犬のマラセチア性外耳炎について



犬が何度も自分の耳を引っ掻いたり、耳を床や壁にこすり付けたり、時には頭を振る事を繰り返すなどして、しきりに耳を痒がっている場合には、外耳炎をはじめ、耳の中に何らかの異常が生じている可能性があります。

犬のマラセチア性外耳炎

犬の外耳炎は、耳の中の外耳道に炎症が起こる病気で、外耳道炎と呼ばれる場合もあります。

その原因には、耳の中の汚れ、細菌感染、耳ダニ(ミミヒゼンダニ)の感染、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎など、様々な事が挙げられます。

その中でも、マラセチア菌(マラセチア酵母様真菌)によって引き起こされる外耳炎は、マラセチア性外耳炎と呼ばれています。

犬のマラセチア性外耳炎の原因

犬がかかる外耳炎のうち、70~80%は、マラセチア菌によって引き起こされるマラセチア性外耳炎と言われており、外耳炎の原因としては、かなり高い割合を占めています。

マラセチア菌は、細胞分裂を行う酵母菌の特性と、菌糸を出す糸状菌の特性を合わせ持つカビの仲間で、酵母様真菌と呼ばれています。

犬の皮膚や粘膜にもともと存在している常在菌で、皮脂などの分泌物を栄養源にしながら、活発に繁殖する性質があります。

垂れ耳の犬で、耳の中の通気性が悪くなっていたり、外耳道に分泌物や垢などの老廃物が多く溜まっている場合には、活発に繁殖して、外耳道の粘膜に炎症を起こすようになります。

そのため、皮脂の分泌量が過剰な脂漏性皮膚炎(脂漏症)の犬は、外耳炎を併発する事も多い傾向にあります。

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などで、皮膚が弱い場合や痒みが生じやすい場合には、耳の周囲をしきりに足で引っ掻いて、外耳道を傷つけてしまい、マラセチア菌の感染が起こりやすくなる場合もあります。

また、マラセチア菌の菌体そのものに対してアレルギーを示す場合もあり、そのようなケースは、マラセチアアレルギーと呼ばれています。

犬のマラセチア性外耳炎の症状

犬がマラセチア性外耳炎にかかると、耳の中から強い痒みが生じるようになるため、耳の周囲を足で何度も引っ掻いたり、耳を床や壁にこすり付けるなどして、しきりに痒がる仕草を見せるようになります。

また、頭を何度も振るようになる事もあり、その影響で、耳介の内部の血管が切れてしまい、耳血腫を併発してしまう場合もあります。

犬の耳の中からは、黒や茶褐色をした粘度のある耳垢が多く溜まるようになり、不快な発酵臭が生じるようになります。

犬がしつこく耳を引っ掻くなどして、耳の中の外耳道が傷ついてしまったり、細菌や耳ダニによる二次感染が起こるなどして、粘膜の腫れがひどくなると、外耳道が狭くなったり、塞がってしまう場合もあります。

外耳道の腫れがひどくなり、痛みが生じるようになると、飼い主に触られるのを嫌がるようになる場合もあります。

そして、さらに炎症が耳の奥の方にも及んでしまうと、中耳炎や内耳炎を併発して、聴力にも異常が生じて、音への反応が鈍くなったり、平衡感覚が保てなくなり、ふらついたり、よろける事が多くなってしまう場合があります。

犬のマラセチア性外耳炎の治療

犬のマラセチア性外耳炎の治療は、耳の中の掃除や洗浄が行われ、耳の中に溜まった耳垢もきれいに取り除く処置が行われます。

そして、主に抗真菌剤の点耳薬を使用して、耳の中のマラセチア菌の過剰繁殖をコントロールする治療が行われます。

耳の中から毛が多く生えており、通気性が悪い場合には、耳の中の毛を抜き取る場合もあります。

細菌や耳ダニによる二次感染が起きていたり、アレルギーなどの体質が影響している場合には、その治療も同時に行われます。

犬のマラセチア性外耳炎の予防

垂れ耳の犬は、普段から耳の中の通気性が悪いため、再発を繰り返してしまう場合がありますので、治療後も、定期的に耳の中の掃除や殺菌などのお手入れを行ったり、耳の中から不快な臭いが生じていないか、スキンシップのたびに確認しておく必要があります。

雨の日の散歩の後や、シャンプーの後は、耳の中に湿気が多く残ったままにならないように、耳の中の水分もしっかりと拭き取ってあげる事も大切です。

皮脂の分泌量が多く、体がベトついている脂漏体質の犬は、このようなマラセチア菌が繁殖しやすいため、耳の中の他のも、他の皮膚に異常がないかどうかも、定期的にチェックしておく必要があります。

