猫の目の病気、角膜炎の原因、症状、治療方法について



猫の角膜炎

角膜炎とは、目の中央にある黒目の外側を覆っている透明な膜である角膜に、炎症が起きた状態を言います。

角膜は0.5~0.8mm程の厚さの透明の膜ですが、このような透明な組織は、猫の体では唯一、角膜にのみ存在しています。

黒目の部分の水晶体が、カメラの凸レンズのような役割があるのに対して、角膜は、それを保護するレンズのフィルターのような役割を果たしています。

そのため、角膜に傷がついたり、角膜と水晶体の間にある眼房水が漏れ出るなどして、角膜にゆがみが生じると、目に見えるものも、ゆがんで見えるようになります。

猫の角膜炎の原因

角膜炎の原因は、目に砂やホコリなどの異物が入り込んだ事、アトピー性皮膚炎などの皮膚の痒みから、目をひどく擦った事、細菌や真菌、ウイルスなどの病原体に感染した事、猫同士の喧嘩、交通事故、ビタミン不足、涙の不足など、様々な事が挙げられます。

また、眼瞼内反症や眼瞼外反症、結膜炎や緑内障などの他の眼病が原因となって起こる場合もあります。

猫の角膜炎の種類

実質性角膜炎

実質性角膜炎とは、角膜の上皮から実質にかけて炎症が生じたものを言います。

多くは、猫ウイルス性鼻気管炎と猫ヘルペスウイルス感染症が関与して起こると言われています。

第三眼瞼にも炎症が波及する場合があり、慢性化すると角膜が破壊され、潰瘍性角膜炎(角膜潰瘍)へと進行する恐れがあります。

分離性角膜炎

分離性角膜炎とは、角膜の表面に褐色または黒色の変色部分が現れ、時間の経過とともに自然分離するものを言います。

ペルシャ、ヒマラヤン、シャム、バーミーズは、特に発症しやすいと言われています。

角膜分離症、角膜黒色壊死症とも言われています。

好酸球性角膜炎

好酸球性角膜炎とは、角膜の外側に隆起した桃色または褐色の腫瘤が生じたものを言います。

好酸球の増加によって形成される腫瘤の多くは、猫ヘルペスウイルス感染症が関与して起こると言われています。

また、アレルギー物質との接触によるアレルギー反応から、血液中に存在している好酸球が異常行動を起こして、角膜を破壊してしまう、自己免疫疾患の影響もあると言われています。

増殖性肉芽腫性角膜炎とも言われています。


猫の角膜損傷

角膜損傷とは、何らかの外的要因によって角膜に傷がつき、角膜が損傷した状態を言います。

角膜に傷ができる原因には、砂やホコリなどの異物の進入、猫同士の喧嘩、涙の不足、アトピー性皮膚炎による掻きむしり、逆さまつげなど、様々な事が挙げられます。

これといった明白な症状はありませんが、片目だけ目を開けられずに、薄目のままでいたり、涙の量や目ヤニが多い事などから発覚する事が多いと言われています。

一般的には、体にできた傷は、血管から供給される栄養分を元に修復が行われますが、目の角膜には血管がありませんので、涙に含まれる栄養分を元に修復が行われます。

しかし、涙に含まれる栄養分は極めて少ないため、しばらくすると角膜に新しい血管が新生され、傷の修復が行われるようになります。

このようにして現れた血管は、角膜を修復する上では有用ですが、傷の修復後も血管が残ってしまうため、角膜の透明性は損なわれるようになります。

また、傷を修復する際に、たくさんの結合組織が現れ、白い濁りが残るようになります。

そのため、角膜損傷の治療には、血管が新生される前に、点眼薬などを使用して、早期に治療を行う必要があると言われています。

猫の角膜潰瘍

角膜潰瘍とは、角膜に生じた傷によって、その欠損部分が広がり、びらん(ただれ)が生じた状態を言います。

原因は、角膜炎や角膜損傷の悪化によるものや、その後に眼球内で感染が生じた事などが挙げられます。

まぶたの異常や被毛の異常、涙液の減少など、慢性的な目の病変によって引き起こされる場合もあります。

角膜の上皮が欠損した状態のものを表層性角膜潰瘍と言い、さらに下層の角膜実質まで欠損が広がったものを深層性角膜潰瘍と言います。

猫の角膜炎の症状

猫が角膜炎になると、目から痒みや痛みなどの不快感が生じるようになります。

目から痒みが生じている場合には、その痒みを気にして何度も目を足で擦ろうとしたり、まばたきを繰り返すようになります。

壁や床に目を擦り付ける場合もあります。

目の痛みが強い場合には、常に目を細めたままでいたり、痛がってまぶたを閉じたままで過ごすようになります。

また、涙の量が異常に多くなり、それに伴い、目ヤニが多く出るようになったり、涙やけができる場合もあります。

角膜炎が進行していくると、角膜に白い濁りや新生血管が確認できるようになります。

猫の角膜炎の治療方法

猫の角膜炎には、角膜の治療を促す薬剤や、抗炎症剤などの点眼薬を使用して治療が行われます。

感染症が原因である場合には、抗ウイルス剤や抗生剤などが使用されます。

また、二次感染の予防を目的に、これらの薬剤が使用される場合もあります。

角膜炎のひどい悪化が見られ、角膜潰瘍などが生じている場合には、外科手術が行われる場合もあります。

治療中は、猫が目を擦るなどして状態を悪化させないように、エリザベスカラーなどの器具を装着させる必要があります。

猫の角膜炎は、ひどくなると、大幅な視力低下や失明を招く恐れがあるため、決して甘く見てはいけません。

そのため、猫が目を足で触るなどして気にしていたり、目を細めているのを確認した場合には、猫が目をさらに擦って傷つけたり、悪化させてしまう前に、すぐに病院へ連れて行き、詳しい検査を受ける必要があります。

