猫の問題行動は、生活環境のストレスの影響か?

猫は、一度外出する習慣が身に付くと、定期的に自分のテリトリーを見回ったり、テリトリー内に自分のニオイを付ける必要性が生じるようになり、他のノラ猫とのケンカや伝染病の感染、交通事故に合うといった様々なリスクがつきまとうようになる。

そのため、猫の飼育は、完全な室内飼育に徹する事が好ましいとされている。

猫は一度も外出する習慣が無い場合には、室内の生活スペースを自分のテリトリーとして、平和にのんびりと過ごす事ができ、また飼い主にとっても、愛猫の健康状態を定期的に観察しながら、コミュニケーションを濃密に取る事ができるなど、数多くのメリットが生まれる。

そんな中、最近では、猫が過ごしやすいようにと、猫の行動や習性に配慮した室内リフォームが行われる事も多くなり、そのような提案をしてくれるリフォーム会社や建築事務所は、愛猫家の間で注目を集めている。

猫は元来、単独行動を好む性質があるため、集団行動を好む犬に比べると、自分の身は自分で守るしかないため、非常に警戒心が強く、自分が寝床とする場所も、薄暗い岩陰の隙間などの暗所や、木の枝などの高所など、外敵に襲われるリスクの少ない場所を選ぶ傾向にある。

猫は平均的に、自分の体高の5倍はジャンプする事ができると言われており、体高30~40cm前後の猫は、150cm程の高さであれば楽に飛べる事になる。

身体能力も非常に高く、高所での生活を苦にする事は無く、また、万が一落下しても、猫の三半規管は非常に優れているため、落下直後に素早く体を回転させ、足で自然な着地を行う事ができる。

そのような事から、猫の飼育スペースは、広さよりも高さが必要と言われており、猫が身を隠せる場所も複数箇所用意しておく事が好ましいとされている。

そのような点に配慮した猫優先のリフォーム依頼は年々増加しており、実際にリフォームを行った事例においては、猫が過ごす上での快適性が高まったためなのか、トイレを失敗したり、家具で爪を研ぐといった問題行動が全く無くなったケースも多いそうだ。

猫は人間以上に、快適な住まい環境に対しては敏感なのかもしれない。


光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

背中に伝説の聖剣エクスカリバーを持つ猫が話題に

海外のインターネット掲示板に投稿された猫が、とても偉大で聖なる猫だと、話題を集めている。

それは、その猫が背中に、伝説の聖剣エクスカリバーを持っているからだ。

エクスカリバーは、魔法の力が宿るとされている伝説の剣で、ヨーロッパでは古くから伝わるケルト神話においては、アーサー王家の血筋を引く者で、神から認められた者だけが、それを手にする事ができるとされている。

その幻とも言われる剣は、実在したかどうかも危ぶまれていたが、その剣を持つ猫がインターネットで紹介され、「ずっとここにあったのか?」「エクスカリニャー?」「この猫は魔王では?」といった驚きの声が世界中で沸き起こっている。

また、この猫の頭には、ヤギの頭蓋骨がある事も分かり、悪魔崇拝やサタン信仰の現れでは?という憶測の意見なども飛び交っている。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

まるでわたあめのような、モフモフボディーの猫が世界中で話題に

猫と言えば、モフモフの被毛が愛らしい特徴の一つに挙げられますが、そのモフモフ感が特に際立った猫がInstagramで紹介され、インターネットを中心に、世界中で話題を集めている。

その猫は、タイ王国のボネボネという名前の猫で、顎下にはライオンのようなのフサフサの被毛を生やし、体はムチムチしており、その体の周囲には、まるでわたあめのようなフワフワの被毛をたくわえているなど、どこをとっても愛らしい容姿をしている。

このボネボネは、飼い主と一緒にお出かけするのも大好きで、行く先々で出会った人ともフレンドリーに接する事ができるため、多くの人々にモフモフされ、一緒に写真を撮るなどして可愛がられているそうだ。

シャワーを浴びると、そのモフモフ感がなくなり、スリムなボディーに変わる点もおもしろい。

現在、ボネボネを紹介するInstagramのアカウントのフォローワー数は、83万人を超えており、世界中で注目を集めているが、タイ王国の国内でも一躍有名になり、国民的なスター猫として人気を集めているそうだ。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

猫は食べ物、おもちゃ、においよりも、人間を好む事が判明

昔から「犬は人につき 猫は家につく」と言われており、犬は人(飼い主)に好意を抱き、猫は家(住処)に愛着を持つと考えられている。

すなわち、猫は人をそれほど好きになる事はないという事が、長い間信じられてきたが、そのようなイメージが覆される研究結果が発表された。

その実験を行ったのは、クリスティン・ビターレ・シュリーブ氏率いる、オレゴン州立大学の研究チームだ。

実験では、猫に食べ物、おもちゃ、におい、人間の4種類の刺激を与え、その中から、どれを好んで選ぶのか、という事を検証した。

実験では、猫が最も好む刺激を判断するために、猫をそれぞれ1匹ずつ隔離した上で、食べ物(鶏肉、マグロ、猫用おやつ)、おもちゃ(羽根、ネズミのおもちゃ、針金の先に厚紙のおもちゃがついた「キャットダンサー」)、におい(アレチネズミのにおい、西洋マタタビと呼ばれるイヌハッカのにおい、ほかの猫のにおい)、人間(赤ちゃん言葉で話しかける、撫でる、羽根がついたおもちゃで一緒に遊ぶ)と、さらに細分化した3つの刺激を用意して、どの刺激にどのくらいの時間を過ごすかを細かく記録した。

その後、4種類の刺激の中から、猫が最も好んだ刺激を1つずつ選び、その4つを猫に同時に与えた。

そして、その際に猫が何を選ぶかで、猫の好みが何なのかを判断した。

実験に参加した猫は55匹いたが、そのうち実験をこなせたのは38匹だけだったが、そのうちのちょうど半数の19匹が、ほとんどの時間を人間と過ごしたという結果になった。

次いで、14匹の猫が食べ物を選び、おもちゃを選んだのは4匹、においを選んだのは、わずかに1匹だけだった。

この結果を踏まえ、研究者らは「猫の多くは、社交的な関わりよりも孤独を好むと考えられていたが、本実験データは異なる結果を示している」と述べた。

ただし、今回の実験はサンプル数が少なく、大規模なものではなかった事や、また、どの人間にどう反応するかは、猫によって異なる可能性が注意点としてあるとしている。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

青森県三戸町の三戸大神宮が、三毛猫をモチーフにしたキャラクター名を公募

青森県三戸町にある三戸大神宮は、同神社をPRするキャラクターを新たに作り、その名前の募集を開始した。

禰宜(ねぎ)の山崎貴行さんは、「このキャラで、神社がより親しめる場になれば。子どもから高齢者まで、幅広く愛されるキャラになるような名称を付けてほしい」と話している。

キャラクターは、神社につかえる「巫女(みこ)」と、同町出身の漫画家・絵本作家の馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」にちなんで、「巫女」と「猫」が組み合わさった、かわいらしいデザインになっている。

そのデザインは、八戸市の三社大祭山車絵師で「山車づくり名人」として知られている夏坂和良さんが手がけたものだ。

夏坂さんによると、このキャラクターはメスの三毛猫で、額や耳などに福を授けるハートマークが七つあるという。

恋愛成就と幸せを招くのが得意で、三戸町の「三」にちなんで三つの願いをかなえてくれるそうだ。

このキャラクターが願い事をかなえる時には、額のハートが金色に輝くという設定になっている。

夏坂さんは、「キャラの名称募集で、三戸大神宮をより広く知ってもらえる。キャラが定着し、ゆくゆくは全国にも知れ渡るようになればうれしい」と話している。

名前の決定後、夏坂さんがキャラクターの人形を作り、5月頃をめどに神社拝殿に展示する予定だ。

応募は住所、名前、年齢、電話番号などの連絡先を明記し、メール(shinmei-kun■rose.ocn.ne.jp、■を@に変更)か、三戸大神宮(〒039-0134、三戸町同心町諏訪内43)宛てのハガキで受け付けている。

名前の募集は3月末まで。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト