猫白血病ウイルス感染症の原因、症状、治療、予防について



猫白血病ウイルス感染症は、猫白血病ウイルス(FeLV:Feline Leukemia Virus)の感染によって起こる病気です。

悪性リンパ腫などの血液系腫瘍や免疫不全を引き起こしたり、ウイルス血症を引き起こして、様々な病気を発症しやすくなるため、重症化すると、命を落とす危険性が生じるようになります。

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症とは、猫白血病ウイルス(FeLV)に感染する事によって引き起こされる感染症です。

猫白血病ウイルスは、感染猫の唾液や血液などの体液中に存在しており、経口感染、経鼻感染などから感染が起こります。

母猫から子猫へと感染が起こる場合もあります。

ウイルスの感染力はそれほど強くはなく、一般的な消毒薬や熱湯消毒によって、ウイルスを容易に死滅させる事ができると言われています。

しかし、猫同士のグルーミングやじゃれ合いなど、密接な接触によって感染が起こる事が多いため、多頭飼育の場合には、1匹の猫が感染すると、他の全ての猫にも感染が広がる可能性が高くなります。

猫白血病ウイルス感染症を発症すると、血液の癌であるリンパ腫を発症するため、癌化した白血球が無秩序に増殖するようになり、全身性の免疫不全を引き起こすようになります。

また、血液を生産している骨髄そのものが癌化し、正常な血球を作る事ができなくなり、白血病を発症する場合もあります。

猫白血病ウイルス感染症の原因

猫白血病ウイルスは、感染猫の唾液、涙、血液、尿、母乳などの体液中に存在しています。

そのため、感染猫との喧嘩によって、傷口に感染猫の唾液や血液が入り込んだり、感染猫とのグルーミングやじゃれ合い、食器や器の共用などから、感染猫の唾液が口や鼻につく事などから感染が起こります。

母猫から子猫へは、胎盤や母乳を通じてうつる場合がありますが、流産や死産となる事も多く見られます。

外出する習慣のある猫は、感染猫との接触機会が増えるため、感染率が高くなると言われています。

猫白血病ウイルス感染症の症状

猫が猫白血病ウイルス感染症にかかると、全身の免疫力が低下するようになるため、傷や病気が治りにくくなります。

感染症にもかかりやすくなるため、慢性的な口内炎、皮膚炎、鼻炎などが見られる事が多くなります。

そして、お腹を壊しやすくなる事も多く、下痢を繰り返すようになったり、食欲が無くなったりして、痩せて元気がなくなっていきます。

発熱が続いたり、体中のリンパ節の腫れが確認できる場合もあります。

このような症状は、数週間から数ヶ月の間続きますが、その後は、自己免疫力により、体内のウイルスを完全に死滅する事ができると、自然に回復に至るようになります。

自己免疫力によって、症状が徐々に治まってきた場合にも、体内のウイルスを完全に死滅させる事ができない場合には、無症状のまま、体内でウイルスが潜伏し続け、他の猫の感染源になる場合があります。

そのようなウイルスキャリアとして、ひどい病変が生じないまま、生涯を終えるケースもあります。

自己免疫力が弱く、ウイルスの増殖をくい止める事ができない場合には、リンパ腫や白血病を発症して、全身性の免疫不全を起こすようになります。

他にも、猫白血病ウイルス感染症の影響で糸球体腎炎を起こして、腎不全を発症する場合もあります。

リンパ腫や白血病の症状が進み、体内で癌化した白血球の数が異常に多くなったり、正常な血球がほとんど作れなくなると、歯茎や舌が白っぽくなったり、貧血を起こしたり、ふらつく事が多くなります。

