

このように、広い範囲の組織を摘出して検査を行う方法は、組織診と呼ばれています。

また、転移の有無を調べるために、レントゲン検査やCT検査なども行われる場合があります。

犬の皮膚ガンの治療

病変部のイボやシコリが、膿の溜まった膿瘍や、血液の溜まった血腫の場合には、そのイボやシコリを切開して、膿や血液などの内容物を出し、抗生剤などの薬剤の投与が行われます。

イボやシコリが悪性腫瘍だった場合には、外科手術による切除が行われるのが一般的ですが、手術が難しい場所であったり、肺転移などの他の転移が見られたり、手術によって犬の外観が大きく変わってしまったり、生活が不自由になる場合などには、手術は行わず、放射線治療や抗がん剤治療が行われる場合もあります。

また、ガン細胞のエネルギー源である糖質を制限した食事療法や、ガン細胞と戦う自己免疫力を高めるために、乳酸菌や酵素を豊富に含んだ発酵食品(プロバイオティクス)の摂取についてのアドバイスを受けるなど、自然療法も勧められる場合があります。

他にも、漢方薬の処方を受ける場合もあります。

治療中は、犬の体の保温と安静に配慮したり、ストレスを与えないように注意して、免疫力を低下させないように努める事が大切です。

飼い主が強い不安を抱えながら、真剣な表情で犬と接していると、犬にもその緊張感が伝わってしまい、ストレスに感じてしまう場合がありますので、犬と接する時には、笑顔で優しく声をかけながらマッサージをするなどして、愛犬の不安を少しでも取り除いてあげる事が大切になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト

犬の乳腺腫瘍(犬の乳がん)の原因、症状、検査、治療、予防



犬のお腹にある乳腺のいずれかに、腫れやしこりが見られたり、出血や分泌物が確認できた場合には、犬が乳腺腫瘍を発症している可能性があります。

犬の乳腺腫瘍は、詳しい検査を受けない限りは、それが良性腫瘍か悪性腫瘍かを判別する事が難しいと言われています。

犬の乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍とは、乳腺にできる腫瘍の事です。

腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。

犬の乳腺腫瘍のうち、50%は良性腫瘍で、50%は悪性腫瘍と、良性腫瘍と悪性腫瘍の割合はほぼ半々で、その腫瘍の中に良性と悪性が混在する場合もあります。

良性腫瘍は、細胞分裂の制御を失った腫瘍細胞が、無秩序に増殖を続けながらも、他の組織には転移する事がなく、その腫瘍が発生した場所でのみ増殖を続ける、細胞の固まりです。

血管の損傷などから栄養供給が絶たれると、増殖が自然に停止する性質を持っています。

悪性腫瘍は、無秩序に増殖を続ける細胞の固まりが、周囲の組織をも破壊しながら広がったり、他の組織へ転移した後も、どんどん増殖を続けてしまう腫瘍細胞の集まりです。

血液やリンパの流れに乗ると、全身へと広がる性質を持っており、やがては生命の危険を招く事にもなります。

一般的に癌(がん)と呼ばれているものは、この悪性腫瘍を指すと言われています。

オスの犬は、精巣で分泌する性ホルモンの影響で、乳腺の発育が行われないため、乳腺腫瘍になる事がほとんどなく、メスの犬に多く見られる病気と言われています。

メスの犬がかかる腫瘍の中では、最も罹患率が高く、8歳をすぎると、発症する割合が高まると言われています。

犬の乳腺腫瘍の原因

犬の乳腺腫瘍の原因は、死滅する機能を失った細胞のDNAの変異(突然変異)が連鎖的に生じるためとされていますが、そのメカニズムには、遺伝、ウイルス、化学物質、免疫機能、体温、食事、ストレス等、様々な事が影響して発生すると言われています。

中でも、避妊手術を受けていない高齢のメスの犬に多く見られる事から、性ホルモンの影響が大きいものと考えられています。

避妊手術を受けた犬は、卵巣摘出によって、体内で性ホルモンの分泌量が少なくなるため、乳腺の発育が抑制されるようになり、乳腺腫瘍にかかりにくくなったり、再発しにくくなります。