そのような脂漏体質やアレルギー体質の改善のために、低脂肪のドッグフードやアレルギー対策用のドッグフードに変更したり、ドッグフードの鮮度にも注意して、脂肪分の酸化(劣化)を防ぐ事も、犬の体質によっては有効な場合があります。

そして、免疫力(抵抗力)を低下させないように、食べ過ぎ(肥満)にも十分注意して、適度な運動量とスキンシップの時間を取るようにして、犬がストレスを溜めないように配慮する事も大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬の耳の病気、耳血腫(耳介血腫)について



犬の耳血腫(じけつしゅ)

犬の耳血腫とは、耳の組織のうち、頭の外側に飛び出している耳介と呼ばれる組織内で内出血が起こり、耳介の内部に血液が溜まって腫れたような状態になる病気です。

耳介に血だまり(血腫)ができる事から、耳介血腫(じかいけっしゅ)と呼ばれる場合もあります。

人間では、柔道の選手が耳に繰り返し摩擦を受ける事や、強い外圧が加わる事で、耳介が腫れ上がったようになったり、つぶれたような状態になるのと同様に、犬も耳介に強い摩擦や外圧が加わる事で、耳介の内部に血液が溜まり、耳介が大きく腫れ上がってしまう場合があります。

犬の耳介には、遠くの物音を聞き取りやすくする集音機能や、体温を下げる放熱機能、感情表現を行うコミュニケーション機能など、様々な役割があり、人よりも血管や神経が発達しているため、耳血腫が起こりやすいと言われています。

犬の耳血腫の原因

犬の耳血腫は、細菌や真菌による感染症、耳ダニなどの寄生虫感染、外耳道に生じたポリープや腫瘍など、耳の病気によって引き起こされる事が多いと言われています。

また、そのような耳の病気の他にも、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患によって、耳の周囲から強い痒みや違和感が生じているために、犬が自分の耳介を何度も爪を立てて引っ掻いたり、床や壁にこすりつける事を繰り返すなどして、耳介の皮膚や軟骨の組織が傷ついてしまい、耳血腫を発症するようになる場合もあります。

犬の慢性的な外耳炎も、このような耳介に内出血が起こる事が多く、そのような耳介の内部の出血が何度も繰り返されたり、慢性的な出血によって、耳血腫を発症する場合があります。

また、犬が耳介を爪で引っ掻くだけでなく、頭を激しく振るなどして、耳介内の組織や毛細血管に損傷が起こると、耳介内で内出血が起こってしまい、耳介内に血液が溜まるようになり、耳血腫を引き起こす場合があります。

このように、犬が頭を激しく振る行為は、耳の長い犬種や耳の大きな犬種ほど、遠心力によって耳介に大きな力が加わるようになるため、耳血腫を発症しやすくなります。

そのため、ビーグル、バセットハウンド、ミニチュアダックスフンド、トイプードル、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、キャバリアキングチャールズスパニエル、アメリカンコッカースパニエル、イングリッシュコッカースパニエルなどの犬種は、耳血腫が起こりやすいと言われています。

また、耳血腫は自己免疫疾患や血液の異常などからも、発症に至る場合があります。

犬の耳血腫の症状

犬が耳血腫にかかると、最初のうちは、耳介から軽微な違和感が生じるようになるため、犬が耳介を気にして、しきりに引っ掻いたり、頭を振るなどの行為を繰り返すようになります。

症状が軽い場合には、耳介内の出血が自然に治まり、耳介内に溜まった血液も自然に吸収されて治まる場合もあるのですが、耳血腫にかかった犬の多くは、耳介の違和感を我慢できずに、犬自身で耳介内の組織を掻き壊したり、頭を振るなどしてしまうため、症状を悪化させてしまう事が多いと言われています。

そのようなにして、耳血腫をますます悪化させてしまうと、さらに耳介内の内出血がひどくなり、犬の耳介が大きく膨らんだように腫れ上がるようになっていきます。

そして、痒みや痛みが生じるようになったり、時には熱を持つようになる場合もあります。

耳血腫がひどくなると、犬が耳介から感じる不快感が強くなるため、飼い主に触られるのを嫌がるようになる場合があります。

犬の耳血腫の治療

犬の耳血腫の治療は、症状が軽く、耳介の血だまり(血腫)が小さい場合には、血だまりのできている箇所に注射針を刺し、溜まった血を抜き取る方法が取られます。

内出血が、耳介の広い範囲に及んでいる場合には、耳介の切開が必要になり、切開した箇所の縫合や、包帯による圧迫が必要になります。

そして、細菌による二次感染を予防するために、抗生剤の投与や、炎症を抑えるために、ステロイド剤の投与が行われる場合もあります。

病院で適切な治療を受けた後も、犬が頭を強く振るなどして、再発を起こしてしまう場合があり、また、治療後も耳の形が変形して、元には戻らなくなる場合もあります。

犬の耳血腫は、治療を受けずに放置していても、自然に治まっていく場合がありますが、長期間、耳介内に血腫ができる事によって、耳の軟骨の変形や萎縮、組織の壊死を起こしてしまう場合があります。

また、長期間の痛みや痒みが強いストレスとなって、元気が無くなったり、体調を崩してしまう場合がありますので、犬の年齢や症状に応じて、対処方法を検討する必要があります。

犬の耳血腫は、未然に防止する事が難しいと言われていますが、外耳炎などの耳の病気を予防するために、普段から耳の中の汚れや臭いにも注意しておいたり、耳の周囲を清潔に保つように努めておく事が大切です。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬の外耳炎の原因、症状、予防方法について



犬がしきりに耳を引っ掻いたり、頭をよく振ったり、傾けて歩くなどしている場合には、犬が外耳炎にかかっている可能性があります。

そのような場合には、犬の耳の中を確認して、不快臭が生じていないか、耳垢が溜まっていないか、粘膜が赤く腫れていないか、などをチェックしてみる必要があります。

犬の外耳炎の大半は、カビの仲間であるマラセチア酵母様真菌によって引き起こされると言われています。

マラセチア酵母様真菌は、皮脂を栄養源にしながら活発に繁殖する性質があるため、脂漏症(脂漏性皮膚炎)などの皮膚炎を患っている犬は、耳の中にも感染が及ぶ事によって、外耳炎を併発する場合があります。

また、シーズー、マルチーズ、ミニチュア・ダックスフンド、トイ・プードル、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、パグ、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバーなどの垂れ耳の犬は、普段から耳の中の通気性が悪いため、マラセチア酵母様真菌などの雑菌が繁殖しやすく、また汚れも溜まりやすいため、外耳炎を発症しやすい傾向にあります。

アトピー性皮膚炎や接触性アレルギーなどのアレルギー疾患によって、外耳炎が引き起こされる場合もあります。

また、耳の中に寄生するミミヒゼンダニ(耳ダニ)によって、粘膜が傷付けられた事によって痒みが生じていたり、その排泄物や死骸によって粘膜に炎症が生じている場合もあります。

時には、犬の耳掃除をほとんど行っておらず、耳の中の分泌物や耳垢が大量に溜まったままの状態になっており、このような細菌感染や寄生虫感染が生じやすくなる場合もあります。

そのため、犬の耳の中の状態は定期的に確認するようにして、定期的に耳掃除を行ってあげる必要があります。

それでも、耳の中の粘膜を強く擦ったり、耳垢を外耳道の奥に押し込んでしまうと、かえって外耳炎を発症しやすくしてしまいますので、慎重に行う必要があります。

犬の体をシャンプーで洗浄した後には、耳の中にシャンプーの溶液や水分が残ったままにならないように、耳の中を優しく拭き取るように心がける事も大切です。

特に垂れ耳の犬や、耳の中の毛が多い犬は、耳の中の通気性が悪く、外耳炎を発症しやすいために、十分注意が必要です。

犬が外耳炎になると、耳の中の粘膜が赤く変色していたり、時には大きく腫れ上がり、外耳道が狭くなったり、塞がってしまう場合があります。

また、臭いが強く粘度の高い耳垢が多く溜まるようになり、耳の中からは強い不快臭が生じるようになる事もあります。

気温や湿度が高くなる夏場になると、発症する犬が多くなりますが、垂れ耳の犬や耳の中の毛が多く、耳の中の通気性が悪い場合には、何度も再発を繰り返したり、慢性化して年中に渡って症状が持続してしまう事も多く、とても厄介な病気と言われています。

また、外耳炎は、ひどくなると中耳炎や内耳炎を併発してしまい、鼓膜に損傷が起こり、聴力が著しく低下してしまったり、常に顔を傾けるなどして平衡感覚を失ってしまう場合もあるため、早期の治療が必要になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト