リアルすぎるが犬ゼリーが、本物みたいで恐ろしいと話題に

微笑みの国、タイ王国で、思わず背筋がゾクっとするような、リアルすぎる造形の犬ゼリーがFacebookで紹介され、それがあまりにも本物のように見え、犬好きにはとても食べられないと、大きな話題になっている。

その犬ゼリーは、タイのスイーツショップ「Wilaiwan」が販売しているもので、寒天にココナッツミルクを混ぜて煮込んだシンプルなもので、名前は「woon」と呼ばれている。

値段は25バーツ(約80円)と、リーズナブルでお手頃な設定になっている。

一見普通のゼリーのようだが、大反響を巻き起こしたそのポイントは、そのゼリーのビジュアルで、ブルドッグの容姿がこまかなシワなども完璧に再現されており、その精巧なまでの造形が、まるで子犬を口に運ぶように思えてしまい、とても食べられないという。

犬好きにとっては、こんなにもツラすぎる仕打ちはない・・・などという意見がソーシャルメディアを中心に話題となり、その後はテレビやニュースメディアの取材を受けるなどして、テレビや新聞、インターネットなどで広く取り上げられると、瞬く間に大人気となり、毎日注文が殺到しすぎて、生産が追いつかない程になっているそうだ。

海外からも、逆に微笑めない・・・などとして、広く話題を集めているようだ。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

スポンサーサイト

犬は人間以上に膀胱炎の発症リスクが高い

オープンアクセスで学術情報や科学文献を掲載しているPLoS(Public Library of Science)の研究レポートによると、犬が予防接種以外で動物病院を訪れる理由の多くは膀胱炎によるもので、また、犬の約14%は何らかの尿路感染症にかかるなど、犬のおしっこと病気との関係は密接で切り離せないとしている。

犬の尿中には、人間以上に多くの種類の細菌が存在しており、股下やお尻よりも多くの種類の細菌が存在しているという。

これは、どの犬種においても同じ事が言えるそうだ。

人間も、トイレを長時間我慢し続けてしまい、膀胱炎などの尿路感染症を発症する事はあるが、犬は散歩中にマーキングを兼ねて電柱などにおしっこをする事から、室内ではおしっこを長時間我慢し続けてしまう事がある。

そのため、犬は尿中で細菌が繁殖しやすくなり、膀胱炎を発症するリスクが高いのだという。

また、水を飲む量が少ない犬は、尿が濃くなりやすく、結石ができるリスクも高くなるそうだ。

犬の膀胱炎は、再発を繰り返すなど、慢性化してしまう事がよくあるが、単に細菌を体内から追い出すという事ではなく、排尿を我慢させないように、犬のトイレを常に清潔な状態に保ったり、いつも新鮮な飲み水を用意しておく事なども大切だとしている。

また、犬は膣や陰茎に付着したままの尿中で細菌が繁殖する事も多く、それが膀胱炎などの尿路感染症を引き起こす場合もある事から、尿の汚れをこまめに拭き取り、清潔に保つ事も必要と言える。

そして、尿の色やニオイ、排尿回数などに変化が見られた際にも、早いうちに病院で詳しい検査を受けるようにして、慢性化を辿らないように努める事も大切と言える。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬の食物アレルギーのメカニズムと対処方法について



犬の食物アレルギーとは

食物アレルギーとは、特定の食材を摂取した際に、その食材に含まれているタンパク質が消化吸収される過程で、体内の免疫細胞がそれを異種タンパク質(非自己のタンパク質)として認識してしまい、体内から排除しようとして強い免疫反応が生じるようになる病態です。

そのような激しい免疫反応が生じると、皮膚や消化管、呼吸器などに腫れや炎症などの病変が引き起こされるため、健康な組織にもダメージが生じるようになります。

タンパク質が消化吸収される過程では、体内の消化酵素によって徐々に分解が進み小さくなっていきますが、タンパク質分解酵素の量には個体差があり、酵素が少なく分解しにくい体質であったり、また、分解されにくい食材である場合には、アミノ酸レベルにまできちんと分解されず、アミノ酸分子がいくつも結合したタンパク質のままの状態で吸収される事があり、その結果、アレルギーが引き起こされる場合があります。

犬の食物アレルギーの原因

免疫細胞には、免疫寛容という働きがあり、全ての異種タンパク質に対して免疫反応が起こる訳ではありませんが、免疫寛容にも個体差があり、抗原とそれを受け入れる生体側での関係性において、正常な働きを失うと、アレルギーが起こりやすくなったり、自らの細胞をも排除しようと働いてしまう自己免疫疾患が引き起こされる場合があります。

このような体質(アレルギー体質)は、母犬が妊娠中に食べる食材や栄養素も、胎盤を通じて子犬に影響を与える事が知られており、幼少期に清潔すぎる環境で育ったために、免疫機能が脆弱であったり、成犬になってからの不衛生な生活環境の影響で、数多くのアレルゲンを取り込んでいるために、免疫機能が過敏に反応しやすくなったり、強く反応しやすくなると考えられています。

また、遺伝、加齢、ストレス、基礎疾患、ホルモンバランスや自律神経の乱れなども関与して起こると言われています。

犬の食物アレルギーの改善

アレルギーは、一度発症すると、免疫記憶という働きによって、再び体内に侵入してきた抗原に対しては、より素早く、そして強力に、その抗原を排除しようとする免疫反応が起こるため、その多くは生涯にわたって付き合っていく必要があります。

しかし、成長とともに体質が改善されていったり、アレルギー除去食を継続して摂取する事によって、脱感作(免疫過敏性の除去)が起こり、問題なく食べられるようになるケースもあります。

犬の食物アレルギーの症状

犬の皮膚病のうち、約30%はアレルギーが原因と言われていますが、犬が食物アレルギーを発症すると、皮膚に赤みや湿疹などの異常が現れる事がよく見られます。

また、犬が痒がって掻きむしっているうちに、脱毛が起こったり、傷やかさぶたが生じる場合もあります。

食物アレルギーによる皮膚炎は、目の周り、口元、耳などの頭部、脇や股下、お腹、指の間(肉球)など、様々な箇所に見られ、全身に広く及ぶ場合もあります。

アトピー性皮膚炎も、アレルギーの一種と言われており、食物アレルギーとの混合型のアトピー性皮膚炎も存在しており、食物アレルギーの影響で症状がひどくなったり、病態が誘発される場合もある事が知られています。

そして、細菌や真菌などの病原菌によって、これらの皮膚の腫れや痒みなどの症状がますますひどくなったり、なかなか治りにくくなる場合もあります。

アレルギー性皮膚炎は、皮膚病の中でも、特に痒みがひどく、昼夜にわたって辛い痒みが持続するため、夜中もぐっすりと眠れなくなり、元気が無くなったり、食欲が低下したり、イライラして怒りっぽくなる場合があります。

また、皮膚の病変の他にも、胃腸の炎症によって、排便の回数が多くなったり、下痢や嘔吐を頻繁に起こすようになる事もあります。

時には、全身性のアナフィラキシー・ショック(急性アナフィラキシー)を引き起こす場合もあり、血圧低下、呼吸困難、痙攣、意識障害、昏睡などから、命を落とす場合もあります。

このような病変は、食べた直後から見られる場合もあれば、2~3日後に見られる場合もあり、犬が喜んで食べている好物の食材であっても、それが食物アレルギーであるケースも見られます。

犬の食物アレルギーの治療

犬の食物アレルギーは、血液検査を行う事で、愛犬がどの食材に対してアレルギーを起こすのか、また、それがどれほど問題のレベルか、といった事を、数値として具体的に見る事ができます。

そして、問題のある食材が含まれないように、手作り食を与えるようにしたり、ドッグフードをアレルギー用の除去食に切り替えて、その後の経過を見る事で、改善が見られる場合があります。

手作り食を与える場合には、犬が食べてはいけない食材が一切含まれないように、十分注意する必要があります。

また、ドッグフードに含まれているタンパク質の大きさ(アミノ酸の結合)を加水分解によって予め小さくしている、アレルギー対策フードに切り替える事で、症状が治まる場合もあります。

このような食事療法は、1~2ヶ月の程は継続して様子を見る必要があり、家族全員の協力の下、人間の食べ物はもちろん、他のおやつなども一切あたえないように注意しながら、経過を見守る必要があります。

療養中の皮膚の痒みは、細菌や真菌などの病原菌、ノミやダニなどの寄生虫、花粉やハウスダストといった大気中のアレルゲンの影響で、さらにひどくなったり、噛み傷や掻き傷による皮膚傷害から、皮膚炎が悪化して治りにくくなる場合もありますので、衛生的な環境で、愛犬の皮膚や被毛を清潔に保つ事も大切になります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

今の仕事を辞めて、猫と一日中モフモフしてみませんか?という求人が話題

猫が大好きでたまらない、大の猫好き必見の求人情報が5月24日に公開され、インターネットを中心に話題になっている。

その求人情報は、アイルランドのダブリンにある猫専門の動物病院「Just Cats」が公開したもので、一日中、猫と一緒に遊んだり、猫の体を撫でたり、抱っこをするなどして、猫の面倒を見るというものだ。

年収は、20,000~25,000ユーロとの事で、日本円にすると約250~300万円になる。

現在、この動物病院では、多忙な獣医師の他に猫の面倒を見るスタッフがいないため、長時間、猫に優しく話しかけたり、猫の鳴き声や仕草などから猫の主張を理解するなどして、きちんと世話ができる人を必要としているそうだ。

それには、猫と一日中過ごす事を苦に思わず、猫を愛してやまない、異常なまでの猫好きの人が好ましいとしている。

仕事内容は、猫を長時間撫でる事、そして、猫の心を落ち着かせる事、としており、雇用条件は、猫と一日中過ごす事のできる心優しい人、そして、猫の鳴き声や仕草などから、猫が何を求めているかを判断できる人、猫にご飯を与える時や、猫が眠る前に、猫の数を正確に数えられる人、猫特有のツンデレに対応できる人、などが挙げられている。

猫好きにとっては、このような仕事内容や雇用条件は、全く問題にはならないと言えるかもしれない。

応募にあたっては、アイルランド獣医評議会の認定資格が必要であるため、アイルランド在住である必要があるようだ。

アイルランドをはじめとするヨーロッパ諸国では、世界で最も早くに動物保護法が確立されていった歴史があり、動物愛護精神も広く浸透しており、日本はそれに比べると100年遅れているとも言われているが、今後は日本でも、同じような求人案件や認定資格が発表される日が来るのかもしれない。



光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬の腸炎(下痢、嘔吐)の原因、症状、治療、予防について



犬の腸炎

犬の腸炎は、その原因や症状に応じて、急性腸炎または慢性腸炎と呼ばれる場合があります。

急性腸炎は一過性の病態で、慢性腸炎は腸の炎症が何度も繰り返される病態ですが、これらは、厳密には病気の診断名ではなく、腸に炎症が起こる症候群としての総称とされています。

そのため、症状には軽いものから重いものまで含まれ、原因や症状にも様々なケースが見られます。

また、胃腸炎は、胃と腸の両方に炎症が起こっている状態とされています。

犬の急性腸炎の原因

犬の急性腸炎は、激しい腹痛や下痢が起こる腸炎で、腐敗した食べ物や飲み水の摂取による細菌感染、散歩中に接触した糞や吐瀉物からのウイルスや寄生虫の感染、毒性のある植物や人間用の薬剤やサプリメントの摂取による中毒、お腹の冷えにより腸内の悪玉菌が活発化するといった事などから引き起こされます。

また、急性腸炎はおもちゃなどの異物の誤食、食物アレルギーが原因で起こる場合もあります。

犬の慢性腸炎の原因

犬の慢性腸炎は、急性腸炎のような激しい症状が現れる事は少ないですが、慢性的に腸粘膜の炎症が起こるもので、下痢や嘔吐が何度も繰り返し起こり、それによって体力が低下したり、栄養不足によって他の臓器にも負担がかかるようにもなる腸炎です。

自己免疫疾患による炎症性腸疾患(IBD)などの難治性の腸炎や、細菌性腸炎や寄生虫性腸炎などの急性腸炎がしっかりと完治しないまま、不規則に症状が現れている場合もあります。

また、慢性腸炎はストレスやアレルギー、腫瘍が原因で引き起こされる場合もあります。

犬の急性腸炎の症状

犬の急性腸炎は、ある時から急に嘔吐や下痢の症状が現れるようになります。

そして、症状が重い場合には、犬がよだれを垂らすようになったり、便に血が混じるようになる場合もあります。

夏場における脱水症状の進行や、細菌やウイルスの感染症がひどくなるなどして、重篤な状態に陥る場合もあります。

犬の慢性腸炎の症状

犬の慢性腸炎の症状は、急性腸炎に比べると比較的緩やかですが、長期に渡って下痢や軟便が続くようになります。

下痢と便秘を繰り返す場合もあります。

また、食べたものが消化不良のまま腸を通過する事が多いため、腸内で発酵や腐敗が起こりやすく、腸内にガスが溜まりやすくなったり、便臭が強くなる場合があります。

時には口臭が強くなる事もあります。

そして、栄養分も吸収しにくくなりますので、体重の減少、元気の消失なども見られるようになります。

下痢によって体内の水分が失われていきますので、水をよく飲むようになり、それにともない尿量も多くなっていきます。

何度も下痢が繰り返され、炎症がひどくなっていたり、潰瘍ができている場合には、便とともに粘液や粘膜が混ざって出てきたり、便に血液が混ざっているのを確認できる場合もあります。

犬の食中毒について

梅雨から9月頃の高温多湿な夏場において急増する食中毒の中でも、特に代表的な原因とされている細菌に、黄色ブドウ球菌があります。

黄色ブドウ球菌は、人や犬の皮膚や粘膜にもともと存在している常在細菌で、過剰に増殖しなければ、特に異常が生じる心配はありません。

しかし、過剰に増えすぎると皮膚炎の原因になったり、嘔吐や下痢などの食中毒の原因になる事が知られています。

黄色ブドウ球菌は、人や犬の体温ほどの温かさを最も快適として、活発に繁殖しながら増殖していきます。

そして、エンテロトキシン(またはデルタトキシン)と呼ばれる毒素を大量に作り出していきます。

このエンテロトキシンと呼ばれる毒素は、少ない菌が作り出しただけの少量であれば、毒性は弱いとされていますが、大量に作り出されると、皮膚や粘膜に炎症を引き起こすようになります。

エンテロトキシンの毒素によって引き起こされた病変は、細菌そのものが原因ではなく、細菌が作り出した毒素が原因ですので、抗生物質などの薬剤で治療を行う事ができないという点が、とてもやっかいだと言われています。

また、エンテロトキシンは熱に大変強く、100℃の熱湯で30分以上煮沸しても、細菌は死滅させる事ができますが、エンテロトキシンの毒素は残ってしまう上、酸にも非常に強く、犬が持つ強力な胃酸や消化酵素にも分解されないため、一度食中毒を発症すると、栄養補給や水分補給を目的とした点滴治療が中心となり、安静に保ちながら体力や免疫力の回復を待つ事になりますので、子犬や老犬には特に注意が必要と言えます。

このような、熱にも酸にも強い細菌毒による食中毒を防ぐには、ドッグフードをはじめとする犬のご飯やおやつはしっかりと低温保存または真空保存を行い、常に飲み水は新鮮なものを与える事が重要になります。

そして、飼い主もしっかりと手洗いを行った上で犬のご飯に触れるようにして、食器やボウルも毎日しっかり殺菌、洗浄する必要があります。

ドライフードは水分量が少ないですが、空気に触れると空気中の細菌やカビの胞子、ホコリや花粉などの粒子が付き、ドッグフードそのものも酸化していきます。

そのため、夏場に常温放置したまま食べ残してしまったドッグフードは、早くに処分してしまう必要があります。

犬の腸炎の治療、予防

犬の腸炎の治療は、最初に血液検査やX線検査、便検査や内視鏡検査などから原因を特定し、その原因に応じた処置が行われます。

細菌感染が原因の場合には、病態に応じて抗生物質や下痢止めなどの薬剤が投与されます。

下痢が続いており、脱水になっている場合には、水分補給や栄養補給を目的に点滴治療も行われます。

異物の誤食の場合には、外科手術による開腹が必要になり、異物を取り除く場合もあります。

成犬の場合には、1日だけ絶食をさせて様子を見る事で、自然に下痢や嘔吐が治まる場合もありますが、子犬や老犬はすぐに重篤な状態に陥る場合がありますので、早いうちに動物病院で詳しい検査を受ける必要があると言われています。

このような犬の胃腸の病気の予防には、普段から拾い食いはさせないように注意して、人間の食べ物を与えないように努める事が大切です。

また、腸内環境を整えるために、普段から納豆や無糖ヨーグルトなどの発酵食品を少量与えたり、サツマイモやキャベツなどの食物繊維を少量与える事も、整腸作用が高まり、胃腸を強くする事につながります。

光の力で驚きの効果を生み出す光触媒テクノロジー、安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。