しかし、メスの犬が未避妊であっても、必ず乳腺腫瘍になる訳ではなく、乳腺腫瘍を発症しないケースも多く見られます。

痩せている犬に比べて、太っている犬の方が乳腺腫瘍の発生割合が高い事から、犬の肥満は、乳腺腫瘍への一定の影響があると考えられています。

犬の乳腺腫瘍の症状

犬が乳腺腫瘍を発症すると、妊娠していないにも関わらず、乳腺が張ってきたり、乳腺にしこりが現れるようになります。

このような乳腺の張れやしこりは、偽妊娠や乳腺炎などから起こる場合もあります。

良性腫瘍の場合には、乳腺のしこりは1cm以下と小さく、時間が経っても大きくなっていく事はありません。

また、痛みが生じる事はほとんどありませんが、乳腺孔から出血が起きたり、膿を含んだ分泌物が出てくる場合があります。

悪性腫瘍の場合には、乳腺にできたしこりが少しずつ大きくなっていきます。

そして、皮膚表面の壊死や自壊(裂け目や傷の発生)が起こり、出血が起こったり、膿性分泌物が出てくるようになる場合があります。

また、悪性腫瘍の場合には、患部から腐敗臭が生じる場合があります。

2~3ヶ月のうちに急速に大きくなってくる場合もあれば、何年もかけて少しずつ大きくなっていく場合など、悪性腫瘍の進行は様々です。

悪性腫瘍の進行に伴い、肺や肝臓といった他の臓器へと転移する可能性が高まっていきます。

乳腺にできたしこりが良性腫瘍か悪性腫瘍かについては、検査をしないと明確には判別できませんが、触診した際に、乳腺のしこりが動く場合は良性である事が多く、動かない場合は悪性である事が多いと言われています。

犬の乳腺腫瘍の検査

犬の乳腺にできたしこりが良性腫瘍か悪性腫瘍かの判別は、注射針(吸引針)を使用して、乳腺内のしこりの細胞の一部を採取した上で、顕微鏡でその細胞内に癌細胞が含まれているかどうかの細胞診が行われます。

採取した細胞に癌細胞が確認できなかった場合には、より広範囲の組織を切除した上で、顕微鏡を使用した組織診が行われる場合があります。

それは、注射針を使用した細胞診では、たまたま癌細胞の無い場所の細胞を抜き取った可能性があるためで、細胞診だけでは確定診断とはならないためです。

組織診を行う前に、悪性腫瘍の疑いが高い場合には、検査と治療の2度の全身麻酔の負担を考慮して、悪性腫瘍の確定診断をしないまま、外科手術で乳腺組織の切除を行い、その切り取った組織から組織診を行い、確定診断を行う場合もあります。

レントゲン検査やCT検査で、病変部の検査が行われる場合もありますが、確認できた腫瘍が良性腫瘍か悪性腫瘍かの判別が難しい事や、全身麻酔が必要な事、治療費が高額に及ぶ事などから、そのような検査が行われない場合もあります。

犬の乳腺腫瘍の治療

犬の乳腺腫瘍の治療は、一般的には外科手術による癌細胞の切除が行われます。

それによって、癌細胞の全てを取り除ける場合もありますが、少量の癌細胞を取り残してしまう場合もあります。

手術の方法には、癌細胞が確認できている場所だけをピンポイントに切除する方法や、まだ癌細胞が発生していない周囲の健康な組織を含んだ、広い範囲の切除を方法がありますが、いずれの場合も全身麻酔が必要になります。

また、避妊手術を受けていない場合には、高い確率で再発が起こるため、乳腺の切除と同時に、子宮と卵巣の摘出も行われる場合があります。

そして、手術を行う事が難しい場所に癌細胞の転移が見つかった場合や、再発予防を目的に、放射線治療が行われる場合もあります。

犬は飼い主の表情や声などから、敏感に気持ちを察する事ができると言われています。

治療中に飼い主が悲しんだり、辛そうにしていると、犬も生きようとする意識が低下してしまいます。

そのため、今まで以上に笑顔で接するようにしたり、楽しそうな様子で声をかけるように注意しながら、スキンシップの時間を多く取るようにする事が、犬の免疫活性や自然治療力を高める事につながるとも言われています。

そして、無糖ヨーグルトや納豆などの発酵食品(プロバイオテクス)を積極的に与えたり、体の保温と安静にも努め、癌細胞に負けない免疫力の維持に努める事も大切です。

犬の体を優しくさすったり、軽い力でマッサージをする事は、全身の筋肉や神経が刺激を受け、自律神経のバランスを整えたり、血液やリンパの流れを促進する事にもなるため、免疫力や自然治癒力を高められる効果が期待できます。

また、ドッグフードに含まれる脂肪分の酸化や劣化は、発がん性を高める可能性がありますので、ドッグフードの成分や鮮度、保存方法にも十分注意する必要があります。

犬の乳腺腫瘍の予防

犬の乳腺腫瘍は、手術を受けた後も再発を起こす場合が多いと言われていますので、乳腺腫瘍の手術を受けた後も、乳腺の腫れやしこりの有無など、乳腺の周囲に異常が生じていないかどうかを、定期的に確認しておく必要があります。

まだ乳腺腫瘍を発症した事がない犬であっても、8歳を過ぎた犬や肥満傾向の犬は、スキンシップやお手入れの度に、乳腺の異常の有無について、注意深く観察しておく必要があります。

オスの犬であっても乳腺腫瘍を発症する事はありますので、普段から犬と接する度に、乳腺の腫れやしこりを見ておくようにして、早期発見、早期治療に努める事が大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。