そのような状態は、病状がかなり進行している可能性があり、早期に死亡する危険性があります。

猫白血病ウイルス感染症の治療

猫白血病ウイルス感染症の治療は、ウイルスに対する治療薬が無いため、猫の体に現れた症状を抑える対症療法が中心に行われます。

感染初期のうちに適切な治療を受け、免疫力の維持を図る事ができれば、高い確率で自然治癒に至ると言われています。

白血球の数が急減している場合には、二次感染を防ぐために、抗生物質の投与が行われ、貧血がひどい場合には、輸血が行われます。

インターフェロン製剤を使用して、猫の免疫力を少しでも高める処置が取られる場合もあります。

病変がかなり進行しており、悪性リンパ腫や白血病を発症している場合には、抗がん剤を使用するなどの化学療法が行われます。

治療中は、体力を維持するための栄養補給や、感染症を防ぐための衛生管理にも注意するようにして、日和見感染の予防に努める事が大切になります。

猫白血病ウイルス感染症の予防

猫白血病ウイルス感染症の予防には、猫白血病ウイルスに対して有効なワクチンがあります。

ワクチン接種を受ける事で、予防率が100%にはなりませんが、高い確率で発症を予防する事ができます。

また、感染猫との接触を避けるため、外出させないようにして、完全な室内飼育に徹する事も大切です。

既に猫を飼っている際に、別の新しい猫(ニューフェイス)を迎え入れる場合には、他の猫に感染を広げないように、新しい猫が猫白血病ウイルスに感染していないかどうかを検査してから迎え入れる事も大切です。

そして、十分や栄養を与えたり、猫が安心して休める環境を作り、普段から猫の免疫力を低下させないように努めておく事も大切な事です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト

猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群、猫免疫不全ウイルス感染症、猫エイズウイルス感染症)の原因、症状、検査、治療



猫エイズとは

猫エイズは、猫が猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染する事によって引き起こされるウイルス感染症で、様々な病気の諸症状を持つ重篤な状態へと進展した病態の事です。

猫免疫不全ウイルス(FIV)が猫の体内に進入すると、免疫機能の中枢である白血球のT細胞の内部に入り込み、T細胞のDNAを破壊しながら増殖を繰り返していきます。

そして、急性期、無症状キャリア期、PGL(持続性全身性リンパ節症)期といったステージを経て、免疫力の低下とともに様々な合併症が発生するようになり、重篤な病態へと進展していきます。

そのような末期の重篤な病態を、エイズ発症期(エイズ関連症候群)と呼ばれています。

猫エイズを発症すると、免疫力がひどく低下した状態になり、免疫機能の不全状態に陥る事から、猫後天性免疫不全症候群とも呼ばれています。

無症状キャリア期が長い場合には、10年近くにも及ぶ事があり、猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染してからエイズを発症しないまま、生涯を終えるケースもあります。

猫免疫不全ウイルス(FIV)は、人間が感染するヒト免疫不全ウイルス(HIV)の性質とも似ていますが、遺伝子レベルでは異なっており、人間をはじめ、猫科以外の動物にうつる事はありません。

猫エイズの原因

猫エイズの感染は、猫同士の喧嘩や交尾によって、感染猫の持つ体液が接触する事によって起こります。

猫免疫不全ウイルス(FIV)は、感染猫の血液、唾液、乳汁、精液などの体液に含まれていますが、感染力がとても弱く、猫同士のグルーミング(舐め合い)、交尾、出産、授乳などから感染する事はほとんどないと言われています。

感染に至る猫のほとんどは、猫同士の喧嘩と言われており、咬み傷に猫免疫不全ウイルス(FIV)を含んだ唾液が入り込む事によって体内に猫免疫不全ウイルス(FIV)が進入し、感染に至ると言われています。

他に、子宮内感染や経乳汁感染が起こる事はほとんどありませんが、稀に、交尾の際に、オス猫がメス猫の首元を咬む事によって、感染が起こる場合があると言われています。

猫エイズの症状

猫が猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染すると、急性期、無症状キャリア期、PGL(持続性全身性リンパ節症)期といったステージを経て、エイズ発症期(エイズ関連症候群)を迎えるようになります。

急性期

猫が猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染すると、最初に急性期と呼ばれる症状が現れるようになります。