また、普段から猫の目の周りの目ヤニや涙やけなどの汚れをよく観察しておき、こまめに汚れを取り除いてあげる事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト

猫の結膜炎の原因、症状、治療、予防について



猫が急に目を細めるようになったり、目をパチパチさせてまばたきを何度もするようになっていたり、まぶたが大きく腫れている場合には、結膜炎をはじめとする眼の病気を発症している可能性があります。

猫の結膜炎

結膜炎は、黒目以外の眼球の表面や、瞼の内側にある結膜と呼ばれる薄いゼラチン状の組織に、充血などの炎症が起こる病気です。

目の結膜は、目が開いている間は、常に外部にさらされている状態になるため、異物の進入、物理的な刺激、外圧や摩擦など、様々な刺激を受けやすい場所です。

また、結膜は常に涙で潤っており、適度な温度と栄養分が維持されているため、細菌やウイルスなどの病原体が繁殖しやすく、感染症やアレルギーによる病変が起こりやすい特徴があります。

猫の結膜炎の原因

猫の結膜炎は、猫風邪と呼ばれるウイルス感染症(猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫クラミジア)によって起こる事が多いと言われています。

そのようなウイルス感染症によって、結膜炎が慢性化してしまう場合もあり、そのような病態は、慢性結膜炎と呼ばれています。

また、目の中に、室内のホコリや繊維クズなどの異物が入り込み、目の結膜に傷がついてしまう事で、結膜炎の発症に至る場合もあります。

眼球や瞼に傷がつくと、微細な傷口に細菌が入り込みやすくなるため、免疫力が弱っている場合には、感染症を起こして目の結膜に炎症が起こる場合があります。

他にも、他の角膜炎や逆まつ毛(眼瞼内反症)、ドライアイ(角膜乾燥症、乾性角結膜炎、涙液減少症)などの眼病の影響で結膜炎を発症したり、そのような眼病を同時に発症する場合もあります。

アトピー性皮膚炎などの皮膚の強い痒みから、目の周囲をひどく掻き毟ってしまい、目の結膜に傷がつき、結膜炎の発症に至る場合もあります。

外出する習慣のある猫は、猫同士の喧嘩によって目の結膜に傷がついたり、東洋眼虫と呼ばれる寄生虫感染が起こり、結膜炎を発症する場合もあります。

猫の結膜炎の症状

猫が結膜炎になると、目のふちの瞼が赤くなり、瞼が大きく膨らんで腫れ上がった状態になったり、猫が目を大きく見開く事ができなくなり、常に目を細めたままの状態になる場合もあります。

結膜は、細菌やウイルス、ホコリや粉塵といった異物の進入を感知して、涙や粘液の分泌量を増やす働きがあるため、涙が多く出るようになり、いつも目の周囲の被毛が湿っていたり、涙目のように見えたり、目から異物などの汚れとともに目ヤニや膿のような分泌物が多く出てくるようになる場合もあります。

また、猫が結膜炎になると、目頭の付近にある瞬膜という膜にも炎症が起こり、チェリーアイと呼ばれる眼病を併発する事も多く見られます。

猫は目に痒みや痛みなどの違和感を感じると、足で目を何度も擦ったり、掻いたりするようになったり、床や壁に擦りつけるようになる場合があり、病変がますますひどくなり悪化してしまう場合があります。

ひどくなると、角膜炎を併発して、黒目が白く濁ってくる事もあり、著しい視力低下を招いてしまう場合があります。

最初のうちは片目だけに異常が生じているだけであっても、細菌やウイルスがもう一方の目にも入り込んでしまうと、両目ともに同じような病変が見られるようになる場合があります。

猫の結膜炎の治療

猫の結膜炎の治療は、主に点眼薬や眼軟膏などを使用した薬物治療が行われます。

瞼に溜まった膿や粘液を丁寧に取り除き、周囲の被毛の洗浄や殺菌なども行われる場合があります。

目の周囲の被毛が長い場合には、目に被毛が入り込まないように、被毛を短くカットする処置が行われる場合もあります。

治療中は、猫が目を擦ったり、掻いたりしないように、エリザベスカラーを着用させる必要があります。

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア感染症などの猫風邪によって発症した場合には、治療後も体内にウイルスが潜伏し続ける場合があり、体力や免疫力が低下した際に、再発を起こしたり、症状が治まらずに慢性化してしまう場合があります。

猫の結膜炎の予防

猫の結膜炎を予防するには、普段から猫の体や生活環境を清潔に保っておく必要があります。

結膜炎の原因になる事の多い猫風邪を予防するために、予めワクチン接種を行っておく事も大切です。

外出する習慣のある猫は、猫同士の喧嘩や、他の猫が持っているウイルスや寄生虫などがうつってしまい、結膜炎などの眼病を引き起こす可能性が高くなりますので、完全な室内飼育の方が、猫の寿命を長く保つ事にもつながります。

体力や免疫力の弱ってきている老猫は、特に注意が必要です。

目の周囲の被毛が涙でいつも湿っていたり、目ヤニが多く出ていたり、また、猫がまばたきを多く繰り返していたり、目を細めている場合には、何らかの目の病気を疑って、早いうちに動物病院で異常の有無を調べてもらう事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。