主な症状は、嘔吐、発熱、リンパ節の腫れなどが見られ、くしゃみや鼻水などの猫風邪のような症状を見せる場合もあります。

中には、全く症状を見せないケースもあります。

このような症状は、1ヶ月~1年ほど続きます。

無症状キャリア期

猫が猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染し、急性期を過ぎると、猫免疫不全ウイルス(FIV)の増殖と体内の免疫力との均衡が保たれた状態になり、急性期の症状が治まり、あたかも病気が治ったかのようになります。

しかし、体内のリンパ球の一種であるT細胞に潜んだ猫免疫不全ウイルス(FIV)は、密やかに増殖を続けながら、T細胞の破壊を続けていきます。

そして、体内のT細胞の数を減らしながら、猫の免疫力を少しずつ低下させていきます。

このような状態は、4~5年ほど続き、長い場合には10年以上続く事があります。

PGL(持続性全身性リンパ節症)期

猫が猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染後、無症状キャリア期を過ぎると、全身のリンパ節の肥大(腫脹)が見られるようになります。

猫免疫不全ウイルス(FIV)の増殖と体内の免疫力との均衡が崩れた状態で、猫免疫不全ウイルス(FIV)の増殖が異常に進み、免疫機能による抵抗性を失いはじめた状態です。

このような症状は、2~4ヶ月と短く、外観からの判別は難しいため、見逃される事も多い症状です。

エイズ発症期(エイズ関連症候群)

猫が猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染し、末期の状態にまで至ると、重篤な全身性の免疫不全状態に陥ります。

この時期になると、多くの猫にはひどい口内炎が現れたり、鼻炎が起こり、それがなかなか治らなくなります。

そして、下痢、嘔吐、発熱、貧血、衰弱、体重減少などが見られるようになります。

そのような重篤な状態に陥ると、エイズの発症という判定が行われます。

全身性の免疫不全により、病状の進行とともに、通常であれば感染しない弱毒性の細菌やウイルスにも体が侵されていき、悪性腫瘍も発生しやすくなっていきます。

また、呼吸器疾患、消化器疾患といった様々な病気を引き起こすようになり、数年に渡って少しずつ衰弱しながら、死亡に至る事になります。

猫エイズの検査、治療

猫エイズの検査は、猫免疫不全ウイルス(FIV)が白血球のT細胞に潜伏する性質がある事から、採血を行う事で簡単に感染の有無を調べる事ができます。

猫エイズの治療は、猫免疫不全ウイルス(FIV)に対する特効薬がないために、現れた症状に対する対症療法が中心になります。

口内炎がひどく、ご飯を食べられない場合には、流動食などを与えて、栄養補給を行う事で体力がつき、貧血が改善する場合があります。

貧血がひどい場合には、輸血が行われる事もあります。

細菌や真菌による感染症に対しては、抗生物質や抗真菌薬の投与が行われます。

免疫力の維持を図るために、インターフェロン製剤の投与が行われる場合もあります。

療養中は、猫にストレスを与えないようにしたり、体の保温や栄養補給にも配慮して、体力や免疫力の低下を防ぐ事が大切になります。

猫エイズの予防

猫エイズを予防するには、猫免疫不全ウイルス(FIV)の感染機会を作らないように、完全な室内飼育を徹底する事が大切になります。

多頭飼育を行う場合には、新しい猫を受け入れる前に、猫免疫不全ウイルス(FIV)の感染の有無を検査するようにして、他の猫へと感染を広げないように努める事が大切です。

また、既に感染が確認できている場合においても、他の猫への感染源となり、猫エイズを広げてしまう可能性がありますので、猫エイズを撲滅するためにも、猫を外出させないように努める必要があります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫風邪、猫インフルエンザ(猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア感染症)



いつもは元気いっぱいの猫が、ある時から咳やくしゃみを繰り返すようになったり、活発さが無くなったり、食欲が低下してきた場合には、猫風邪と呼ばれる上部気道感染症にかかっている可能性があります。

猫風邪と呼ばれる上部気道感染症には、猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス)猫カリシウイルス感染症(猫カリシウイルス)猫クラミジア感染症(猫クラミジア)の3種類があると言われています。



猫ウイルス性鼻気管炎

猫ウイルス性鼻気管炎は、猫伝染性鼻気管炎とも言われているウイルス感染症です。

猫カリシウイルス感染症を併発した場合には、ウイルス性呼吸器感染症と呼んだり、猫インフルエンザと称して呼ぶ場合もあります。

猫ウイルス性鼻気管炎の原因

猫ウイルス性鼻気管炎は、猫ヘルペスウイルスに感染する事によって引き起こされる病気です。

既に感染している猫がくしゃみをするなどして、その鼻水やよだれが未感染の猫の目や鼻、口などの粘膜に付いてしまったり、猫同士のグルーミングから、ウイルスの付いた目ヤニや被毛を口にする事によって感染が起こる場合もあります。

また、食器やブラシ、ケージやトイレを介してや、飼い主が感染猫に触れた際の手や衣服を介してなど、間接的に感染が起こる場合もあります。

猫ウイルス性鼻気管炎は、一度発症すると、症状が治まった後も、体内にウイルスを保持したままのウイルスキャリアとなる事が多く、現在は風邪のような症状が出ていない猫であっても、過去に感染歴がある場合には、その猫を介して感染が広がってしまう場合があります。

猫ウイルス性鼻気管炎は、強い感染力を持つウイルスと言われており、空気感染(飛沫感染)によって感染が起こる事が多く、また、感染猫の排泄物にもウイルスが含まれている事から、屋外で猫がよく集まる場所の周辺にはウイルスが存在している可能性が高く、また、その場所に集まる猫の多くもウイルスキャリアの可能性が高いと言えます。

猫ウイルス性鼻気管炎の症状

猫ウイルス性鼻気管炎にかかった猫は、咳やくしゃみが多くなったり、発熱が起こり、食欲不振を起こすなど、人の風邪のような症状を見せるようになります。

また、猫ヘルペスウイルスが涼しい場所を好む性質から、外気に触れて体温が低くなる目、鼻、口などに病変が現れるようになります。

目は、結膜炎や角膜炎を起こしたり、目やまぶたの充血、涙や目ヤニの増加などが見られる場合があります。

鼻からは、鼻水が多く出るようになったり、ヘルペス性皮膚炎が見られるようになる場合があります。

口には、口内炎ができたり、その痛みからよだれを垂らすようになったり、口の周りがよだれで汚れている事が多くなる場合があります。

体力の弱い子猫や老猫が発症すると、重症化する場合があり、衰弱したり脱水を起こしてしまい、命を落とす危険性が生じる場合もあります。

猫ウイルス性鼻気管炎の治療

猫ウイルス性鼻気管炎の治療は、その原因である猫ヘルペスウイルスに対する特効薬はありませんので、その病気の症状を緩和する対症療法が中心となります。

それには、猫の目ヤニや鼻水、よだれなどの汚れをこまめに拭き取る事で呼吸を楽にしたり、免疫力を高め、体力をつけるために、体の保温をして安静に保ち、栄養補給や水分補給なども行われます。

脱水を防ぐために、水分補給にも注意する必要があります。

また、猫の免疫力を高めて、ウイルスの増殖を抑えるために、インターフェロン製剤が用いられたり、体力が低下しているために、他の細菌による二次感染の予防に、抗生物質が用いられるなど、薬物治療が行われる場合があります。

症状が治まってきたために、治療を途中で中断してしまうと、慢性的な鼻炎や副鼻腔炎になる場合があります。

また、猫が全快した後も、猫の体内ではウイルスを保持したままになる場合も多く、体力が弱った時など、体の抵抗力が低下した際に、再発を起こす場合があります。

猫ウイルス性鼻気管炎の予防

猫ウイルス性鼻気管炎は、事前にワクチン接種を行っておく事で、100%ではありませんが、高い確率で発症を未然に防ぐ事ができます。

猫を動物病院に連れて行った場合には、猫の体や、ケージやキャリーバッグも丁寧に消毒したり、飼い主も手洗いをしっかり行い、靴や衣服を介して感染が起こらないように注意する必要があります。

野良猫など、ウイルスに感染している可能性のある猫には、極力近づかないようにしたり、手を触れないようにする事も大切です。



猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症は、猫カリシウイルスに感染する事によって引き起こされる病気です。

猫ウイルス性鼻気管炎(猫伝染性鼻気管炎)との混合感染を起こす事も多く、ウイルス性呼吸器感染症と呼ばれたり、猫インフルエンザと称して呼ばれる場合もあります。

猫カリシウイルス感染症の原因

猫カリシウイルス感染症は、猫カリシウイルスに感染している猫がくしゃみをするなどして、その唾液や鼻水が未感染の猫に付き、ウイルスが体内へと入り込む事によって感染が起こります。

また、感染猫の排泄物にもウイルスは含まれているため、その排泄物が、未感染の猫の体に付着した後のグルーミングよって感染が起こる場合もあります。

そして、猫同士のグルーミングによって感染が起こるケースもあります。

猫カリシウイルスは感染力が非常に強いため、感染猫を触った人間の手や衣服を介してや、ご飯の食器や飲み水のボウルを介してなど、間接的に感染が起こる場合もあります。

猫カリシウイルス感染症を一度でも発症した猫は、体内のウイルスを完全に死滅させる事ができないまま、無症状のままウイルスを保有した状態になる事も多く、特に病変が現れていない猫であっても、その猫が感染源となってしまう場合があります。

猫カリシウイルス感染症の症状

猫カリシウイルス感染症にかかった猫は、咳やくしゃみをする事が多くなったり、鼻水や唾液を垂らすようになります。

また、発熱が起こったり、食欲低下や元気消失など、人の風邪のような症状が見られるようになります。

舌や口腔内に潰瘍ができる事が多く、口内炎や舌炎が発生しやすい特徴があります。

猫ヘルペスウイルスの感染によって起こる猫ウイルス性鼻気管炎とも、症状がかなり似ている事から、その判別が難しい場合があります。

体力や抵抗力の弱い子猫や老猫は、容態が重症化しやすく、肺炎を起こしたり、ウイルス血症を起こして命を落としてしまう事もあります。

猫カリシウイルス感染症の治療

猫カリシウイルス感染症の治療は、症状が悪化して、肺炎を起こすなどしてひどくなると、回復に時間がかかったり、命を落とす危険性が高まるために、早期の処置が必要になります。

しかし、病変を引き起こしている原因である猫カリシウイルスそのものを死滅させる特効薬はありませんので、点眼剤や点鼻剤を使用するなどして、病気の諸症状を抑えながら、自力での回復を待つ対症療法が中心となります。

口内炎や舌炎があり、口の中の痛みによってご飯を食べられない場合には、シリンジや食道チューブによる流動食の強制給餌が必要になります。

また、猫の体力をつけ、免疫力を高めるために、体の保温や点滴による栄養補給が行われたり、インターフェロン製剤による免疫機能補助療法が行われる場合もあります。

脱水を防ぐために、水分補給にも注意が必要になります。

他の細菌による二次感染を予防するために、抗生物質の投与が行われる場合もあります。

猫エイズウイルスや猫白血病ウイルスなど、免疫力をひどく低下させてしまうウイルス感染症にかかっている場合には、重症化しやすく、回復が難しくなる場合もあります。

適切な治療を受け、猫の症状が治まり、全快した後も、体内の猫カリシウイルスを完全に排除しきれないまま、ウイルスキャリアとなってしまう事も多く、他の猫への感染源になったり、体力や免疫力が低下した際に再発してしまう場合があります。

猫カリシウイルス感染症の予防

猫カリシウイルス感染症は、ワクチンを受けておく事で、100%ではありませんが、高い確率で発症を未然に防ぐ事が可能になります。

猫カリシウイルスは、非常に感染力が強く、感染猫の周囲の空気に乗って空気感染(飛沫感染)が起こるため、人を介した感染が起こらないように、感染している可能性のある野良猫には近づかないようにして、他の猫も、たとえ毛並みが美しく健康そうに見えていても、触らないように注意する必要があります。

動物病院の定期健診で、お出かけした場合には、ケージやキャリーバッグを消毒したり、猫の体の除菌も行っておくようにして、飼い主も手洗いや着替えを行うなど、入念な感染予防に努める事が大切です。



猫クラミジア感染症

猫クラミジア感染症は、猫クラミジアという細菌とウイルスの中間的な性質を持つ病原体に、感染する事によって起こる病気です。

稀に人にもうつる場合があり、感染猫の目ヤニや鼻水、排泄物を人が触り、その後に目をこするなどして、結膜炎を起こす場合がある事から、人獣共通感染症(ズーノーシス)とされています。

猫クラミジア感染症の原因

猫クラミジア感染症は、感染猫との直接的な接触によって病原体の感染が起こるケースが大半ですが、感染猫の目ヤニや鼻水、排泄物などに存在している病原体が、未感染猫の目や鼻、口などから体内へと入り込む事によって感染に至る場合もあります。

そのため、完全な室内飼育の場合には、感染猫との接点がなく、発症する事はほとんど無いと言われています。

過去に発病した事がある猫は、治療後も体内に病原体を保有する無症候性キャリア(保菌状態)となる場合があり、母猫から子猫へと母子感染(垂直感染)が起こる場合があります。

外出する習慣のある猫は、感染猫やその排泄物に接触する機会が多くなるため、感染が起こりやすくなります。

また、感染猫が使用した食器、トイレ、ブラシなどを介して間接的にうつる場合もあります。

猫クラミジア感染症の症状

猫クラミジア感染症の病変は、目や鼻に現れる事が多く、化膿性の結膜炎や鼻炎を起こすようになります。

そのため、粘度の高い目ヤニや鼻水が出るようになり、咳やくしゃみを繰り返したり、発熱が起こり、元気がなくなるなど、人の風邪に近い症状が見られるようになります。

下痢や嘔吐を繰り返したり、胃液や胆汁だけを吐くようになる場合もあります。

感染が気道にまで及ぶと、気管支炎や肺炎など起こして、重篤な状態に陥る場合もあり、体力や抵抗力の弱い子猫や老猫は、ひどくなりやすい傾向にあります。

また、猫クラミジア感染症にかかる事で、他の細菌やウイルスの感染症にもかかりやすくなる場合があります。

適切な治療を受ける事によって、結膜炎や鼻炎などの目や鼻の症状がすっきりと治まる場合もありますが、体内の病原体を完全に死滅させる事ができず、キャリア化すると、それらの病変が慢性化する事が多くなります。

猫クラミジア感染症の治療

猫クラミジア感染症は、その原因である猫クラミジアに対して有効な抗生物質がありますので、点眼薬や点鼻薬、経口薬の投与による薬物治療が行われます。

症状が重い場合には、輸液(点滴)による栄養補給や水分補給が行われたり、インターフェロン製剤によって免疫力を高める処置が行われる場合があります。

治療後も、体内の病原体を完全に死滅させる事ができず、無症候性キャリア(保菌状態)となり、他の猫への感染源になったり、体力や免疫力が低下した際に再発してしまう場合があります。

猫クラミジア感染症の予防

猫クラミジア感染症には、ワクチンがあり、事前に接種しておく事で、100%ではありませんが、発症を未然に予防する事ができたり、発症した際の症状を軽くできる場合があります。

外出する習慣のある猫は、屋外の感染猫との接触を避けるため、外出させないようにする事も大切です。

また、人を介して感染が起こる場合もありますので、野良猫への接触は控えるようにして、他の猫を触った手で飼い猫を触らないように注意する事も重要です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。